iPhone 12 Pro Max(仮称)は、やはりベタベタ画面? 「120Hzに設定できる試験機「ある形| ギズモ・ジャパン

ゲームもヌルサク〜?

以前から噂が耐えないiPhone 12(仮称)シリーズ、どうしてもその最上位モデルに対応iPhone 12 Pro Max(仮)120Hzの画面駆動とLiDAR機能が確認されたようです。

有名リカ・Jon Prosserが「iPhone 12 Pro Max(仮称)試験機(PVT model、Production Validation Test model)で撮影された」は、スクリーンショットTwitterで共有する

最初のスクリーンショットは、 “Enable LiDAR CA(LiDAR使用)「項目が第二のスクリーンショットは、設定画面に “Enable High Refresh Rate(高いリフレッシュレートを使用して)」という項目が表示されるところが写っています。 “Adaptive Refresh Rate(表示内容に対応してリフレッシュレートを変える機能を有効にする)」という項目も確認することができます。

以前からiPhone 12シリーズの一部のモデルLiDARは一種の深度センサーが搭載されると噂され、それを強化する内容となっています。オートフォーカスや動画、ナイトモードでの物体検知のアシストが可能になると思われます。

また、iPhone 12シリーズリフレッシュレート120Hz対応については否定的な噂も流れていたが、逆に120Hz対応を肯定することになっています。 一方、Jon Prosserは「試験機は、120Hz駆動に対応しているものとしていないものがある」と述べており、実際に発売されたiPhone 12 Pro Max(仮題)にも対応するのかは不透明です。

TwitterのリークアカウントEverythingAppleProもiPhone 12 Pro Max(仮称)試験機と思われる端末の写真を共有。 Jon Prosserのスクリーンショットのような画面が表示されています。 EverythingAppleProは「試験機でもノッチの大きさは、今までのように “”時間を表示AM / PM表示がある」とし「バッテリーアイコンも微妙に違う」など計本体とUIの変更に面しています。

Androidスマートフォンに慣れている機能が、高速画面駆動やToFセンサー(LiDAR)がついにiPhoneにも来る、のでしょうか?

出典:Twitter(12)を通じて MacRumors

READ  シャオミ、4490円の「Miスマートバンド5」を国内発売 - 携帯電話Watch

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です