アメリカの俳優ジョージ・クルーニー(59)が、米国ケンタッキー州で黒人女性の部レオナ・テイラー氏が警察に射殺された事件で発砲した警察官が殺人罪で起訴されていないことについて批判声明を発表した。

テイラー氏は、今年の3月に自宅で恋人と就寝中に麻薬捜査のためにドアを破って部屋に足を踏み入れてきた警察官に射殺された。 事件半年が23日に行われた大陪審で、現場で発泡した3人の警察官のうち1人が重過失行為で起訴されたが、残りの2人は不起訴誰がも殺人に問われるのはなかった。

この判決に対してケンタッキー出身クルーニーは「私はケンタッキー州の農場でタバコを刻むことをしていた。両親も妹もケンタッキーに住んでいる。ケンタッキーの家があり、先月にも訪問した。私は信じて学んだ司法制度は、人々に自分の行動に責任を取ったもの。彼女の名前は、部レオナテイラー、彼女は殺人罪で起訴されていない3人の白人警官によってベッドに当たって死亡した。私はケンタッキー州の学校や教会での正しい悪いことが何かを学んだ。この判決を恥じている」とコメントしている。

カリフォルニア州のキャメロン司法長官は、テイラー氏の恋人が先に発砲したことを理由に、3人の警察官の発砲については、「正当な行為だった」との見解を示したが、判決」も白人警察官が無罪になった」と批判の声が高まってており、米国全土で抗議デモが起きている。 クルーニーのほか、オスカー女優ヴィオラ・デイヴィスとシャーリーズセロン人気司会者オプラ・ウィンフリー、加水アリシア・キーズなど多くの芸能人もSNSで抗議の声を高めている。

テイラー氏の事件をめぐり、遺族が今年4月に出した民事訴訟で、最近の警察の発砲で死亡した黒人女性では過去最高の1200万ドル(約13億2000万円)の和解金をルイビル市が遺族に支給するで合意しただけだった。 (ロサンゼルス=千歳香奈子)