Razer、ゲーマーのための10キーレスキーボード」BlackWidow V3 TKL」を国内発売。「Huntsman Mini」の新モデルも

2020年8月25日、Razerは、ゲーマーのための10キーレスキーボード」Razer BlackWidow V3 Tenkeyless「(以下BlackWidow V3 TKL)と “Razer Huntsman Mini-リニア光スイッチ“(以下、Huntsman Mini)を8月31日、国内発売すると発表した。価格は順に1万1800円(税込1万2980円)1万5436円(税込1万6980円)ある。

Razer BlackWidow V3 TKL(英配列モデル)

BlackWidow V3 TKLはRazer製キーボード「BlackWidow」シリーズの10キーレスバージョンで、英語配列モデル「Early Edition」と日本語配列モデル「Classic Edition」をラインナップする。すべてRazer自分のメカニカルキースイッチ “Razer Green Mechanical Switch 」を採用することが特徴である。また、BlackWidow V3 TKL以降日本語配列モデルでは、いくつかのキーのサイズを変更したとして、[Space]キーを長くするなどの調整を行っているという。

ハンツマンミニ
画像(002)Razer、ゲーマーのための10キーレスキーボード

一Huntsman MiniはRazer独自の光学キースイッチを採用した小型の英語配列キーボードである。 2020年7月に国内発売した「Razer Huntsman Mini-Clicky光スイッチ「で、キースイッチをLinear Optical Switchに変更したこと以外違いはない。また、日本語配列モデルを発売する計画予定だという。

そのほかRazerは、Razer製マウス本体に貼り付けて使用滑り止めテープ “Razerのマウスグリップテープ」も8月31日に発売する。 価格1345円(税込1480円)となる。

####以下リリースより####

Razerゲーミングキーボード
「Razer BlackWidow V3 Tenkeyless」
「Razer Huntsman Mini-線形光スイッチ」と
マウスの滑り止めテープ “Razer Mouse Grip Tape」を
8月31日(月)日本国内発売

ゲーマーのためのライフスタイルの世界リーディングブランドRazer(本社:米国カリフォルニア州、シンガポール、共同創業者兼CEO:Min-Liang Tan)は、当社の人気キーボードBlackWidowシリーズの数レスタイプの小型キーボード、Razer BlackWiダウ V3 10キーless(税別希望小売価格11,800円、読む:ブラックウィドウ部イスリ数レス次 “Black未亡人 V3 TKL “)のEarly 知っているtion、Classic Editionを2020年8月31日(月)から販売します。

また、Razerの人気キーボードHuntsmanシリーズの小型キーボード、まあ 狩猟Mini(税別希望小売価格15,436円、読む:ハンツマンミニ以下「Huntsman Mini」)のHuntsman Mini – Linear Optical Switch(Red)(英語配列)を2020年8月31日(月)に販売します。

また、ユーザー待望のマウスグリップRazer Mouse Grip Tape(税別希望小売価格1,345円、読む:マウスグリップ次 “Mouse Grip Tape “)5種を8月31日(月)に発売します。

BlackWidow V3 TKL、Huntsman MiniとMouse Grip TapeはRazer社の国内正規流通業者MSY工事を通じて、全国の家電量販店、PCストア、オンラインショッピングなどで販売いたします。

■BlackWidow V3 TKLについて

Razer BlackWidow V3 Tenkeyless
画像(001)Razer、ゲーマーのための10キーレスキーボード

Razerは、日本のユーザーを重要なパートナーであると認識しており、日本のユーザーフレンドリー日本語配列のキーボードを提供することができるように努力をしています。 日本のコミュニティの意見や意見に耳を傾け、省スペースで迫力あるゲームプレイを体験できるように、最近人気のあるコンパクトなサイズのキーボードに注目して2019年8月に発売したHuntsman Tournament Edition、2020年7月から順次発売しているRazer初の小型キーボードHuntsman Miniに続き、今回のBlackWidow V3 TKLを発売します。

BlackWidow V3 TKLはRazerの象徴的なBlackWidowシリーズの最新モデルで、テンキーのないコンパクトなフォームになっています。 Early EditionとClassic Edition 2種を発売します。

Early Editionは、テクスチャ処理されたABSキーキャップを採用した、英語配列モデルです。 Classic Editionは、既存のBlackWidowシリーズのようなABSキーキャップを採用した日本語配列モデルです。

BlackWidow V3 TKLはゲーマーのための自社開発したRazerグリーン機械的スイッチが採用されています。

[그린 기계적 스위치]
クリック感とタクタイル感に優れた高精度の作業。 下に圧力50g、アクチュエータポイント1.9mm操作キータッチでスライドさせて感独特のクリック音が特徴です。

また、Razer Synapse3ソフトウェアキーボードのカスタマイズ設定をすることができます。 キーボードを別の色に点灯させることができるバックライト機能Razer Chroma技術を搭載し、ユーザー性に優れ、他のデバイスとの発光パターンの同期も可能です。 ユーザーは1,680万色、様々な発光パターンをお好みで選択できます。

また、日本社会の意見を反映してBlackWidow TKLで日本語配列のキーのサイズが一新されます。 新しい配列はスペースキーが延長されるなどの調整をしていますが、キーの数に変化はありません。

BlackWidow V3 TKLの詳細については、(リンク)を参照してください。
https://www2.razer.com/jp-jp/gaming-keyboards-keypads/razer-blackwidow-v3-tenkeyless

■Huntsman Miniについて

ハンツマンミニ
画像(002)Razer、ゲーマーのための10キーレスキーボード

発売中の「Huntsman Mini – Clicky Optical Switch」に加え、軽量で高速な入力が優れた線形光スイッチを採用した「Huntsman Mini – Linear Optical Switch」が発売されます。 色は「Black」と「Mercury White」の2種、キー配列は英語の配列です。 日本語配列モデルについては、今後発売を予定しています。

遮音性能を改良した線形光スイッチが搭載されたHuntsman Miniは高速で軽くて柔らかいアクチュエータを提供します。

[선형 광 스위치]
軽くすぐに反応する。 下に圧力48g、作動距離1.2mm(他社のリニア機械式スイッチより16.67%短い距離)で動作するリニアスイッチです。

[쿠 리키 광 스위치]
軽さとクリック感が特徴であり、下に圧力45g、作動距離1.5mm(他社のクリック感のある機械式スイッチより30%短い距離)で、光によって動作します。

Huntsman Miniの詳細については、https://www2.razer.com/jp-jp/gaming-keyboards-keypads/razer-huntsman-miniを参照してください。

■スペック表

画像(003)Razer、ゲーマーのための10キーレスキーボード

■Razer Mouse Grip Tapeについて

Mouse Grip Tapeは、マウスのグリップ力を強化する滑り止めテープです。
Razerの代表的なマウスのあるRazer Viper / Viper Ultimate、Razer Basilisk Ultimate / Basilisk V2 / Basilisk X HyperSpeed、Razer DeathAdder V2、Razer Viper Mini、Razer Death Adder V2 Miniに対応しており、ユーザーの好みに操作性をさらに強化するためにマウスの上部と側面に付けることができます。

Mouse Grip Tapeはかぶせて保持するありハンドルノブなど、どんな持ち方でも、テープのグリップ力と汗を吸収する表面を介して汗を流した場合にも、手が滑るありません。

また、各マウスに合わせてカットされ、貼るだけですぐに使用することができます。

Razer Mouse Grip Tapeの詳細については、https://www2.razer.com/jp-jp/gaming-accessories/razer-mouse-grip-tapeを参照してください。

READ  モトローラ、縦の折り5Gスマートフォン「motorola razr 5G」 - 携帯電話Watch

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です