Wikipediaが1人の管理者がすごく言語で編集されてしまう – GIGAZINE


したノーズ

Wikipediaの管理者1人であるAmaryllisGardener(アマリリスの庭師)という人物は、「スコットランド語ができない」にもかかわらず、スコットランドWikipediaで2万3000件以上の記事をたった1人で執筆投稿20万件以上の文書を編集しました。 AmaryllisGardener氏が関連ほぼすべての記事がスコットランドと英語が混じった粗悪な文章であることを明らかにし、大きな問題となっています。

とんでもない英語でアメリカ人が書いたスコットランドウィキペディアのほとんど
https://www.vice.com/en_us/article/wxqy8x/most-of-scottish-wikipedia-written-by-american-in-mangled-english

衝撃をあげる:米国の十代は、スコットランド人の巨大な作品を書いたWikipedia | 英国ニュース| プロテクター
https://www.theguardian.com/uk-news/2020/aug/26/shock-an-aw-us-teenager-wrote-huge-slice-of-scots-wikipedia

米国に居住する米国人であるAmaryllisGardener氏は、2013年頃から、スコットランドのWikipediaを編集し始めました。 AmaryllisGardener氏は、約6年の間に多くの記事を1人で修正したが、ほとんどの記事がスコットランドの公用語であるスコットランド語、かけ離れて文章で書かれていました。

スコットランド人Ultach氏はAmaryllisGardener氏によってスコットランド版Wikipediaがおかしくなってしまった状況を発見した人でした。 UltachさんがRedditに公開した調査の結果、によると、AmaryllisGardener氏は、2018年の時点で、スコットランド版Wikipediaの3分の1以上の記事を編集していたこと。 Ultach氏は「問題はAmaryllisGardener氏がスコットランド語ができないことです。最善を尽くしていると考えますが、かなりの文法の間違いがあります。つまり、AmaryllisGardener氏はスコットランドの何の知識もないみたい」とコメントしています。


2016年の時点でAmaryllisGardener氏はWikipediaの会話ページスコットランド人のユーザー文法について多くの指摘を受けて、「明らかに自分が使用していない言語を、私たちの母国語のように見える文章を書いている言語に対する侮辱ともとれます。」 「基本的なスコットランド人で話してくれれば、AmaryllisGardenerさんが書いた文章は、実際のスコットランドで似ていません.AmaryllisGardenerさんが使用している英語、スコットランド語に合わせてスペルを少し変えているだけです。これを本物のスコットランド語と見ることはできスコットランド人に失礼なと思います」と非難しました。

Ultach氏は「AmaryllisGardener氏が書く文章は標準的な英語と若干の違いがなく、スコットランド語の文法に適っていません。おそらくAmaryllisGardener氏は、まず記事を英語でエクスポートし辞書を使用して、個々の単語を調査英単語をスコットランドに置き換えられます。そのスコットランド語見つからなかった場合は、単語の状態にあったようです」とAmaryllisGardener氏の記事がなぜスコットランドと英語が混じった不思議な文章になったかを分析しています。

多くの非難についてAmaryllisGardener氏はメタWikiページで「率直に言って、他の管理者が自分の編集をすべて元に戻し、私の記事を削除して、永遠にWikipediaから私追放しても構わないと思います。私は良い仕事をするつもりだったが、私の記事が多くの人々を怒らきたのは既に知っています。私は記事を書き始めたときはまだ12歳の子供で若いうちから何かを起動すると、年を重ねるごとに自分が積み重ねてきたことは有用でないと注意されることもあるでしょう。私は、自分自身を擁護するつもりはありません。ただ、自分自身や関係者のSNSに嫌がらせを乾燥したかっただけです」とコメントした。


AmaryllisGardener氏が提起した問題は、「Wikipediaの問題のいずれかを浮き彫りにしている」とVICEのエドワード・オングウェソ氏は主張しています。 オングウェソ氏は「英語・スペイン・ドイツなどの主要な言語のWikipediaには、多くの編集者たちが集まっているが、言語に応じて、数人の編集者しかいない小規模のWikipediaもありますので、数人の手によってWikipediaに大きな影響を与えることになるすることができます」と言いました。

また、Redditでは「AmaryllisGardener氏の被害は予想より深刻かもしれない」とも指摘されています。 「AmaryllisGardener氏の行為は、文化の破壊行為であり、多くの人が “スコットランド語、自分の言語ではなく、恐ろしいほど悪化の英語表現である」という誤解を与える恐れがある」とし「AmaryllisGardener氏は史上誰よりもスコットランド語に大きなダメージを与えた可能性がある」とのコメントも掲載されており、Wikipediaで、スコットランド語の印象が歪曲されてしまう可能性が懸念されています。

スコットランド版Wikipediaの管理者は、「AmaryllisGardener氏が関連記事を完全に削除する」または「スコットランド版Wikipedia全体を2012年の時点で復帰」までの判断を患っており、ユーザーはすぐに修正要求されています。

この記事のタイトルとURLをコピー

・関連記事
世界で2番目に記事数が多い “ロボットが作った「Wikipediaがある – GIGAZINE

Wikipediaに一人で270万個の記事を投稿した男の正体は? – GIGAZINE

「Wikipediaからの誹謗 “に積極的に対応できる政策改正Wikipedia運営団体が発表 – GIGAZINE

記者派遣団体が「Wikipediaの編集作業に人材と資金を投資した」理由は? – GIGAZINE

裁判所 “Wikipediaの記事が名誉毀損である」との記事の内容に加えて、編集履歴まで除去する – GIGAZINE

READ  プラがおしゃれになった。 スマートフォンを活用するTEPRAPRO「MARK」という表現の幅が広すぎる - GIZMODO JAPAN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です