[아침의 5 개]仕事始めに読みたい厳選ニュース – Bloomberg

写真:ステファニーレイノルズ/ブルームバーグ

一日を開始する前に、押さえておきたい世界のニュースを毎日お届けします。 ブルームバーグニュースレターに登録してください。

トランプ大統領はこれまで、米国食品医薬品局(FDA)の内部の「ディープ・ステート」のメンバーが、新型コロナウイルスの承認を遅延していると主張し、10月に中にもワクチンの実用化が準備可能性を示唆しています。 ワクチンの関係者に様々な形で圧力をかけてきたが、この日の官民あげホワイトハウスの干渉に対抗する動きを見ることができました。 以下は、一日を開始する押さえておきたい5つのニュース。

圧力に対抗

ワクチン開発競争を繰り広げる製薬9個異例の公開書簡を発表し、政治的圧力に屈する開発ゴーストはしないと約束。 ワクチン候補の承認または緊急使用許可を申請する大規模な臨床試験で安全性と有効性が示された場合に限ると述べた。 関係者によると、FDA役員候補ワクチンの承認基準を定めた6月のの指示を堅持すると明示。 カーン長官は「米国市民が期待する安全性と有効性の高い基準」が達成された場合にのみ、FDAは承認した場合ツイートした。

強制労働に制裁

トランプ政権は、中国当局がイスラムウイグル族を抑圧するように、中国の新疆ウイグル自治区の企業3社の製品の輸入禁止を発表した。 「衣料品の生産に囚人労働と強制労働」を使用しているためだと説明している。米政府は今後、他の6社も禁止の計画。自治区で生産された綿花、繊維製品、トマトなどを制裁対象とする。

電気自動車の行方

ゼネラルモーターズ(GM)は、燃料電池半トラックを開発する米国ニコラの株式20億ドル(約2120億円)相当を取得してニコラが開発中の「バトジャ “エンジニアリングと製造会社と提携した。両社の株価は急成長。一方、テスラ株価は急落。 S&P500種株価指数に採用が保留されたことに加え、GMのニコラ株式取得に下げ幅を拡大した。

従業員の参加を調査

JPモルガンチェイスは、政府の新型コロナウイルス関連の救済基金がお客様に悪用された事例をいくつかの特定のしたと違法が疑われる行為に、従業員が関与した可能性を調査している。 幹部は8日、従業員に送った文書で「支払保証プログラム(PPP)と失業給与、その他の政府プログラムの資金を顧客が悪用した事例」を挙げたいくつかの “社員も不適切だった」と説明した。JPモルガンの原則に反しており、「不法の可能性すらある」との見方を示した。

州内の採決目標

米上院共和党は追加景気対策既存の部屋の中で規模を縮小した法案を本会議採決に備え見込みだ。 上院共和党の法案は5000億-7000億ドル(約53兆-74兆2000億ウォン)規模が予想されている。 共和党が1ヶ月前に提出された法案は、1兆ドル規模であった。 マコネル共和党上院院内総務は「平日にも本会議採決を実施するために、今日中にすぐに動く」と述べた。

他の注目ニュース

新型コロナ、欧州で再び猛威 – フランスで新規感染者数が過去最大更新

アップルが15日、オンラインイベント開催 – 新型「時計」を発表か

英国政府がEU脱退合意の一方的な変更を画策長官は国際法違反を認め

READ  世界の死亡者90万人の米突出インドの増加にとどまらず - 新型コロナ - 時事通信ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です