TIMEX 80年代風のデジタルアナログ時計が「超生かす」、価格はApple Watch 3とほぼ同じです|ギズモ・ジャパン

30年後、プレミア感出てくるどちらだろうか。

Apple Watchシリーズ6か、それともコスパ重視 Apple Watch SEか、それとも6とSEが出て安くなったApple Watchシリーズ3か…悩んでいる皆さん。このとき、思い切って「時計は時間をアルプン」だった時代に再生することができTimexレトロシリーズで専業してみてはどうだろうか?

Timexといえば、70年代と80年代アナログ時計を復刻Qシリーズを販売したところ、当時愛用していた大人はもちろん、若い人にも「これはかっこいい」と受け止められて売り切れ続出の人気商品れました。

そして今回発売された待望の新作 “Q Timex再発行デジタルLCA「また、80年代に一世を風靡したデジタルアナログ時計をもとにしたデザインされています。 ちなみに、LCAはLiquid Crystal Analog(液晶アナログ)の略。

帰ってきた80年代

80年代といえば、クォーツ時計を製造していた企業が、針と文字盤はシンプルなアナログ時計と複雑な多機能画面を備えたデジタル時計とのギャップを埋めよう模索していた時代。 会社で苦肉の策もいえるアナログとデジタルが合体したデザインが多く発表されていました。

だからといって、すべてのアナログ愛好家が「これならデジタルも良い」とあっさり納得してくれたわけではないが、少なくともデジタル時計「専門家」の味を漂わせることには成功したと思います。

Q Timex再発行デジタルLCAのケースとバンドは、当時と同じステンレス鋼しかし、ゴールドとシルバーの2色展開に。 ああ、金といっても本物の金は使用しないではない、念のため。

スペックは従来と同じ左にアナログ時計がデザインされ、右の近くには、モードと日付、下部にデジタルで時間が表示されています。 機能ストップウォッチ、カウントダウンタイマー、アラーム、水深30mの防水。 以上。 件簡単です。

バックライトつかない? 考えた方はかなり鋭いです。 実際には、Timexが元のTimex Digital LCAを発売した当時電界発光技術を使用したIndigloバックライト技術は、まだ生まれていない。 今回の復刻版を製作するにあたり、Timexは「オリジナルに忠実」を重視しているので、バックライトなどは当然搭載されておらず、暗い場所での時間を知って、画面の横にある小さな電球を点灯必要があります。

これに対して時計メディアHodinkeeは「光が右に設置されているせいでようやく時間は確認できますが、左につけてくれれば見るやすかった…」と評価しています。

レトロな魅力が詰まった製品の日本での発売時期は未定だが、価格は149ドル(約1万5,730円)。 そうなると、ある、店によってはApple Watch Series 3歳しまうかも。

同じ価格なら復刻版デジタルアナログ時計と前世代のスマートウォッチ、あなたならどちらを買いますか?

READ  手のひらで支払うことができる非接触装置」Amazon One」|ギズモード・ジャパン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です