ASCII.jp:Apple Watch Series 6実機レビュー=中年こそ活用したい “健康”時計だった!

ASCII電力の検討
97を通過

新型Watchを2週間使ってみると、バッテリーの持ちもよくわかりました

2020年10月6日13:00に更新

文●写真ジーナ鈴木+編集●ASCII PowerReview軍団


アップルは、スマートウォッチの最新モデル「Apple Watch Series 6」を9月15日に発表し、9月18日から販売開始した。価格は、GPSモデルが4万2800円、GPS + Cellularモデルが5万3800円からである(以下すべて税別)。

同時にGPSモデルを2万9800円、GPS + Cellularモデルを3万4800円で購入可能なエントリーモデル「Apple Watch SE」も発表、発売されているが、何よりも健康が気になる年頃筆者は、被中の酸素を測定可能なSeries 6秒速購入した。

使い始めてから約2週間が経過したため、実際の使い勝手にも果敢徹底レビューをお届けしよう。

アップル “Apple Watch Series 6」4万2800円〜

新しい「ベルト」が魅力!
スペックも当然に進化

Series 6はケースとベルトの組み合わせCellular機能の有無、そしてコラボレーションモデルと多くのラインナップが用意されている。 サイズは40mm / 44mmケースはアルミ/ステンレススチール/チタンバンドは牛ループ/ブレイデッドソロループ/スポーツバンド/スポーツループ/レザー/ステンレススチルガ存在しコラボで「Apple Watch Nike」、「Apple WatchHermès」が販売されている。すべて表示する膨大な量になるため、今回は代表的なモデルを選んで紹介しておこう。

●ケースによる価格の違い
(以下のすべてのホワイトスポーツバンド)
40mmスペースグレーアルミケース(4万2800円)
44mmスペースグレーアルミケース(4万7800円)
40mmのグラファイトステンレススチールケース(7万2800円)
44mmのグラファイトステンレススチールケース(7万7800円)
40mmのスペースブラックチタンケース(8万2800円)
44mmのスペースブラックチタンケース(8万7800円)

●バンドの価格差
(以下すべて40mmスペースグレーアルミケース)
ディープネイビーソロループ(4万2800円)
ディープネイビースポーツバンド(4万2800円)
プラムスポーツループ(4万2800円)
インストルメントパネルスグリーンブレイデッドソロループ(4万7800円)
グラファイトミラノループ(4万7800円)
ピンクシトラス現代バックル(5万3800円)

筆者は、「Apple Watch Series 6(GPS + Cellularモデル) – 44mmブルーアルミケースとアトランティックブルーブレイデッドソロループ」(6万1800円)を購入した。このモデルを選択した理由は、後述する

また、ケースの材質が異なっても、従来のような基本的なスペックは、すべて同じである。 チップは「S6(64ビットデュアルコアプロセッサ搭載)」、「W3無線チップ」、「U1チップ(超広帯域)」を採用。メモリ(RAM)は、非公表のストレージは32GBを搭載している。

画面は1000cd /平方mのLTPO(低温多結晶酸化物)OLED常に表示Retinaディスプレイが採用されており、解像度は40mmモデルが324×394ドット、44mmモデルが368×448ドットである。 表面ガラスは、アルミケースには「Ion-Xガラスディスプレイ “ステンレススチールケースとチタンケースは、「サファイアクリスタルディスプレイ」が採用されている。

本体サイズは、40mmモデルが40×34×10.4mm、44mmモデルが44×38×10.4mm。 重量はケースの材質によって異なりアルミケースが40mm:30.5g / 44mm:36.5g、ステンレススチールケースは40mm:39.7g / 44mm:47.1g、チタニウムケースが40mm:34.6g、44m:41.3gされている。

電源はリチウムイオン電池が内蔵されており、バッテリ駆動時間は最大18時間。 充電時間は、80%まで約1時間、100%まで約1.5時間である。

Series 5から進化を総括すると、プロセッサが「S5」から「S6」にアップグレードされたものとして処理性能が最大20%短縮し、空間認識機能を備えた「U1チップ(超広帯域)」を追加します。そして、血中の酸素濃度センサを搭載し、電力効率が改善された常時計測型高度計が搭載されたことが挙げられる。

本体前面。 これは44mmモデルの表示領域は、977平方ミリメートル。ちなみに40mmモデルの表示領域は、759平方ミリメートルである

血中の酸素濃度センサーを搭載したSeries 6には、4つのLEDクラスターと4つのフォトダイオードで構成された新型センサーを搭載している。 SEは、血中の酸素濃度センサは、搭載されてい

本体上面アルミケースはシルバー、スペースグレー、ゴールド、ブルー、(PRODUCT)REDの5色が用意されている

本体底面ブルーと(PRODUCT)REDは、今回新たにアルミケースに追加された色と

本体右側面には、Digital Crownサイドボタン、マイクが配置されている

本体左側面には、スピーカーが配置されている。開口部は、大きなプールや海で泳ぐことができる50メートルの防水性能を備えている

血中の酸素濃度センサ
肺と心臓が正常に機能しているかどうか知っている!




カテゴリートップへ



この連載記事

READ  「養生テープ」九州での需要の増加」特別警報級台風10号に提供したり、(J-CASTニュース) - Yahoo! ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です