[미국 시황]株式の上昇、S&P500は最高値更新 – 技術の高 – Bloomberg

フォトグラファー:Bloomberg / Bloomberg

1日、米国株式市場の上昇、S&P500種指数は最高値を更新した。 在宅勤務時代の勝者銘柄を中心にテクノロジー株が売られた。

  • 米国の株価は上昇、S&P500種は最高更新 – 技術の高
  • 米国債は上昇、10年債利回り0.67%
  • ユーロが対ドル下落、一時の開始から反転
  • NY原油先物は小幅反発、米中の製造業指標が支え
  • NY金先物は小幅続伸、一時2000ドルを上回るも失速

この日は外出制限措置の家で過ごす人のための事業を展開する企業の株価が上昇した。 特にビデオ会議システムを提供するズームビデオコミュニケーションが事故を集めた。 アップルも上昇を続け。

米金融当局が先週緩和を維持する方針を示したものであり、市場での流動性供給への期待が続いている。 また、1日に発表された中国の製造業指標では、世界的な輸出需要が提案、世界経済に明るい希望となった。

フィエラキャピタルのポートフォリオマネジャーであるキャンディ・半山も氏は「現在の大きなテーマは、フォーマットを知らない記録的な技術、株価上昇である」と指摘した。 その上で、「株式市場の環境は非常に重要ですが、マクロの観点から見ると、コロナウイルスをめぐる今後の展開と世界経済の成長に及ぼす影響という面でも多くの不透明要素が存在する」と述べたた。

S&P500種は前日比0.8%上昇した3526.65。 ダウ工業株30種平均は215.61ドル(0.8%)上げて28645.66ドル。 ナスダック総合指数は1.4%上昇した。 米国債市場では10年債利回りは4ベーシスポイント(bp、1bp = 0.01%)低下し0.67%。

外国為替市場では、ユーロがドルに対して下落した。 一時2年ぶり高値に上昇する場面もあったが、逆転した。 欧州中央銀行(ECB)のレーン理事が「ユーロ・ドル為替レートは重要である」と発言したことに反応した。 ドルは小幅高。 米供給管理協会(ISM)の製造業総合景況判断指数2018年以来の高値このことつながる。

ユーロ – ドル為替レートは、0.2%下落したユーロ= 1.1912ドル。 一時0.6%上昇した1.2011ドルで2018年5月以来の高値を記録した。

主要通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグドルスポット指数は0.1%上昇した。 ドルは対円で0.1%上げて1ドル= 105円96前。

ニューヨーク原油先物相場は小幅反発。 米国ISM製造業景況指数が上昇し、中国製品の新しい製造業PMIが11年1月からの高レベルをつけたもので、原油需要の回復が目立っているという見通しが出た。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウエスト・テキサス・インターミディエート(WTI)プレゼント10月物は15セント(0.4%)上昇したバレル42.76ドルで終了。 ロンドンICEのブレント11月物は30セント上がった45.58ドル。

ニューヨーク金先物相場は3日続伸。 昼にオンス当たり2000ドルを再び上回る場面があったが、以降は失速小幅上昇で取引を終えた。 米国ISM製造業指数が強い数字となったことなどを受け、ドル指数が回復代替資産としての金の需要が減少した。

ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月物は0.1%の上昇にオンス当たり1978.90ドル。 一時1.1%上昇した2001.20ドルで中心限月8月19日以来の高値に達した。

原題:株式は、技術をリードする進歩に記録に登る:市場包装(抜粋)

ECBの車線が為替レートが重要であると言いながらユーロ安:G-10の内部

需要反発を指すグローバル経済データに石油上昇

ドルペリン損失に$ 2,000を突破した後、金先物が揺れ

第4段落にコメントを追加して更新し

READ  「シェル」の看板も、最終的に... "エッソ」「モービル」に続き、いよいよ消え「外国」ブランドGS:J-CASTニュース[전체보기]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です