Steamで発売から1年、「過小状態」であった「Among Us」が突然人気大爆発。同接16万人の開発者は、頭を抱えて| AUTOMATON

画像クレジット:SteamCharts

Steamで2018年11月にリリースされた “Among Us」の人気が爆発している。同時ユーザー数のピークは16万人に達する9月8日11時時点のプレイヤーは、「Fall Guys:Ultimate Knockout”を上回り3位を占めた。 配信直後には全く注目されず、プレイヤーの数な桁という時期も長かった動作。 今になって、2020年の最も成功したゲームの一つとなっている。 その場合には、やはり「実況輝き」があったようだ。

「Among Us」は、PC(Steam)/ iOS / Android向けに配信中のマルチプレイヤーゲームゲームジャンルといえば、ざっくりといえば狼ゲームである。4人〜10人までのマルチプレイタイトルがあり、プレイヤーは船員(The Crew)と詐欺師(The Impostor)に分けられる。船員は船内の脱出を目指し詐欺師は、船員を装いながら、他の船員の殺害を進めていく。

船はそれなりに広く、キャラクターは自由に行動することができます。 船内には、さまざまなミニゲームが存在し、各船員が、各ミニゲームをこなしていくことで、脱出ゲージが上昇。 ゲージが最大までたまると素敵な脱出になる。 同時に詐欺師による狩猟が行われ、体の発見報告が上がれば議論開始します。 チャットで相談しながら投票によって詐欺師を決定追放。 結局、船員の数が詐欺師の数まで減ると詐欺師側の勝利となる。 船員は単独行動を避けたり、管理者のマップとカメラを見ながら他の船員の行動を監視しながらミニゲームをこなす。 詐欺師は、無害な船員ふりをしながら密室を作って殺戮を試みる。 役割の数とゲージの程度も調整可能。 シンプルながらも深い交渉が行われることになる。

素材こそ楽しいが、「Among Us」は、配信10ヶ月の間にのプレイヤー数は1桁より(SteamDB)。 少なくとも4人以上がなければ、ゲームが成立していないことを考えると、大きな失敗ともいえるゲームだった。 風が少し変わったのは2019年7月以来。 ここで同時ユーザー数が3桁に上がって以来、100〜500人が遊びなど、少しずつ人気を得て行った。 このまま知る人ぞ知るタイトルなるかと思いましたが、ウイルス性化は突然やってくる。 2020年8月からの同時ユーザー数が1万台に乗ってムンダプガ9月に入ってその勢いは大爆発。 9月に入ってからは、多くの場合、同時ユーザー数が10万人を超え、9月7日には一時16万人のユーザーが遊ぶメガヒットタイトルがされたものである。

爆発のきっかけには、やはり流れる間にトレンドになったことが挙げられる。 「Among Us」の数は、Twitchの人気と比例している。 “きっかけ”が配信不明だが、AnitaさんとxQcOW氏など数百万の信者を抱えるディストリビュータが解説するのは、これらの人気の多くの関連しているのだ。YouTubeで100万回以上の再生数を誇る「Among Us」の動画がたくさん確認することができる。 影響力同士の音声チャット、ゲームを通じて新しい相乗効果を生むなど、完全にトレンドとなっている。

人気の理由は、狼人間型ゲームなので、分かりやすくドラマを生みやすい点。 ルールもビジュアルもシンプルなので、何が起こっているか分かりやすい点。 Steam版の価格が500円で購入しやすい点。 モバイルに渡され、PC版とのクロスプレイすることができますので、幅広く楽しむことができる点などが挙げられるだろう。 しかし、今、分析する後付けに過ぎないかもしれない。

開発者は、このような状況を喜んでいるが、必ずしも楽しい話だらけではないようだ。 開発者Innersloth共同創設者Forest Willard氏は、プレイヤーがあまりにもサーバーに問題があることを明らかにしている。 インフラストラクチャは、かなりギリギリの状態であるようだ。 試合数が多すぎるためルームの作成と参加にエラーが発生しているという。 すでに多くのサーバーを運営しているが、この作品のマルチプレイはMatchmakersとCloud Managerが二輪のように動いている関係で、簡単なサーバーの増加とMatchmakersの増加でカバーすることはできないものとする。

そのようなバックエンドに問題があるためインフラの再構築も含ま続編である「Among Us 2」を作成しようとしているという。一度部屋にコードを変更Matchmakersとデータベースの負荷を下げるなどしようとすることを計画している。しかし、これは、プログラマがWillard氏だけので、サーバーのメンテナンスが十分にできなくなってしまう。彼は過去1週間、1日12時間以上働いて置くように、もう休憩が必要だと流出。これからもっと忙しくなりそうな状態なのに休まは難しいと言って、今回の週末に起こる問題は、次の週末に処理すれば閉めた。

ゲームこそ安い “Among Us」は、7つ以上の化粧品DLCが配信されている。本編のほか、「Mini Crewmate Bundle」は、Steam全世界の売上高の上位にランクインするなど、しっかりとお金にも入ってきているのだ。 ただし、サーバーの問題が頻発すると、「16万人」の選手たちが不満をため、Steamのレビューもすぐ真っ赤に染まっていく。 そうなれば、実質的な面にくい。 突然の成功は、開発者に負担をジュゴドている。

国内でも徐々に人気の兆しは生まれており、人気の配給者ポッキーさんが生配信 “Among Us」を遊びなど、日本でも人気のタイトルになるためには、そのように長くはかからないだろう。泥沼の開始から意外なピークを迎えている」私たちの中に「サーバーは正常に実行継続ゲーム勢いを維持しているのだろうか。


READ  スマートフォン版「ドラゴンクエストモンスターズ2」最強クラスの新しいモンスター情報が公開。 特殊4章配合でマジェス・ドレス何を仲間にしよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です