[스바루 레보구 신형 시승]旧型と他と比較して明らかになった「次元が違う」の走行は…中村孝仁| 応答(Response.jp)

すぐにスバル「レ宝具 “が一新される。 すでに8月20日に先行予約が開始され、10月に発売するプロシージャである。 発売に先立ち、プロトタイプの試乗会が開催された。 番号がないので、もちろん閉鎖プロセス。 今年はコロナの影響で商品の説明もリモートで行われた。

説明の紹介を見ると、やたら「次元が違う」という言葉が使われている。 これは弾の後の感想ですが、確かに矩形に比べて乗り比べてみると、本当に次元が違う。 不快に解釈すれば、その後、これまで何をしていましたか? わけだが、先代があるので、今があるのは、その先代も十分良い車と評価をさせて頂いたが、今回は本当に次元の違う進化を見せた。 これはすばらしいことだ。

「子供のサイトX」の進化

オプション装着されている「渋滞時手オフアシスト」のテストの過程で走行する新型レボ区プロトタイプ
その次元の違いは走行されて表示されているが、今回のJARIテストプロセスを介して行われた試乗会の本当の目的は、新しい子供サイト体感であるため、まずそちらで。

新しい子供サイトは、その名も「子供のサイトX」と呼ばれる。 果たして、既存の子サイトよりも少し高いが、それでもハンズ午後の走行を可能にし、迅速な料金所に見立てた場所に近づくと自動的に速度を落として勝手に走行する他、アクティブレーンチェンジアシストと車線変更も条件のみ整ったら、自動的に実施する。

また、ドライバに異常が生じた場合にそれを検出して、いくつかの段階に分けて、警告を出して、最後には周りに角を知らせながら車を止めるところまでしてくれる。 また、渋滞に柔軟に応じて自動車が停車すると、従来は前の車が出発するとき、ドライバがどのようなアクションで車を出発させなければならなかったが、再発進まで自動的にしてくれて、停車時間が長くなっても再発進を与える。 とにかく便利である。

しかしである。 これらはすべて、現在の道路交通法に基づいて制御が行われる。 だから、例えば料金所で速度をほぼ20km / hまで減速するが、ご存知のように、高速料金所で20km / hまで減速するドライバなどほとんど見ることができないので、実質的なと言われると、そこにはかなりの判断が難しく、場合によっては衝突する可能性もある。

すべての車は自動的にこれらの走行状況を作ってくれれば問題はないが、自動および手動が混在している状況で、完全を望むことはない。 それにもかかわらず、事故を減らそうというスバルの努力は大きく評価しなければならないと考えている。

今までとは次元が異なる走行

スバルレ宝具新型(プロトタイプ)
は、最終的に次元が違う走行についての話。 今回のレ宝具新た新開発1.8リッターエンジンが設定された。 ちなみにエンジンはこれだけ。 さらにリン領域を広げて燃費改善を図っているという。 もちろん性能的な向上も見ることができる。 最も感心したのは、その柔らかさと静粛性であった。

次の骨格は、新しいSGP(スバルグローバルプラットフォーム)を採用し、従来の車両よりもねじり剛性を44%向上させたという。 これ走行に大きく寄与しているのは、後述する。

スバルレ宝具新型(プロトタイプ)
最後はステアリング。 新たに2ピニオンの電動パワーステアリングが採用された。 既存のハンドルで入力とモータアシストが同軸にあったが、このを分離する。 これにより、スムーズな反応と遅延のない受験感を実現しているという。 これも走行を次元が他の舞台に引き上げた原動力だと思う。

走行とは関係ないが、室内には11.6インチのという巨大なディスプレイが搭載されて、どちらかといえば、垂直表示へと変貌した。 ボルボのようなイメージですが、見やすい点で大きな発展である。

レーンチェンジで球状との大きな違い

スバルレ宝具新型(プロトタイプ)
だから、ほとんどすべてのにわたって大きな進化しているのが新しいレ宝具。 そして、その走行を矩形と他と比較してほしいというのが、今回のもう一つのテーマでもある。 試みは、70〜80km / h程度のレーンチェンジ。 そして50R程度の回転および鉄塔スラロームある。

顕著な違いを見せたのは、レーンチェンジ。 アクセルオフで離すと荷重移動する一連の動きの中で最も異なっていた最初のアクセルオフで離す動きだ。 球状でしようとするどのようなスムーズに動くのだが、新型と比較すると、伸縮性がないドル継続的な動きであるのに対し、ニューモデルは、カチッカチッと伸縮性があり、何よりも非常に正確な動きを見せる。 その違い…まさに次元が違う。

骨格が強化された入力をきちっと受け止め新しいソフト2ピニオンステアリングが正確に自動車運転者の意図通りに動いてくれる印象だ。 さて、自動車試験場という特殊な路面であるため、一般道路に直接適用することはできませんが、良い条件とはいえ、ここまで気持ちよくスパッと自動車が動いてくれる感動である。

維持コンセプトでも形が変わった

スバルレ宝具新型(プロトタイプ)
最後に、少しデザイン物語。 先代から何が気に入らなかったかと言えば、サイドウィンドウのグラフィックの下部を走るクロームラインがリアウィンドウの下にバッサリカットされていた。 なぜそのようなデザインがされたか全く分からなかったが、ニューモデルでは、それを適切にサイドウィンドウの下全域に通過するようにさた。 基本的なデザインは、完全に維持概念であるが、これだけで形がたくさん違う。

内外装やメカニズムを大幅に刷新しているにもかかわらず、価格は少しくらいの上昇にとどまるようで、ここでも正直 “なぜもっと早くこう渡しない?」とタックルたくなるほど、今回のレボグウンよくすることができる。

スバルレ宝具新型(プロトタイプ)

■5つ星ホテル
包装:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
電源:★★★★★
フットワーク:★★★★★
おすすめ度:★★★★★

中村孝仁(中村隆人)AJAJ会員
1952年生まれ、4歳でモーターマガジンの紙面を飾る車が好きです。 スーパーカーショップのバイトに開始ノバエンジニアリング見習いメカを経験した後、ドイツの自動車を行った。 1977年にジャーナリズム業界に入って以来、40年間フリーランスジャーナリストとして活動を続けている。 また、現在では、企業の運転講習会社、ショーファーコンセプト代表取締役も務めている。

READ  ★今日の[강추 결산]LIFULL、DCM、ウィルG(9月18日) - 週乗車

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です