NVIDIA、Ampereベースの新GPU「NVIDIA RTX A6000」と「NVIDIA A40」を発表。フルスペック版「GA102」コアを採用

NVIDIAが主催するGPU技術関連イベント “GPU技術会議2020「(以下GTC 2020)が2020年10月5日にオンラインで始まった。このイベントではNVIDIAは、企業向けのGPUの新製品やサービスを発表している。すべてのゲーマーに直接関係のある項目はありませんが、簡単に説明を紹介したい。

2020年10月5日22:50頃追記:Quadro RTX A6000は発表前にNVIDIA RTX A6000に名称が変更されました。 掲載当初、以前の名称そのまま記載していたので、正しい名称に変更しました。

フルスペック “GA102」を採用したワークステーション用グラフィックスカードとデータセンターのためのGPU

まずGPUの新製品を紹介しよう。 今回発表されたワークステーション向けGPU「NVIDIA RTX A6000「(以下RTX A6000)と、データセンターのための数値演算アクセラレータ」NVIDIA A40「(以下A40)である。

画像集#001サムネイル/ NVIDIA、Ampereベースの新GPU

RTX A6000

画像集#002サムネイル/ NVIDIA、Ampereベースの新GPU

A40

どちらの製品もGPUコアに “のGeForce RTX 3090「(以下RTX 3090)と “のGeForce RTX 3080“のようなAmpereアーキテクチャをベースに「GA102」を採用しているが、本製品のGA102は10752個のシェーダプロセッサ「CUDA Core」を集積したフルスペック版GA102となっているのが魅力だ。

RTX A6000とA40の概要
画像集#003サムネイル/ NVIDIA、Ampereベースの新GPU

単精度浮動小数点(FP32)の演算性能はRTX A6000が最大約40TFLOS、A40は最大約38TFLOSされる。 RTX 3090の35.58TFLOPSと比較するとCUDA Core数の差よりも性能差が開いているので、おそらくGPUの動作クロックをドラッグと考えられる。 この記事を書いている時点で、RTX A6000とA40の動作クロックは未公開だが、NVIDIAによると、今後の動作クロックを含む詳細なスペックを明らかにするものである。

RTX 3090の違いで、他の一つ目立つのはグラフィックスメモリである。 RTX A6000とA40は、RTX 3090の2倍となる容量48GBのECCサポートGDDR6Xメモリを搭載する。 しかし、メモリバスの帯域幅は、RTX A6000は768GB / s、A40が696GB / sとRTX 3090の936GB / sよりも狭くなっている。 ECCの影響が多少あると仮定しても差が大きすぎる、おそらくメモリの動作クロックをGeForce RTX 3090よりも引き下げと思われる。

接続インターフェースで興味深い点は、A40の3つのDisplayPort出力を搭載した点である。 これまでNVIDIAの加速器は映像出力端子がない製品が多かった。 NVIDIAによると、データセンター向けの製品にもディスプレイ出力を搭載してほしいという要請が多かったので採用を決定したという。 映像出力端子がある場合は、ハイエンド市場向けのデジタルサイネージなどにも使用することができる対応できる用途の幅が広がるという判断もあったようだ。

RTX A6000は代理店を通じて2020年11月から出荷を開始して2021年初めにPCメーカーやシステムビルダーで搭載製品が発売される見込みだ。 したA40は、PCメーカーやシステムビルダー向けにのみ提供する予定で、こちらも2021年初めに搭載製品が登場するという。

RTX A6000は、販売店での販売が開始される11月から。 A40は、システムビルダーで2021年初めに登場する予定だ
画像集#004サムネイル/ NVIDIA、Ampereベースの新GPU

クラウドVRサービス「CloudXR」のAWS連携やOmniverseのオープンβプログラムを発表

ソフトウェアについても、2つの発表があった。 一つは、VRとARのための流通プラットフォーム」CloudXR」とAmazonが展開するクラウドサービス「AWS」(Amazon Web Services)の連携である。
CloudXRは、NVIDIA製GPUを搭載したサーバーおよびワークステーションで処理されたVRとARコンテンツをクラウド経由でPCやスマートフォン、VRヘッドセットにストリーミングする技術である。 CloudXRによってユーザー側が高性能PCやワークステーションを準備することなく、VRとARを使用してサービスを利用できるようになることがメリットだという。 ユーザー側のデバイスのパフォーマンスに依存しないという点は、クラウドゲームサービス「今GeForce“のようなものである。

VRとARを実現するCloudXRを利用すれば、高性能のデバイスを用意しなくても、ARとVRを利用したサービスを展開することができるという
画像集#005サムネイル/ NVIDIA、Ampereベースの新GPU

AWSとの連携を通じて、企業が直接サーバーを準備することなく、コストを削減しながら、サービスを提供できるようになるという。 クラウドを介した場合の遅延による影響が心配されているところだが、NVIDIAによると、装置の入力からAWSサーバーの応答までの時間を50ms以内に抑えされると、実用的なVRとAR体験が可能だと説明した。

別の発表は、3Dクリエイターのためのコラボレーション・プラットフォーム」オムニバス」のオープンβサービスを2020年秋から開始するというものである。
Omniverseは2019年3月に開かれた「GDC 2019“に発表されたサービスである。遠隔地にある複数のメーカーがAutodesk 3Dモデリング、アニメーション制作ツール「Maya」とゲームエンジン「Unreal Engine」などを使用して、共同でコンテンツを作成することができているという。

Omniverseの概要
画像集#006サムネイル/ NVIDIA、Ampereベースの新GPU

今までは、早期アクセス希望者に対して限定的なサービスが行われていたが、2020年秋にオープンβのダウンロードサービスが開始そうだ。

新型コロナウイルス感染の世界的な流行に応じて、ゲーム業界だけでなく、制作者の在宅勤務が増加している。 そんな中Omniverseなどのコラボレーションソリューションは、時代に合ったものとすることができる。 OmniverseとCloudXRの新たな展開は、このような状況を逆手に取ってGPU技術を広げていこうとNVIDIAの姿勢の表現とも言えるかもしれない。

READ  プジョー208 Allure / GT Line "を見かわいいしカッコイイ。よく知られて交際し、さらに反する」そんな車である。 | ハッチバック| MotorFan[モーターファン]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です