[PR]「知っているPC自作派」の新しい選択すると、Intel Core i9-10850Kプロセッサ登場! 〜ハイエンドに迫るスペックが割引価格で。 トレンドを押して、高コスパパートでゲーム用PCを組む! – PC Watch

2020年8月21日、10世代Coreプロセッサに突然新しいモデルが加わった。 それ「Core i9-10850K」である。 最後にKが付く倍率ロックモデルでCore i9-10900K(実売価格:72,000円前後)とCore i7-10700K(実売価格:48,000円前後)の間を埋めるポジショニング。 発売されて間もないこともあり、原稿執筆時点ではCore i9-10850Kの実売価格は62,000円前後であるが、消化来ればもっと安くなると思われる。

Core i9-10850K。 実売価格は62,000円前後

Core i9-10850Kの魅力は、上位Core i9-10900Kと動作クロックが100MHz、他のだけなのに、実売価格が1万円安いこと。 10世代Core i9の特徴であり、最大クロックを2コアのみ印象 “Intel Turbo Boost Max Technology 3.0」(TBM3.0)、CPUの冷却に余裕があるとき、1コアまたはコア全体の動作クロックを上げる” Intel Thermal Velocity Boost Technology」(TVB)などの機能を適切に備えているKモデルだけにオーバークロックにも対応する。

スペックを見て比較してみよう。 Core i9-10850Kは、コア/スレッドキャッシュ量は、メモリ、TDPもCore i9-10900Kと同じです。 各動作クロックが100MHz、低団地と非常に近い性能を備えていると述べている。 また、企業の管理/運営機能であるvProが省略されているが、個人利用にはこれが影響を与えることはほとんどなく、必要な機能を残すコストカットという意味で、PC自作ファンに利点が大きいだろう。

[제 10 세대 Core 프로세서 비교]
コアi9-10850Kコアi9-10900Kコアi9-10900コアi7-10700K
コア/スレッド10/2010/2010/208/16
ベースクロック3.6GHz3.7GHz2.8GHz3.8GHz
TB 2.05GHz5.1GHz5GHz5GHz
TBM 3.05.1GHz5.2GHz5.2GHz5.1GHz
TVB 1コア/コア全体5.2GHz / 4.8GHz5.3GHz / 4.9GHz5.2GHz / 4.6GHz
対応メモリDDR4-2933DDR4-2933DDR4-2933DDR4-2933
TDP125W125W65W125W
実売価格62,000円前後72,000円前後57,000円前後48,000円前後

仕様と価格を見ると倍率ロックがないCore i9-10900がお得に見えるが、TDPに注目してもらいたい。 65Wなので、高付加される発熱限界にすぐに達してしまい、TBM3.0とTVBによる高クロック動作を維持することができない。 それだけ低発熱、低消費電力という利点はあるが、性能を重視するなら、価格差を考えてCore i9-10850Kを選択したほうが、より有利なのは間違いない。

CPU-Zで表示したCore i9-10850K仕様

Core i9-10850KをIntel Extreme Tuning Utilityで表示したところ。 1コアまたは2コアが最大52倍で動作することが分かる

10850Kを生かしたPCを自作。 かなり大石する

その後、ジョソクヒイ味あふれるCore i9-10850Kを使用した自作の計画を考えながら、パフォーマンスを確認しましょう。 ここまで説明したように、Core i9-10850Kは、ハイエンドのCPUの中でも「取引」、「高コスパ」が引き立つ製品だ。 したがって、他の部品も「高性能の費用も良好 “とんかつ”最新自作トレンドに合致する」ことを中心に選択している。

マザーボード:ASUSTeKのTUF GAMING Z490-PLUS(実売価格24,000円前後)

CPUがCore i9-10850Kのでマザーボードは、必然的に倍率ロック解除に対応するZ490チップセットモデルから選択することになる。 今回選んだのは、ASUSTeKの「TUF GAMING Z490-PLUS」である。TUFシリーズは、比較的低コストで耐久性と信頼性を重視しているのが特徴で、DrMOSによると、12 + 2フェーズの強力な電源回路を備え、10コア20ブレスレットのCPUも安心して運用することができ、Intel製ギガビットイーサネットコントローラを備えるなど堅実な構成価格性能比を重視するならぴったり1枚できる。

CPU周り。 電源回路部は、しっかりとしたヒートシンクで覆われており、発熱対策は万全

ヒートシンクを取り外したところ。 12 + 2フェーズの強力な電源回路を備え

ビデオカード:ASUSTeKのDUAL-RTX2070S-O8G-EVO(実売価格62,000円前後)

また、10コア、20スレッドCPUをゲームから生かそうと考えた場合、ビデオカードがボトルネックにならないようにしたい。 ビデオカードの性能が低いとゲームのレンダリングにGPUが追い付かず、せっかくの高性能CPUが多く活用することができなくなるからである。 しかし、ハイエンドGPUを搭載したビデオカードは、10万円を超えるが当たり前の世界ではなかなか手が難しい。 取引という観点であれば、バランスのとれた選択は、アッパーミドルレンジ、GeForceで言う「70シリーズ」になるだろう。

発表されたばかりGeForce RTX 30シリーズも選択に含またいが、目的の頃の70番台が登場するのはまだ少し先。 そこで今回は、概して価格が消化きている現行製品の中に人気のGeForce RTX 2070 SUPER搭載モデルの中で、シンプルで、高い冷却能力を持ちながら、コストもほどよく抑えたASUSTeKの「DUAL-RTX2070S-O8G- EVO」を選択した。

PCケース:NZXT H510(実売価格9,000円前後)

外観、そしてサイズと特殊効果の観点から、完成したPCのトレンド感を決定づけるPCケース。 今回は、最近人気のホワイトカラー製品のNZXTの「H510」を選択した。 H510はシンプルで洗練された雰囲気と裏面配線しやすい構造と側面ガラスパネルをネジ一つ緩めるだけで脱着管理剤のよさが特徴。 今の価格が1万円を切ると価格比高い。 水冷CPUクーラーは28cmクラスのラジエーターまでサポートする。

また、電源装置は、今回の構成と500Wクラスも問題はないが、余裕を持って750Wの出力の製品を統合している。

メモリ:Kingston HyperX FURY DDR4 RGB HX432C16FB3AK2 / 16(DDR4-3200サポート、8GB×2枚セット。実売価格11,000円前後)

CPUクーラー:ASUSTeKのTUF GAMING LC 240 RGB(実売価格19,000円前後)

水冷ラジエーターは、前面に配置した。 水冷ヘッドとメモリチラリと覗くラジエーターファンのLEDがPC内部を飾るアクセント

PCケースの左側中間見える強化ガラス仕様ということもあり、メモリとCPUクーラーはRGB LEDを搭載することを選択。 メモリは上部にRGB LEDを備えDDR4-3200サポートKingstonの「HyperX FURY DDR4 RGB HX432C16FB3AK2 / 16 “(8GB×2)、簡易水冷クーラーはファンと水冷ヘッドにRGB LEDを備えASUSTeKの「TUF GAMING LC 240 RGB 」を選択した。24cmラジエーター水冷であれば、TDP 125WのCPUであれば、定格運転はもちろん、軽いオーバークロック(いずれにせよ、0.1GHzOC場合上位モデルに追いつくことができますから……!)に十分に対応可能である。

Intelの665p SSDPEKNW010T9X1.1TBのNVMe SSDで実売価格は15,000円前後

ストレージは、配線が不要インストールの容易さと速度、価格のバランスを考えて、M.2接続NVMe SSDでIntelの「SSD 665p SSDPEKNW010T9X1」を選択した。シーケンシャルリード2,000MB秒順次ライト1,925MB秒中間製品で価格も1TBモデルは、低地帯。この空間があれば、大規模なゲームが発売されても、すぐに余裕に支障がないだろう。

[이번 작례 구성 / 사양]合計:213,000円前後
カテゴリー商品名実売価格
CPUインテルコアi9-10850K
(10コア20スレッド)
62,000円前後
マザーボードASUSTeK TUF GAMING Z490-PLUS
(インテルZ490)
24,000円前後
メモリKingston HyperX FURY DDR4 RGB HX432C16FB3AK2 / 16
(PC4-25600 DDR4 SDRAM 8GB×2)
11,000円前後
グラフィックASUSTeK DUAL-RTX2070S-8G-EVO
(NVIDIA GeForce RTX 2070 SUPER)
62,000円前後
ストレージインテルSSD 665p SSDPEKNW010T9X1
[M.2(PCI Express 3.0 x4)、1TB]
15,000円前後
PCケースNZXT H510 CA-H510B-W1
(ATX)
9,000円前後
電源Antec NeoECO GOLD NE750G
(750W、80PLUSゴールド)
11,000円前後
CPUクーラーASUSTeK TUF GAMING LC 240 RGB
(簡易水冷、24cmクラス)
19,000円前後

評価でも上位に迫る、全体のコア5GHz駆動に下克上も! このコスパを逃してはなし!

これらのパーツを組み合わせて自作した場合の性能を見ていく。 比較のためにCore i9-10900KとCore i7-10700Kも用意した。 ちなみに、TDPなどの設定は、メインボードのデフォルト設定にしている。 また、基本的なパワーリミット設定は「PL1 =各CPUのTDP」とIntel推奨されていた。

まず基本的なベンチで、PC全体の性能を見る「PCMark 10 “、主に3D性能を見る「3DMark」で。 これらの基本的なベンチは、Core i9-10850K全体のコア5GHzで動作するようにOCした場合の結果も掲載する。

Core i9-10900Kは全体コア駆動の場合、最大4.9GHz。 5GHzに設定すると、Core i9-10900Kを少し超えることができるではないかという考えからである。 TUF GAMING Z490-PLUSは、ベースクロックやメモリの動作を自動的に最適化してくれる「ASUS MultiCore Enhancement」が搭載されているので、デフォルトの設定であれば、安全な距離から少しのOCに比較的簡単に挑戦することができる。しかし、OCは完全に自己責任なので、挑戦する場合は注意してください。

PCMark 10の測定結果

3DMarkの測定結果

PCMark 10ベンチマークでCore i9-10850Kが約5.2GHzで駆動する瞬間を発見することができた

PCMark 10はi9-10850Kのスコアは上位i9-10900Kに迫って全体のコア5GHz区同時に4項目のうち3項目がi9-10900Kを少し上回る。 ちなみに、PCMark 10はCore i9-10850Kが瞬間的に、しかし、5.2GHzまでクロックが上昇したことを確認できた。

3DMarkは、グラフィックカードの性能が大きく影響を与えるため、CPUによる差は小さくなる。 Core i9-10850KとCore i9-10900Kでほとんど差がない結果といっていいだろう。

動画エンコードテストの測定結果

トウン動画のエンコードをしましょう。 Adobe Premiere Pro 2020で3つの4KクリップをH.264とH.265ソフトウェアエンコードしたときの時間を測定している。 エンコードは、CPUパワーを最大限に使用し処理なので、Core i9-10900KはCore i9-10850Kより少し速く。 これ100MHzの差というものだろう。

システム全体の消費電力の測定結果

続いて、システム全体の消費電力をチェックする。 OS起動後、10分後にアイドル時と3DMarkのFire Strike実行時の最大3DMark時OCCT 10分駆動させたときの最大値をOCCT時だった。 Core i9-10850KとCore i9-10900Kでほとんど差がないとすることができる。 全コア5GHzOC時の消費電力が大きいのはTDP制限を解除して駆動させているからである。

CPUの温度測定結果

応じてCPUの温度も確認する。 OS起動後、10分後にアイドル時OCCT 10分駆動させたときの最大値を高負荷である。 Core i9-10850KとCore i9-10900Kでこちらも変わらない。 24cmクラスの水冷クーラーで十分冷やしている。 そしてOCとはまだCPUの温度がかなり上昇する。

なお、今回使用したオブジェクトは、全体のコア5.1GHzで動作しCINEBENCH R20も問題なく完走することができますが、この部品構成とCPUの温度は95℃まで上昇した。 強化のOCを考えれば、今回の選択されたものよりも大型水冷と大型PCケースの導入を考えたほうがいいだろう。

レインボーシックスシーズ
(C)2015ユービーアイソフトエンターテイメント。 すべての権利を保有。

容器
(C)2020 Riot Games、Inc.

ここでゲームのパフォーマンスをテストする。 まず、光のゲームで見てみよう。 「レインボーシックスシーズ」は、ゲームのベンチマーク機能測定」VALORANT “射撃場の一定のコースを移動したときのフレームレートをCapFrameXで測定している。

レインボーシックスシーズの測定結果

VALORANTの測定結果

Core i9-10850KとCore i9-10900Kはほとんど誤差レベルである。 100MHzの違いは、光のゲームでは、パフォーマンスの違いになって現れることはほとんどないことができる。

また、ビデオカードがボトルネックに堅くフルHD解像度では、コア数で落ちるCore i7-10700K(8コア16スレッド)は、フレームレートがガクッ低下しまう。 リフレッシュレート300HzなどのフルHD高速ゲームLCDと一緒に少しでもフレームレートを稼ぎたい場合は、Core i9-10850K非常に効果的である。

ポートナイト
(C)2020、エピックゲームズ、Inc.

F1 2020
(C)2020 The Codemasters Software Company Limited( “Codemasters”)。 すべての権利を保有。

以下は、重量級のゲームに焦点を当てる。 「ポートナイト」は、ソロプレイのリプレイデータを再生したときのフレームレートをCapFrameX測定」F1 2020」は、ゲームのベンチマーク機能で測定している。

ポートナイトの測定結果

F1 2020の測定結果

ポートナイトに関しては、すべてのCPUを完全に誤差レベルである。 コア数よりもクロックの高さがフレームレートに影響を与える傾向があるのでCore i7-10700Kも差が出ないようになっていると考えられる。 F1 2020 Core i9-10850Kスコアが若干低いが、新しいCPUしたがって最適化不足なのか。 それでも差はわずかである。

Microsoft Flight Simulator
(C)2020 Microsoft。 すべての権利を保有。

モンスターハンターワールド:アイス本
(C)カプコン(株)2018、2019 ALL RIGHTS RESERVED。

重量級のゲームも見てみよう。 「Microsoft Flight Simulator」は、富士山静岡空港から富士山を目指し、3分のフライトしたときのフレームレートをCapFrameXで測定。 「モンスターハンターワールド:アイス本」は、集会場所を作成し、一定のコースを移動したときのフレームレートをCapFrameXで測定している。

Microsoft Flight Simulatorの測定結果

モンスターハンターワールド:アイス本の測定結果

Microsoft Flight Simulatorは、「今、最も描画が重いゲーム “と呼ばれるだけに、RTX 2070 SUPERもフルHD 60fpsを出すことができない。 フレームレートを見ると、Core i9-10850KとCore i9-10900Kはほとんど差がない。 しかし、Core i7-10700Kと、WQHDまでフレームレートが明らかに降りており、マルチコアと高クロックCPUほどフレームレートを出すと考えられる。 モンスターハンターワールド:アイス骨は、CPUからの誤差レベル。 GPUをより上位にしなければ差は出ないと思われる。

ポートナイト&動画配信の測定結果

最後に、ゲーム配信も試してみたい。 ポートナイトソロプレイのリプレイデータをOBS Studioを使用して8MbpsでYouTubeに配信したときのフレームレートをCapFrameXで測定した。 さらに、エンコーダはRTX 2070 SUPERで提供されるハードウェアエンコーダNVENCを利用している。

NVENCを使用しているため、CPUに負荷をかけずに渡すことができているとはいえ、全体的に配信されていない状態よりもフレームレートは、全体的に下落している。 処理OBS Studioが参加することも影響を与えているのだ。 それでもCPUごとの違いはほとんどない。 動作クロックが高いCore i9-10900KがフルHDでの配信が少しフレームレートが高いほどだ。

1万円の価格差を活用した部品の選択で、ワンランク上の自作PCを目指せ!

まとめに入ろう。 Core i9-10850Kは基本ベンチこそCore i9-10900Kと100MHzの差が見えますが、ゲームではほとんど誤差レベル。 一方、サブi7-10700Kの間には、特に高解像度/高リフレッシュレートでのゲームプレイに差が出てくる。 上位製品との1万円の差を考えると、高性能ゲーミングPCを自作を考えている場合は、Core i9-10850K非常に有力な選択肢と言えるだろう。

1万円あれば、最新のゲームを購入したり、ビデオカードのランクを上げ、ストレージ容量を増やしたり、と部品の選択の幅は確実に行われる。 Intelから10コア/ 20スレッドのCPUであれば、この第一とすることができる存在になっていくではないか。

READ  関市では、新しいクラスタ岐阜県5人の感染を確認 - 気候新聞

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です