[Hothot 리뷰]9世代Core + GeForce GTX 1050 Ti世界最小。 MINISFORUMの「H31G」をしようと – PC Watch

最小H31G

小型のPCの開発/製造/販売を専門とする香港のMINISFORUMは、デスクトップ版の第9世代CoreとGeForce GTX 1050 Tiを搭載した手のひらサイズのコンピュータ「H31G」を発売した。

MINISFORUMは読者にあまり馴染みのない企業もありますが、これまで主にAtom系の安価なCPUを使用した小型のPCの開発をしてきた。 最近では、IndiegogoでRyzen 5 3550Hを搭載した小型デスクトップ「DMAF5」のクラウドファンディングを実施してFacebookで多くの広告を公開します。AMDファンの間ではちょっとした話題になった。

そのMINISFORUMが、今回新たに作り出すH31Gは、手のひらサイズでありながら、デスクトップ用の第9世代CoreとGeForce GTX 1050 Tiを搭載したモデル。 CPUとGPUの両方1世代前となりますが、パフォーマンスはまだ現役レベルであり、同社のフラッグシップと製品。

今回の発表に先立ち、Core i5-9400Fとメモリ8GB、SSD 256GBを搭載した製品のサンプルを入手したので検討したい。 この構成では、直販価格は619ドルである。

自由度が高く、ベア本に近い手のひらコンピュータ

H31Gは、本体サイズが約154×153×62mm(幅×奥行き×高さ)の超小型デスクトップである。 この手の小型のPCは、ZOTACが先駆者であり、続いてIntelのNUCフォームファクタが有名である。 しかし、IntelもZOTACもモバイル用CPUを採用しており、GPUを搭載するZOTACの製品は、一辺の長さが200mm前後(EシリーズとQシリーズ)とやや大型化されている。

そのような点でH31GはLGA1151ソケット式で市販もされている9世代Core i5-9400Fが搭載されているにもかかわらず、一辺が150mm川があり、IntelのNUCより若干大きい程度に収まっていることは評価に値する。 搭載されたGeForce GTX 1050 Tiもデスクトップ版と同じスペックであるため、驚くばかりだ。

LGA1151対応のCore i5-9400Fを搭載

GeForce GTX 1050 Ti搭載の「ビデオカード」

もちろん、そのために、ACアダプタが148.2W出力対応のかなり大きなものとなっているという点は否定できない。 しかし、これだけのスペックを表示のVESAマウンタ用の穴にかかったのだから、設置の自由度を含めても高く評価できる。

また、H31Gは、標準256GBのM.2 NVMe SSD以外に別途M.2 2242 SATA SSDを1台の2.5インチSATA SSD / HDDを1基増設できる。 メモリも今回の構成は、8GBのシングルチャンネルであるが、SO-DIMMスロット1つ空いており、拡張が可能である。 CPUまで換装すると、かなりのスペックを拡張することができるのも魅力的だ。

そのような意味での完成品ではなく、ベアボーンの色が濃いが、CPUまで分解に少しコツがいるので、あえて完成品として販売して換装可能なメモリとストレージのみを選択をユーザーに付与されたこの本製品と言っていいだろう。

付属品はかなり充実。発熱/騒音抑制の目に優れてい

紹介が若干前後しましたが、パッケージを見てみましょう。 パッケージは、通常、無知の段ボールが、中身はかなり豊富。 ACアダプタとVESAマウントキットのほか、Mini DisplayPort(以下Mini DP)→DisplayPort変換ケーブル、HDMIケーブルも付属。 付属のケーブルはかなり短いことから、ディスプレイの近くにサーバーを置くことを想定していることがわかる。 また、磁石で脱着可能な通気口フィルターが添付して、DIYerの心を刺激する内容だ。

ACアダプタは19V / 7.8A出力の大容量タイプ。 この手のコンピュータにはかなり高出力モデルとなっているが、デスクトップ用CPUを搭載していることを考慮すると、必然的だと言えるだろう。 また、プロトタイプはPSEマークがないが、量産モデルは、すべてのPSEマークが記載されているということだ。

VESAマウントキットとHDMIケーブル、Mini DP→DisplayPortケーブルが付属されている

ACアダプタは19V / 7.8Aの高出力タイプ

本体前面にヘッドセットの接続のための3.5mmミニジャックとマイク側に音声イプチュルリョクワmicroSDカードスロット、背面にUSB 3.0×4、HDMI Mini DP、Gigabit Ethernet、DC入力を装備。 このサイズでは、インターフェイスが非常に充実している。 場合は、前面にUSBポートが欲しかった実装スペースでて難しいだろう。

ちなみに裏面のMini DPが先に述べたようにMini DP→DisplayPort変換ケーブルが含まれていているにもかかわらず、本製品は、これにディスプレイを接続しても何も出てこない。 これは、この端子は、CPU内蔵GPUに直結されているため、標準的に採用されているF系のCPUは、内蔵GPU搭載していないからである。 つまり、ユーザーがGPUに対してモデルに直接アップグレードようやく使用端子であり、標準では本当のHDMI 1系統しかディスプレイ出力を備えていないものである。

このあたりの仕様はGeForce GTX 1050 Tiが他のボードで他のディスプレイ信号をメイン基板に配線パターンを準備するスペースがなかったことが最大の理由になりそうだ。 しかし、マルチディスプレイ環境を構築することを目的場合あまり心配しなくてもいいだろう。

本体上部にメッシュの吸気口がデュアルファンで吸引して、背面に排出する構造。 入口が見えるので、騒音の気になるところだが、試作機は、アイドル/ 3Dゲームの負荷もかなり静かな印象を受けた。 騒音の大部分は、風の音で軸音はほとんどない。 例えば、TVの近くにサーバーを置いて、2mほど離れたところからゲームをプレイすると、まったく気にならなくなる。 部屋のエアコンの音がより邪魔になるほどのレベルである。 このあたりは非常に優れている。

また、デスクトップ用CPUとGPUを搭載しているものもありますので、熱の心配されるが、テストをしているし評価​​には全く問題がない範囲に入っていた。 GeForce GTX 1050 Ti側オーバークロック1,800MHz以上も可能なレベルである。 廃熱と騒音制御について本製品は、非常に優れていると評価したい。

内部は、基板3段構成なので実現した省スペース

内部が気になるので分解してみた。 本体は底のゴム足の部分にある4本のネジを緩める内部に簡単にアクセス可能で、メンテナンスが高いだろう。

分解して、まず目立つのが2.5インチSSD / HDDマウンタとM.2 2242 SATA SSD用コネクタ。 すべての非常に簡単に追加することができる。 2.5インチSSD / HDDマウンタはネジでCPUソケット裏にネジ固定されており、これを除けば、メモリスロットにアクセスできるようになる。

周囲のフレームに注意しながら分解していくと、基板全体を丸ごと取り外せる。 ここで、最終的に明らかになった全貌が、音声入出力/microSD/M.2 2242部とGeForce GTX 1050 Ti付加他の基板となってフレキシブルケーブルでマザーボードに接続されていることがわかる。 H31Gこの構造により足跡を抑えることに成功しているわけだ。

ヒートシンクは、4つのヒートパイプが使用されており、GPU、CPUの上を通って背面ヒートシンクに伝わる構造。 コンピュータ自作ユーザーの観点から見ると、ヒートシンクの大きさが多少気になりますが、本製品は、外部の空気をほぼ直接インポート空気をケースの中に集めることなく排出することができる機構であるのでこのくらいなら終わったかもしれない。

全体的に見ると、CPUの保存とバックプレート、ヒートシンクGPU部分に至るまでかなりのカスタマイズが含まれており、なかなかの設計能力が高いことがわかる。

比較的軽いゲームであれば、1080pでも実用可能なレベル

それでは最後にベンチマークの結果を見てみよう。 テストしたのは、総合的な評価を行う「PCMark 10」に加え、3D関連のパフォーマンスを測定する「3DMark」、「ファイナルファンタジーXIV:漆黒のヴィランズベンチマーク」、「ドラゴンクエストXのベンチマーク “、そしてCPUのパフォーマンス評価する「CINEBENCH R20」である。

比較用にCHUWIが2018年に発売したKaby Lake-G(Core i5-8305G)を搭載した小型PCである「HiGame “の結果を一覧表示した。また、HiGameは、Windows 10、2004 H31Gは、Windows 10、1909とOSのバージョンの差が存在する。

また、HiGameは、Windows 10、2004環境では、Intel HD Graphicsを選択すると、いくつかの3Dベンチマークが動作しない問題があったためキャンセルしたRadeon RX Vega M GLだけで測定している。 これはおそらく、Radeon RX Vega M GLドライバが古い(2019/01/10最新)Intel HD Graphics最新DCHドライバと協調せず、GPUの選択がうまくいかないからだと考えられる。 鳴り物入りで登場したKaby Lake-Gが、IntelはXeに注力前に他のことをしたかったにもかかわらずしている。

システムH31Gハイゲーム
CPUコアi5-9400Fコアi5-8305G
メモリ8GB
SSD256GB NVMe SSD128GB SATA SSD
GPUGeForce GTX 1050 TiRadeon RX Vega M GL
それほどウィンドウ10のホーム1909Windows 10 Home 2004
PCMark 10
PCMark 10ポイント48564553
骨子89638035
アプリの起動スコア121158941
ビデオ会議スコア70737329
Webブラウジングスコア84047918
生産性66466744
スプレッドシートの得点78148935
書き込みスコア56545091
デジタルコンテンツ制作52194728
写真の編集スコア53287380
レンダリングと視覚化スコア58605579
ビデオ編集スコア45542568
3DMark
タイムスパイ23772245
時間スパイグラフィックスコア2196年2092年
時間スパイCPUスコア44753853
ファイアストライク61056287
Fire Strike Graphicsスコア67077422
Fire Strike Physicsスコア1196010381
ファイアストライク総合スコア25362296
ナイトレイド1930119556
Night Raidグラフィックスコア2368128460
Night Raid CPUスコア94257053
スカイダイバー1661217620
スカイダイバーグラフィックスコア1818421061
Sky Diver Physicsスコア107919470
スカイダイバー総合スコア1980618859
ファイナルファンタジーXIV:漆黒のヴィランズベンチマーク
1,920×1,080ドットの最高品質6746(非常に快適)5616(非常に快適)
1,920×1,080の高品質(デスクトップPC)7610(非常に快適)6010(非常に快適)
ドラゴンクエストXIベンチマーク
1,920×1,080の仮想フルスクリーン最高の品質18746(とても快適)18021(とても快適)
1,920×1,080の仮想画面全体の標準品質19405(とても快適)18291(とても快適)
シネベンチR20
CPU22971753年
READ  台風9号情報、将来の「非常に強い」勢力に発達して沖縄のアクセスに災害級の嵐を厳重警戒 - ウェザーニュース

結果を見れば分かるようによく踊るはありますが、適度に対立する結果となった。 おそらく同じHiGameも上位Core i7-8709Gを搭載したモデルであれば、(NVIDIAのための最適化が入ったゲームならともかく)ほぼ同じ結果となったではないか。

ただしH31GはHiGameよりふた周りほどケースが小さいうえにして、静かで、ディスプレイ出力が少ないことを除けば、ほぼ同じ拡張性であるが、やはり驚くべきだ。

リビングルーム、TV用ゲーム用PCに放置ゲームPCとして使用するモデル

製品ラインを開始した初期には、小型のケースにロマンがあった、最終的に性能と実用性を追求しすぎるので、ますます肥大化行ったシステムは、これまで何度なく、本がH31Gは、市場の一石を投じる製品とすることができる。

しかし、そのMINISFORMとしAtom系のCPUを搭載した従来モデルと比較するとH31Gは大型化していることは否定できない。 しかし、デスクトップCPUとGeForce GTX 1050 Tiを搭載して合計TDPが150Wに達している、世界最小となる1.4Lケースを実現しているのは高く評価したい。

設置の自由度の高さと騒音を生かしリビングのTVで比較的軽量の3D PCゲームを楽しむ放置しても進行しているゲームを常時起動させておけば、古い補助機械の代替などに最適のシステムとすることができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です