PS5・Xboxで加熱ゲーム機販売競争とそれぞれのプラットフォーム戦略[西田宗 치카의 이마토미라이]-Impress Watch

プレイステーション5

9月18日からPlayStation 5(PS5)の予約が開始された。 ほとんどの店舗が「抽選」であり、まだ人気が集中混雑が続いている(筆者も、この文を書いている段階では、抽選登録が終わっていない)。

「プレイステーション5」11月12日発売、39,980円

ゲーム機の予約は継続される。 マイクロソフトの「Xbox Series S」「Xbox Series X」も9月25日から予約が始まる。

Xbox Series S(左)とXbox Series X(右)

「Xbox Series X」49,980円。日本で11月10日発売

今年は「次世代ゲーム機引き続き “であり、発売日も見え盛り上がり感がある。

一方、ソニーとMSはゲーム機のプラットフォームを作るの方向性が違う。 すべての “低価格モデル」を用意した次世代の特徴であるが、その意味づけ位置づけが異なるものである。

今回はそのあたりを分析してみよう。

PS5とXbox、似て非なる「私のバージョン」戦略

すでに述べたように、PS5と次世代Xboxは共通の特徴がある。 それは「私のモデルがある」ということだ。

PS5は「PlayStation 5 Digital Edition」(以下、PS5 DE)があり、Xboxは「Xbox Series S」がある。 すべての光学ドライブを搭載していないネットワーク専用ゲーム機されている。

PlayStation 5デジタル版

しかし、両者は一致する。

PS5 DEそんなに光学ドライブを取り外しただけで、機能・性能はPS5で完全に共通で下位機種という役割ではない。 目的は、高性能化したPS5コストを下げ、「399ドル」(39,980円)を実現するためのプラットフォームとしての一貫性を重視している。 この点は、筆者がSIEジムライアンCEOが行ったインタビューでも強調されている。

SIEジムライアンCEOに聞く “PS5発売までの軌跡」

、Microsoftは「Xbox Series X」と「Xbox Series S」(以下、それぞれXSX、XSS)を「同じ構造ですが、パフォーマンスが他の機器」としています。

XSXはPS5と同等の高性能ゲーム機を目標にしているが、XSSはXSXに基づいて性能を落とし、低価格で作ることができるモデルとなっている。 簡単に言えば、XSXは4Kを主軸にした製品だが、XSSは2,560×1,440ドット(1440p)までのGPU性能とメモリの構成に大きな違いがある。

XSXとXSSのスペック比較で一部抜粋。 4K以上の家庭XSXと1440pまでのXSSは、処理性能が大きく異なる

そのためか、価格はPS5 DEよりXSSの方が価格が安い。 電子が39,980円、後者は32,980円(すべて税別)との価格差は意外に大きい。 発熱が小さくなるためか、XSSの方がサイズも小さい。

一方、前述したように、パフォーマンスは大きく異なり、XSSは4Kで利用することができない。 ここまでの性能が異なるソフトウェアを開発するためにも配慮が必要である。

Xbox Series S(左)とXbox Series X(右)

PCを含むサービスの連携を中心に置くマイクロソフト

PS5が “などの機能に一貫性を維持すること」を重視しているが、XboxがXSXとXSSという2つの形式のプラットフォームを区別すること、両者の方向性の違いを示す典型的な部分とすることができる。

Microsoftは、現在のゲームのシーンで「PC」市場が無視できないことを意識した戦略とすることができる。

Microsoftは、WindowsとXbox用ゲームの開発の基礎として「Direct X」を持っている。 DirectXをベースにして、過去のXboxシリーズの転換とPCとの互換性を維持しやすいという特徴がある。 多くのゲームは、PC上で開発され、そこからゲーム機で対象を移す。 PC版ではゲーム機まで、さまざまなハードウェアをサポートするグラフィックス表示などの切り替え促進することが基本である。

そしてサービスの面でも「Xbox」ブランドでPCとゲーム機の連携を重視している。 有料会員制サービス「Xbox Live」の中にもPCと連動した「Xbox Game Pass Ultimate」が用意されている。月額1,100円で少し高いですが、Xbox Liveの有料版「Gold」に加え、PCとXboxの両方で100以上のゲームこの遊び放題になる。

Xbox Game Pass Ultimate良い。 月額1,100円で、Xbox用の有料サービスとゲームの演劇マウムコトガセットになっている

日本では提供が決まっていないが、海外では、本体のコスト+ゲームプレイマウムコトルルセットにした「Xbox All Access」というサービスも用意されている。

Xboxだけでゲームを遊んでもらうのではなく、環境が整っていればPCで遊んでいるもらってもいいし、価格再生する場所・ハードウェアなどの変形を重視することがMSの戦略である。

他の言葉では、コストに細目を付けないハイエンドゲーミングPCはともかく、ゲーム機を「その時、最も快適で安価なゲームができる環境」と位置づけがXbox One世代中期以降、マイクロソフトの戦略である。 XSXは「PCに近い、よりコスト的に有利なゲーム環境」の提示であり、XSSは「より便利なゲーム環境」の提示、そしててもよい。 いずれにせよ、軸サービスである「Xbox Live」である。

「PCがなく価値」に執着SIE

一方、SIE(ソニーインタラクティブエンターテイメント)は、ゲーム機としてのプラットフォームを重視している。 将来のパフォーマンスを向上させるバージョンが出てくるのはともかく、最初から目標とする性能が複数の開発の負担を大きくする。 ユーザーにもわかりにくくなる。 過去からずっと」ゲーム機という一貫したプラットフォームを対象とする「こと軸に置いているといっても過言ではない。

SIEはゲーム機とゲームプラットフォームで収益を得ている。 Microsoftは、ゲーム用PCが成長すると、Windowsでの売上高が立っており、Xbox Liveとの連携も伸びる。 しかし、SIEはそうでないものである。

言い換えれば、「なぜゲーム機でゲームをするのか」というプラットフォームとしての価値を分かりやすく提示しなければゲームファンをゲーム用PCに採用されることができる。

だからストレージモデルと最適化などにより、「PCとは違う」部分をアピールする。 特にPS5でそれ顕著である。 これらの戦略であれば、価格を下げるために、プラットフォームの一貫性を失うことは得策ではない。

SIEとマイクロソフトの戦略は、どちらがいいというわけではない。 単に「他の」ものである。 しかし、それは各市場でどのように受け入れられるか、それなりに差がある。

ゲーム用PCの選好度が高い米国ではマイクロソフトの戦略に魅力を感じる人の割合が増えるかもしれない。 しかし、日本では、最近増加してきたとはいえ、「PCでのゲームをする層」そこまで多くない。 そうなると、SIEアクセスの方がわかりやすい。

ゲーム機が出てくるの性能の優劣論争が起こったりする。 しかし、今、そこに大きな意味はない。 どのようにゲームを作るか、どのプラットフォームでゲームを出すのかで画質や機能の活用方法は、変化である。 そして前述したように、サービスが関連して、会社のハードウェアの考えも変わる。 上部または下部を単純に対応することはできない。 自分のライフスタイルにどのようなプラットフォームが合うかどうかを考える必要がある。

READ  ポートナイト、macOSもアップデートから除外iOSに続き - ITmedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です