WEB特集「異例の夏 “ビッグデータで見られた深刻な実態| 新型コロナウイルス

新型コロナウイルス感染拡大、周りの人がピクニックを控えた人も多いと思います。 私たちは、実際にどの程度減少したことを知りたいビッグデータから探索しました。 お盆を含む期間に人の移動を表すデータを見ると、単に「減った」という言葉だけでは表現できない深刻な現実が見え始めました。
一方、詳細分析すると、今後のヒントも示しました。
(社会部記者斉藤恵二郎/ネットワーク報道部ディレクター森田まさ・篠原旅館)

ビッグデータ分析は、

元どのようにすれば、人の移動の変化を調査することができるか。
その分析を行うことができる携帯電話のビッグデータです。

携帯電話は、基地局ごとにいくつかの知っている所有者の居住地情報とかけあわせると、どこから来た人がどれだけいるかどうかを推定することができるからです。
今回NTTドコモの全国8000万台の携帯電話のデータを使用して分析した。 (※個人情報は保護されている)

今年の秋夕の減少の深刻な実態

分析の対象は、人の移動が多く、8月お盆を含む期間(8月8日〜16日)です。
都道府県ごとに二日の中にある人の時間平均人員を昨年同時期(8月10日〜18日)より推定しました。

その結果、今年の都市を横切って移動した人の数は、すべての都道府県で減少し、全国平均で、昨年の同じ期間の61%に落ち込んでいた。

都道府県ごとに異なる都道府県から入ってきた人の数を報告する最も減少は秋田県では昨年33%だった。
続いて新潟県37%、青森県39%、沖縄県が40%などで、全国の17の県で半分以下に減少した。
大都市から遠く離れたところが多く、交通や観光に従事する人が多い地方には1年の中でも稼ぎ時だけ非常に厳格なデータだと思います。
一方、大都市とその周辺は、減少幅が比較的小さいものでした。
奈良県で昨年85%、埼玉県79%、神奈川県77%、和歌山県76%などとなっていました。
(※前都道府県の割合は、記事の最後に含まれています)

よく見ると、増えたところも

事実ビッグデータは都道府県単位だけでなく、500メートル四方ごとにも見ることができます。

私たちは、人々が集まる観光地単位で同じように分析してみることにしました。 ビッグデータに日本観光振興協会観光地の位置データを重ねて人員が少ないところは、対象から除外して分析した。 (※1)
レジャー施設や海水浴場、美術館や博物館、公園など全国約6000カ所の観光地を詳細に分析すると、意外な結果が表示しました。 「増えた観光地 “が1238所もありました。 (※2)

意外! 増加理由は

一体何が起こって取材しました。
昨年の約4倍に増加したという分析結果が出たのは、栃木県の奥日光中禅寺湖周辺です。

華厳の滝と紅葉の名所として知られています。
内訳を見ると、まず、他の地域の人々は、昨年の3.5倍に増加した。 県人は4.3倍に増加しました。
地域の旅館に取材すると、実際に県のお客様が増加しており、お客様が昨年の3倍となっているところもありました。
栃木県観光交流課の担当者は、県の取り組みに一定の効果があったと説明しました。

栃木県観光交流課観光広報班小池ゆき班長
「栃木県では、観光サポートと、6月から県民を対象に、最大5000円宿泊費の補助を行っています。今後の予約まで含めると85%の県民が補助を利用していますので、それが県の観光需要を喚起したこと見えます。 “

また、栃木県では、今月からは、他の地域の人も対象に不特定多数の人と密接難しい移動手段としてレンタカー料金の補助も始めました。
担当者は、「利用者や観光施設には、感染対策の徹底を呼びかけることが前提であるが、選手の選手を打って観光地の経済を守ることも重要だ」としました。

観光と感染防止を両立させる研究は、

他の都道府県からの観光客が増加したものと見られる観光地もあります。

京都府宮逗子にある日本三景の一つである天橋立付近です。
昨年より1.3倍増加したと推定した。
データを見ると、京都府内の1.3倍に増加した一方、他の都道府県で1.5倍の増加と大幅に増加しています。
一体何が起こっているのか、宮逗子に取材すると、地域の特徴と感染防止対策を両立させた観光振興策がありました。

一つは、近くの自治体が海水浴場を閉鎖する中で、宮逗子は砂浜が長いので密難しいし海水浴場を開いています。
安心して利用できるようにするため、感染防止を訴え監視員も増員しました。

もう一つは、都市や地域の旅館が休日と祝日に実施花火イベントです。 観光客が密になることを避けるために、発射場所は、事前に通知せずに時間を5分にすることにしました。
各地の花火が中止されている中で、この炎は、他の都市で人を集めているということです。

苦境に立って観光地は

しかし、全体的に減少しており、多くの苦境に立たされています。

その一つ、今年のすべての海水浴場の開設を見送った神奈川県。
江ノ島のすぐそばにある藤沢市の片瀬海岸周辺の主要な国道や水族館などが含まれているため、海岸だけでありませんが、昨年より14%減少したと推定された。
地域の海水浴場を管理する組合によると、砂浜投票率は例年の3分の1程度に大幅に減少しました。

更新続けレジャー施設

首都圏の利用者が多くの大規模レジャー施設には、より困難な状況が続いています。

福島県いわき市の「スパリゾートハワイアンズ」は、昨年に比べて73%減少したと推定され、内訳は県内で43%減少したのに対し、県外では84%減少した。
感染防止対策を徹底していることなどをPRしていますが、今後どのように利用客の回復を図るか、毎日、社内で検討を進めているということです。

人の移動の減少傾向は続くカスタム対策を

観光業界の分析と振興策に精通東京女子大学の矢せ崎典子教授は、最近のトレンドは、近くに旅行、特に屋外などの感染症のリスクが低い場所に集中し、分析した後、次のように指摘しました。

東京女子大学矢せ崎典子教授
「このような傾向は今後も続くものと思われる。」Go To旅」の開始から1ヶ月となりますが、国家の全面的な振興策だけでなく、隣県を含め周りの人を誘致するためには、観光地に実情に合ったオーダーメイドの対策が必要になります。 旅行者が重視している感染対策を付加価値として、しっかりと発売も重要だと考えています」

また、矢せ崎氏は、こう指摘します。

東京女子大学矢せ崎典子教授
「Go To東京が除外されたのは、全国の観光地では、非常に影響が大きく、この傾向が続く中では、感染状況と対策を見極めながらキャンペーンの対象に東京を含むことも検討する必要がある」

新型コロナウイルス感染拡大の影響で観光や旅行、帰省を控える人が増えてから半年近くになります。
先の見通しないうち雇用と地域経済は非常に厳しい状況が続くとみられます。 観光と感染対策をどのように推進していくのか、データ分析と取材を通じて、今後もそのヒントを見つけていきたいです。

※1
誤差の影響を受けないように、推計人数が少ない(1000人未満)観光地と住宅地などの影響が大きいと思われる観光地のぞいた。
※2
専門家のアドバイスのもと推定に誤差が生じることを考慮して、「10%以上と推定人数が増えたところ」を「増えた観光地」とはまた、 “10%以上減少したところ」を「減った観光地」とした。

社会省記者
斉藤恵二郎

ネットワーク報道部ディレクター
森田マーサ

ネットワーク報道部ディレクター
篠原旅館

READ  男 "ゲームで出会った「小さな4女の子誘拐保護の瞬間がカメラに...親が使用していないスマートフォンが接点または - FNNプライムオンライン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です