NASAの新しいハッブル写真で木星とその月のヨーロッパが輝く

ケープカナベラル、フロリダ州(AP)—ハッブル宇宙望遠鏡による新しい写真で、木星とその魅力的な月であるヨーロッパが輝いています。

ハッブルは先週、惑星が4億600万マイル(6億5300万キロ)離れたところにある写真を撮りました、そしてボルチモアの宇宙望遠鏡科学研究所は木曜日にそれをリリースしました。

私たちの月よりも小さいエウロパは、巨大な色の縞のあるガス惑星の横に淡い点として現れます。 木星の北緯にある明るい白い斑点は、毎時350マイル(560キロ)の速度で惑星の周りに新しい嵐が発生していることを示しています。

一方、木星の大赤斑は写真では異常に赤くなっています。 徐々に縮小しながら、大嵐はまだ地球を飲み込むのに十分な大きさです。

エウロパに関しては、科学者は海がその極寒の表面の下を流れていると信じています。 NASAは、宇宙船であるEuropa Clipperをこの10年の後半に打ち上げて、人生の条件が整っているかどうかを確認する予定です。

AP通信健康科学部は、ハワードヒューズ医療研究所の科学教育部から支援を受けています。 APは、すべてのコンテンツに対して単独で責任を負います。

READ  オーストラリアの女性は、頭痛が脳内の条虫の幼虫によって引き起こされていることを発見しました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です