FacebookがEpic Gamesに続くApple App Storeの30%の税金を払いのけます| TechCrunch


Facebookは、AppleがApp Store経由で支払うときに徴収する30%の手数料について不平を言う企業の1つとして加わった。

これらの苦情はFacebookで有料オンラインイベントを可能にする新機能(未翻訳記事)についてブログ投稿で明らかに(Facebookブログ)。 Facebookは、困窮している企業を支援するために、少なくとも来年はこれらのイベントの料金を徴収しないと述べている。 つまり、これらの企業は、売上の100%をウェブとAndroidで受け取ることができます。

ただし、App Storeに支払われた料金のため、iOSの対象外であると同社は説明した。 それは驚くほど直接的な表現でAppleを批判した。

私たちはAppleにApp Storeの30%料金を下げるか、Facebook Payを使って苦労している会社のすべての費用をカバーするように頼みました。 残念ながら、Appleは両方の要求を拒否し、SMEは苦労して稼いだ売上の70%しか残しませんでした。 ユーザーが理解しやすくするために、Facebookは料金免除の期間中、すべてのサービスの料金を指定することを決定しました。

上の図は、iOSとAndroidのイベント参加費のお支払い画面です。 Androidは「Facebookは料金を請求しない」と言っており、iOSは「Appleが30%の料金を請求する」と言っています。 Facebookは本日Appleに申請し、このアプリのアップデートにこの変更を含めることを発表し、アップデートが承認されない可能性があると予想しています。

今回のFacebookのアクションは、Epic GamesがApp Storeをバイパスする直接支払い機能を導入したことです。FortniteがApp Storeから削除されました終わってから約24時間。 Epic Gamesは意図的にAppleとの戦いを試みているようです。 まもなくアップル社に対する訴訟の発表それから、アップルの有名なコマーシャル「1984」がパロディーになり、アップルは悪者になり、ビデオはフォートナイトで上映されました。 ちなみに会社はGoogleとAndroidでの同様の戦いそれ

AppleがApp Storeで徴収する30%の料金は長年のルールですが、料金の問題はこの夏に表面化しましたBasecampがサブスクリプションメールアプリ「Hey」をめぐってAppleと公然と対立する(未翻訳記事)後だった。

当時のTechCrunchでのAppleのフィル・シラーこの論争は30%の手数料ルールの再考を促しません(未翻訳の記事)。 彼は、これらの料金は良いアプリ体験を確実にし、「動作しないアプリのダウンロード」を避けるために必要であると述べました。

画像クレジット:Getty Images

オリジナルへ

(翻訳:TechCrunch Japan)

READ  2016年のケヤキの木の丘46渋谷パルコ屋上に巻き込ま未公開カット(動画あり) - ナタリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です