GeForce RTX 3080はどのように2倍の性能を達成したのか – PC Watch

多くのゲームでは2倍の性能を実現したGeForce RTX 3080

米NVIDIAは1日(現地時間)深夜に新しいAmpereアーキテクチャを採用したGeForce RTX 30シリーズを発表した。

GeForce RTX 30シリーズは、前世代のGeForce RTX 20シリーズと比較して、同じSKUで最大2倍の性能を実現。 サブGeForce RTX 3070で既存の最上位に該当するGeForce RTX 2080 Ti以上の性能を発揮する第2世代を超えるほどの飛躍を達成した。 海外PC関連ユーザーコミュニティでは、この場所GeForce RTX 30シリーズの高性能に関する話題で持ちきりだ。

このGeForce RTX 30シリーズの圧倒的な性能は、どこから来るのか。 これは4日(韓国時間)、メディアに開催された「GeForce RTX 30-Series Tech Sessions」で明らかになった。

ほぼすべての数字が2倍に

Ampereアーキテクチャは、GPUを構成する最小単位であるStreaming Multiprocessor(SM)で改良されている。 新設のデータパスは、1クロックに128FMA(融合積和演算)が可能であり、FP32性能が2倍になった。 また、L1の帯域幅が2倍に容量は33%増加し、キャッシュパーティションのサイズが2倍になっている。

リアルタイム料金レイシングハードウェアアクセラレーションするRTコアは三角形の交差を計算する速度が2倍に新たに時間を基準に位置補完する機能が加わった。 これにより、光線が物体にぶつかったオに時間の要素を追加することができ、モーションブラーを8倍高速に処理できるようになったという。

SMの改良。 多くの数が2倍になっている

新たInterpolate tri position(time)機能が加わり、モーションブラー処理を8倍向上させた

そしてTensorコアは、スーパーコンピュータ用に発表された「GA100」だけでなく、疎(緩く)ネットワークに対応した。SMあたりTensorコアは、8個から4個に半減が、FP16 FMA実行性能は倍にして1SMあたりの総パフォーマンスは、同等、スパ寿司2倍の性能を達成した。

Ampereはまた、RTコアとTensorコアが並列に処理することができるように、フレームのレンダリング時間をさらに短縮。 これにより、フレームレートを向上させている。

何よりも、GeForce RTX 30シリーズは、このような小さな数よりも全体的な数字を見たほうが効果がある。 なぜならSM数GeForce RTX 2080 SUPER 48基で68期されてCUDAコア数が3,072で8,704個のシェーダ演算性能が11TFLOPSで30TFLOPSに跳躍しているからである。 これは12nm FFNで8Nプロセス微細化の影響が最も大きいといっていいだろう。

Tensorコアは疎ネットワークに対応した

RTコアとTensorコアが並列動作することができ、フレームのレンダリング時間をさらに短縮

GeForce RTX 2080のすべてのスペック向上

GeForce RTX 20シリーズは、TSMCの12nm FFNプロセスを採用していたが、これはGeForce GTX 10シリーズの16nm FinFETの派生プロセス。 一方、今回のSamsung 8Nプロセスは10nmをベースにしたNVIDIA定義されている。 したがって、一度GeForce GTX 980がGTX 1080が衝撃以上の衝撃があって、それに適しているとすることができる。

初の「8K対応」を強調するGeForce RTX 3090

発売はもう少し先ですが、GeForce RTX 3090は、世界初の「8K対応」GPUで発売される。ディスプレイとケーブル1本で接続するだけでOKであるHDMI 2.1のサポートはもちろんだが、8Kでゲームをするということは何を意味するのかより詳細な説明が行われた。

8K解像度はフルHDの実に16倍のピクセルになったりしても、それはフラッグシップのGeForce RTX 3090にして簡単に駆動することができるわけではない。 3090は基本的に “Apex Legends」、「Destiny 2」、「Forza Horizo​​n 4」、「Rainbow 6 Siege」、「Rocket League”、 “World of Tanks」、「World of Warcraft」などのタイトルを60fps以上で動作させてすることができますが、その中には、そのまま難しいタイトルもある。

だからNVIDIAはDLSS 2.0の使用を提唱している。 もちろんDLSS 2.0タイトルなければ意味がないが、DLSS 2.0を使用すると、60fps以上でプレイすることができるというものである。

8KでDLSS 2.0を使用すると、レンダリング元の解像度は2,560×1,400ドットのネイティブ解像度との間に9倍の差が存在する。 NVIDIAは空間解析を用いたAIモデルDLSSを強化し、この解像度の違いを解決しているという。

8KのDLSS。 レンダリング元の解像度は2,560×1,400ドットで8Kは大きな違いがあるので、空間分析を用いたAIモデルDLSSを強化した

いくつかのゲームは、DLSSによって60fps以上を実現する

また、GeForce RTX 3090は8Kに対応したAV1ハードウェアデコーダを内蔵しており、CPU使用率を抑えながら60fpsで8K動画を再生することができるとする。 既にGoogle Chrome、YouTube、Windows 10およびMicrosoft Edge、VideoLANがGeForce RTX 3090のAV1デコーダへの対応を表明している。

AV1デコーダの対応

READ  AmazonはKindleを介してどのくらいのデータを収集しているか - GIGAZINE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です