Apple Watch廉価モデルを15日に発表? S4風デザイン、心電図アプリケーション非対応 – iPhone Mania

リカジョンプロロッサさんがApple Watch廉価モデルしかし、現地時間9月15日に開催されるイベントで発表されているています。 それによると、Apple Watchの廉価モデルはApple Watch Series 4ケースを利用ている可能性があるようです。

ケース径40mmと44mm GPSと携帯電話のモデル

プロロッサさんのApple Watchの廉価モデルのリーク情報は、以下の通りです。 最初のツイートで言及されたケース径42ミリ44ミリの間違いだとプチロッサ氏は修正します。

コードネームケースサイズネットワーク関連情報
N140S40ミリGPS
N140B40ミリ携帯電話
n14244ミリGPS
N142B44ミリ携帯電話

それによると、Apple Watch廉価モデルApple Watchシリーズ4同じデザインで常時点灯ディスプレイ、心電図測定機能非搭載、M9チップを搭載しているということです。

有名リカの有モール有搞措(@ L0vetodream)氏も心電図測定機能を省略したApple Watchが登場する可能性を示唆しているメッセージを投稿しました。

Apple Watch SEというませんか?

Apple Watchの廉価モデルは「Apple Watch SE」という噂もありますが、Appleのハードウェアエンジニアのリストには、そのような表記ではなく、「Apple Watch」「Apple Watch Pro」の2つの名称だけがリストに表記されている場合、プロロッサ氏は伝えています。

iPhone SE(第2世代)の発売日を的中させるなど、Apple製品のリーク情報に関心を集めてきたプロロッサさんだが、WWDC 20予想を外した9月8日プレスリリースの内容に関する予想も削除しました。

出典:Jon Prosser / Twitter
写真:EverhthingApplePro / Twitter
(FT729)

READ  Googleポートナイト訴訟で「Appleとは違う」と距離を置く動き - Engadget日本版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です