Apple Watch Series 6実機レビュー血中酸素は15秒測定可能(シノ淳也)

「Apple Watch Series 6」と「Apple Watch SE」が明日9月18日に発売されます。 発売前にこの2機種を実際に腕に巻いてテストしてみることができました。 短時間の睡眠のアプリケーションなどは使用できませんが、すぐに第一印象を提供しています。

▲Apple Watch Series 6(左)とApple Watch SE(右)の実機確認

まずSeries 6分で。 Series 4以降のデザインを継承しているので、見て、私の形は変わりませんが、借りたのが新色のブルーのアルミのブラックよりも明るい印象。 しかし、深みのある青、冷静に見えるのでスーツ性向服との相性も良さそうです。 アクセサリーは、貴金属の光を求めて、私は、ステンレス鋼波筆者だが、処理の利点は、アルミニウム勝ちます。

Apple Watch
▲血中酸素濃度の測定に対応したSeries 6
Apple Watch
▲新色のブルーアルミニウム。 ブルーというよりはネイビーに近い色

新たにリリースされたクランプや穴がないバンド “ソロループ」も装着することができました。一見すると、テクスチャのスポーツバンドのそれに近いのですが、グイッとストレッチでバンドが広くなって、腕にフィットします。借りたもののため、サイズが少し小さい締めている感じはありますが、適切なものを選べれば、使用感がよさそう。クランプがないので、見た目がシンプルなうえ着脱も簡単である。外れてしまう心配もなく、スポーツにぴったりとすることができます。

 Apple Watch
▲多ながらビヨーンと伸ばす所ループ
Apple Watch
▲突起の穴がなく、シンプルなデザインである

使ってみすぐ感じたのは、応答が良い。 筆者が普段の2世代前のSeries 4を使用していることもあり、違いがよくわかります。 Series 4も極端に遅いわけではないので、数値にすると出なくなのかの違いしかないかもしれませんが、アプリがシュッ立ち上がり所など細かな部分の操作感がよくなっている感じを受けます。

個人的にはうれしいこと5GHz Wi-Fiをサポートしている点。 家の中で使用すると、iPhoneを充電器に放ったままApple Watchをつけ、他の部屋に行くことができますが、その際、これまでは、2.4GHz帯のWi-Fiのみの接続はできません。 干渉の問題もあって、家のWi-Fiは5GHz化を進めていましたが、Apple Watchが支援したこと今2.4GHz帯は、固定しまっても良いでしょう。 運動の5GHz帯のWi-FiばかりしているオフィスでiPhone側のBluetoothを切ってみたところ、無事接続されている。

Apple Watch
▲5GHz帯のWi-Fiもしっかり接続することができ

Apple Watch Series 6はSeries 5に続いて常時表示のディスプレイを搭載していますが、これが明るくなったのもポイントの一つ。 アクティブ時の黒基調にデザインを変えて、秒針などの動きを止めたりすると、バッテリーの消費を抑えています。 一方、Series 5の場合は、非アクティブな時に画​​面が少し暗いのが難点でした。 Apple Watch Series 6はSeries 5比で約25%の明るさが向上していると言って、実際に屋外でアクティブ時にも文字などが正しく読み取ることができます。

Apple Watch
Apple Watch
▲上記の手首を上げたとき、下がそうでアクティブ。 暗いですが、Series 5の場合よりも容易に見ることができる

時間確認は時計としての基本中の基本であるだけに、これは嬉しい改善とすることができます。 しかし、電池の消耗を減らすために、非アクティブ時の黒基調となることに変わりはありません。 他の色をベースにした文字盤を使用している場合、手首を上げたり押したりしたときにのみ画面が元の色で表示されます。 アナログ時計の感覚とここ違和感を覚えところ。 常時表示機能を使用する場合は、ブラックベースの文字盤を選択するといいでしょう。

Apple Watch
Apple Watch
▲ブラックがベースではない文字盤の場合、色が大きく変わる

Series 6に新たに搭載された「血中の酸素ウェルネス機能」も試みた。 アプリを起動すると、最初に地図が表示されます。 手首から少し離れた位置にしっかりと装着して腕を机の上に置くなど固定した後、15秒間待つ血中酸素を測定することができます。 筆者が測定したとき97%という結果でした。 このアプリケーションは、あくまでも健康のために、医療用などにはないということですが、数値を把握し、健康に気をつけている用途には使用することができます。

Apple Watch
Apple Watch
Apple Watch
Apple Watch
▲最初に起動したとき、血中の酸素濃度の測定方法が表示される
Apple Watch
▲結果は97%で、通常の範囲内であった

次に、Apple Watch SE。 ここでは、機能面よりも2万9800円からという価格で効果的な端末だが、見た目のヨムガウン一切ありません。 ベースとなっているのは、「Apple Watch Series 5」の画面も大きく素材感も同様。 しかし、SEにはステンレススチールモデルがないため、光重視派には適していないと言うことができます。

Apple Watch
▲Apple Watch SE。 廉価版ながらヨムガウン感じられない

残念ながら、時計常時表示できず、手首を上げていない場合、ディスプレイはブラックアウトしてしまいますが、Series 4までしか使用していないユーザーは、違和感のない仕様。 Apple Watchとしての基本機能は、一通り揃っているので導入にはまだ使用していない人でも気軽に持つことができるでしょう。 また、Apple Watch SEはeSIM内蔵で携帯通信に対応しているので、watchOS 7の新機能である「ファミリー共有設定」を使用することができます。家族共有の設定を使用して、子供の子供の携帯電話の代わりにするのもいいようです。あとは、auの料金がもう少し安くなることを期待したいところです。

関連記事:

5分でわかる「Apple Event」整理した。 第4世代のiPad Air&Apple Watch Series 6発表、サブまとめ割Apple Oneも


READ  JR西日本電線2日12000円四国、九州などの3つの3日版「どこにでもドア表」発売 - 乗りもニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です