Intelが10nmプロセスの第11世代Coreプロセッサ「Tiger Lake UP3」などのIoTの端のための発表 – GIGAZINE



現地時間2020年9月23日、Intelが産業機器などの物事のインターネット(IoT)に欠かせないエッジ・コンピューティングために “Atom x6000E(Elkhart Lake)」シリーズと「タイガーレイクUP3」シリーズを発売すると発表した。

IoT強化プロセッサ性能、AI、セキュリティの向上| インテルニュースルーム
https://newsroom.intel.com/news/iot-processors-industrial-edge/

Intel、10nm Atom組み込みCPUのリリース:Elkhart Lake発売
https://www.anandtech.com/show/16102/intel-launches-10nm-atom-embedded-cpus-elkhart-lake-now-available

Intel、インテル、IoTとエッジワークロード向けに設計されたチップの詳細| ベンチャービット
https://venturebeat.com/2020/09/23/intel-details-chips-designed-for-iot-and-edge-workloads/

Intelが新しいIoT端向けに投入することは、「Atom x6000E」シリーズとの2第11世代Coreプロセッサ「Tiger Lake UP3」シリーズは、10nmプロセスのプロセッサ2種。 「Elkhart Lake」という開発コードでも知られているAtom x6000Eシリーズは、Atom系の低消費電力コア “Tremont「2〜4コア搭載。ターボ・ブースト時最大3.0Ghzで動作し、最大64GBのDDR4ないしはLPDDR4Xをサポートします。TDPは4.5Wで12Wとのこと。GPUは、実行ユニット32のIntel UHD Graphicsで最大3画面の4K&60fpsの出力が可能である。インターフェースには2.5GbEネットワークに対応しています。


Atom x6000Eシリーズは全8モデル登場しています。


また、Atom x6000Eシリーズのほか、Atom x6000EシリーズのようなTremontを採用しながらも、TSNIEC 61508ISO 13849同じ機能安全規格に対応していない」Pentium J6000」シリーズと「Celeron N6000」シリーズも発表されています。


「Pentium J6000」シリーズと「Celeron N6000」シリーズは、前世代に比べてシングルスレッド性能が最大1.7倍、マルチスレッド性能が最大1.5倍、グラフィックス性能が最大2倍になっているということ。


また、「Tiger Lake」として知られている11世代Intel CoreプロセッサをIoT端に最適化した「タイガーレイクUP3」シリーズも発表されました。IoTエッジのTiger Lakeは一般組込みや産業機器向けの2種類があり、一般的な組み込み動作温度範囲が0〜100℃でTSNと機能安全規格に非対応。


産業機器用は動作温度範囲が-40〜100℃でTSNと機能安全規格に対応しています。


これらのIoTエッジのためのTiger Lakeは、従来製品に比べてシングルスレッド性能が最大23%、マルチスレッド性能が最大19%向上していグラフィックス性能は、最大2.95倍となっているということです。

この記事のタイトルとURLをコピー

READ  Wikipediaが1人の管理者がすごく言語で編集されてしまう - GIGAZINE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です