NASAが企業に月面土壌の採掘を要求– Spaceflight Now

クレジット:NASA / Aubrey Gemignani

NASAは木曜日に商業会社から月面土壌を購入する計画を発表しました。機関の最高責任者は、地球外物質の所有権の移転の先例を設定し、太陽系全体の体から資源を収穫する市場を刺激することを目的としています。

イニシアチブは小さなものから始まっていますが、NASAの管理者であるジムブリデンスティン氏は、木曜日に、企業が月面の土壌を水氷、貴金属、その他の資源のために採掘できるようになる可能性があると述べました。

「私たちはいくつかの月面土壌を商業的に購入することに興味を持っています」と、ブリデンスティンは木曜日、Secure World FoundationのSpace Sustainability Summitでの仮想プレゼンテーションで述べました。 「それで私達は私達が商業会社に月に行き、月の土を抽出しそしてそれから…​​NASAがそれを所有することができるようにしてほしいと思います。」

「私たちはレゴリスを購入していますが、それができることを実証するために実際に行っています。月から抽出されたリソースは、実際には汗と宝物を投資する人々によって所有されており、それに公平に投資しています。努力した」と述べた。

ブライデンスティンによれば、NASAが商業会社から月面土壌を購入する取り組みは、議会で可決され、2015年にオバマ大統領が署名した法律に基づいているとのことです。 法律は、民間団体が月から収穫された水、ミネラル、その他の物質を抽出、所有、利用することを許可しています。

ブリデンスティンは、月を採掘するための商業市場を育成するというNASAの目的は、1967年の宇宙条約(米国、英国、中国、ロシアを含む110か国によって承認された国際協定)に準拠していると述べました。

宇宙条約によれば、「月や他の天体を含む宇宙は、主権の主張、使用または占領、またはその他の手段による国家の没収の対象にはなりません。」

ブリデンスティンによれば、NASAは宇宙条約を信じているが、NASAは「正規化プロセスを有効にして」、地球外資源を採掘および所有できることを示したいと考えている。

「私たちは、月を国の主権に当てはめることができないと信じています」と彼は言った。 「それは絶対に私たちがやろうとしていることではありません。

「しかし、海からマグロを抽出して利用できるのと同じように、月から資源を抽出して利用できると信じています」とブリデンスティン氏は語った。 「私たちは海を所有していません。 しかし、努力と労力、そして投資を海からマグロを採取することに当てはめると、マグロを海から所有することができ、それは人類にとって非常に貴重な資源になります。」

「それで問題は、月や他の天体を国家主権に流用することなく、抽出された資源の所有権を持つことは可能ですか? そして、答えは圧倒的にイエスだと思います。」

NASAはアルテミスプログラムを通じて、1972年以来初めて宇宙飛行士を月に着陸させることを計画しています。トランプ政権は昨年、NASAに前回のスケジュールの4年前の2024年末までに月の南極近くに乗員を着陸させるよう指示しました。宇宙飛行士を月面に戻す。

NASAは、アルテミスプログラムが1970年代に終了したアポロプログラムよりも月面での人間の存在を永続させることを望んでいます。 NASAは、アルテミスプログラムを長続きさせるために、地球から必要なすべての材料を持ち込むのではなく、最終的に月から水氷などのリソースを抽出して利用する必要があるとNASAは言います。

「持続可能なプログラムをどのように作成しますか? 月に数億トンもの水氷、つまり数億トンの水氷を利用する必要がある」とブリデンスティンは語った。 「呼吸するのは空気であり、飲むのは水である」とロケット燃料に変換することもできると彼は言った。

「したがって、これらすべてが月の南極で数億トンで利用可能です。それを資源として利用できるようにする必要があります」と彼は言った。

エネルギー源として使用できるヘリウム3とともに、貴金属も月から採掘される可能性があります。

ブリデンスティンは地球外鉱業の問題を​​非党派的であると特徴付けたが、他の惑星体からの資源の利用は懸念を引き起こした。

「地球の過去とは異なる未来の宇宙を作る計画を明確に述べずに資源抽出を進めることは、恥ずべき環境破壊的な歴史を繰り返すレシピです」と惑星協会のエミリー・ラクダワラはツイートしました。

ノートルダム大学の月面科学者であるクライヴニールは、NASAの新しい月面土壌イニシアチブへの支持を表明しました。 しかし、米国の多くの建設プロジェクトの標準的な部分である環境影響声明は、月の資源を抽出して使用する提案の初期段階であるべきだとツイートしました。

「地球上で販売できる貴重な資源が月にはないため、企業が月をストリップマイニングして2100年まで破壊するリスクはありません」と、大学の惑星科学者フィルメッガーはツイートしました。研究の専門知識が惑星の土壌のサンプリングを含むセントラルフロリダ。 「地球上のすべてのものを100万倍安価に購入できます。

「第2に、月を大規模に採掘する技術はありません」とメッガー氏は付け加えました。 「技術開発だけでも、大規模な月面鉱業ベンチャーを経済的に実行可能にするのに、おそらく30〜40年かかります。 鍵となるのは、人間が壊れたロボットの修理に立ち向かう必要性を減らすことです。」

NASA管理者のジム・ブリデンスティン。 クレジット:Isis Valencia / Spaceflight Now

トランプ大統領は4月に、米国が宇宙を「グローバルコモンズ」と見なさないという方針を概説する大統領令に署名しました。 この命令は、オバマ大統領によって署名された2015年の法律を強化し、米国の市民と企業に、宇宙の他の組織から収穫された資源を採掘および利用する権利を与えることを定めています。

この政策は、月とその天然資源が「人類の共通の遺産」であると定めている1979年の月条約に対抗しています。 月条約は、「そのような搾取が実現可能に近づいているときに」月の資源の搾取を管理するために国際的な枠組みが必要であると付け加えます。

しかし、米国、中国、またはロシアによって署名または承認されていない1979年の月条約の締約国は18カ国だけです。

ブリデンスティンは金曜日にNASAが個人と企業が月に私的な利益を追求することを可能にする「国際法に基づいた強力な法的枠組み」があることを確実にしたいと望んでいると述べました。

「私たちがやろうとしていることは、リソースを抽出できるという行動の規範があり、宇宙条約に準拠した方法でそれを行っていることを確認することです」とブリデンスティンは言った。 「そして、私たちは人々がそれらのリソースを抽出するあなたの努力を妨げることができない方法でそれを行っています。」

今年の初めに、NASAはアルテミス合意を概説しました。これは、機関の国際パートナーが月探査で従うことが期待される原則です。 原則には、月の平和的な探査、透明性、相互運用性、緊急支援の誓約、宇宙物体の登録、科学データの公開が含まれます。

「これらの行動規範は、最終的には拘束力のある国際法になる」とブリデンスティンは言った。 「これは、これが強く要求される道であり、私はアメリカ合衆国がここを先導する必要があると思います。そして、それらの行動規範は、最終的に、宇宙が長期にわたって持続可能なことを保証する国際法に通知します。」

一部の科学者は、NASAが宇宙での鉱業およびその他の緩やかに規制された商業活動の時代に惑星保護ガイドラインをどのように実装するかについて疑問を呈しています。 惑星の保護は、宇宙船、そして最終的には人間が、地球外生命を宿す可能性のある地域に干渉するのを防ぐことに焦点を当てています。 ガイドラインは月よりも火星のような世界でより厳しいです。

7月、NASAは、月面のほとんどの場所に着陸するミッションの惑星保護要件を終了すると発表しました。 水氷を抱く極の周りの地域と、歴史的なアポロ着陸地点は、惑星保護のより高いカテゴリーの下に残ります。

ブリデンスティンは木曜日に、NASAは規制当局ではありませんが、民間企業に期待を設定することができると言いました。

「私たちが月に行ったときに私たちと一緒にいたい場合、NASAを顧客として持つことができる民間企業にしたい場合、火星に行ったときに私たちと一緒にいたい場合、特定の行動があります。守らなければならない」とブリデンスティンは言った。

NASAが木曜日に発表した提案の要求は、米国および国際的な企業に開かれています。 エージェンシーのスポークスパーソンであるStephanie Schierholz氏によると、プロポーザルの締め切りは10月9日で、NASAは1つ以上の賞を授与する可能性があります。

賞を受賞した企業は、月の任意の場所から月の土や岩を収集し、NASAにコレクションと収集された資料の画像を、資料がどこでキャプチャされたかを識別するデータとともに提供します。 その後、企業はサンプルの所有権を月面にあるNASAに譲渡します。

Bridenstineは木曜日にNASAが50から500グラムの間の月の土に15,000ドルから25,000ドルを支払うことを予想していると言いました。 シエルホルツによると、最終的な価格は競争の結果によって決定されます。

ある企業が500グラム以上集まった場合、残りを他の国、企業、または個人に売却する可能性があると、ブリデンスティン氏は述べています。 そして、企業が月の土を集めてそれをNASAに販売するためのさらなる競争があるかもしれません。

2018年に、NASAは商業用月面ペイロードサービスプログラムを設立し、企業が科学機器を月に運ぶ契約に入札するための一連の競争を設定しました。 NASAはCLPS契約賞の対象となる14の米国企業を選択し、現在までに4つのロボットの月着陸船ミッションを授与しています。

最初のCLPSミッション-Astrobotic and Intuitive Machinesによって開発中-は、2021年に月への打ち上げが予定されています。

木曜日に発表された月面土壌チャレンジの対象は、CLPSプロバイダーに限定されません。 他の米国企業と国際グループは入札することができる、とブリデンスティンは言った。

「私たちがやろうとしていることは、行動の規範を確立して規制の確実性を生み出し、そこにある企業がこれらのプログラムを活用して前進できるようにすることです」とブリデンスティン氏は語った。 「私たちは、リソースが抽出され、それらが取引可能であり、企業や個人の間だけでなく、国や国境を越えて取引できるという概念を証明しようとしています。

「出発点は水の氷だと私は思う」と彼は言った。 「そこで、多くの民間企業が水氷を取りに行き、それをエージェンシーとして、または月をさまざまな機能の目的地として使用している他の民間企業に販売したいと考えています。」

作者にメールを送る。

Twitterでスティーブンクラークをフォローしてください。 ゆうたろう

READ  新しい研究によると、米国はCOVID-19集団免疫にほど遠い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です