[미국 시황]株価反発、押し目買い優勢 – ドル指数1カ月ぶりの高値 – Bloomberg

一日を開始する前に、押さえておきたい世界のニュースを毎日お届けします。 ブルームバーグニュースレターに登録してください。

22日、米国株式市場が反発。 取引序盤には景気回復の鈍さを示唆している米金融当局者の発言を受けて下げる場面もあったが、このところ低下あった銘柄を中心に押し目買いが入った。 ドルは上昇米国債は小さな動き。

  • 米国株式市場は反発、押し目買いに – ウンヘンジュウン下げ
  • 米国債は、小さな動き、10年債利回り0.67%
  • ドル指数が1カ月ぶりに最高値景気回復への懸念で
  • NY原油は反発株式収録高い – ウイルス境界で上値重い
  • NY金の下落、ギフトは2カ月ぶり安値 – 投資資金がドルに逃避

S&P500種指数は業種別指数のほとんどが上昇した。 特に小売と技術関連銘柄が発売を牽引した。 ナスダック100指数は引き続き上昇。 一方、銀行株の下げがダウジョーンズ工業株平均の上値を抑えた。 パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長が、米国経済の回復には長い道のりが必要である意見を示し、早い時間の相場を圧迫。 シカゴ連銀エバンス総裁は、インフレが「平均2%が開始する前に利上げを開始することができる」と述べた。

  ナイキ一般的に、取引後の時間外取引で急成長。 6-8月に(第1四半期)に黒字転換売上高が予想を大きく上回ったことが好材料として作用した。

S&P500種は前日比1.1%上昇した3315.57。 ダウは140.48ドル(0.5%)上昇した27288.18ドル。 ナスダック総合指数は1.7%上昇した。 ニューヨーク時間午後4時59分現在、米10年債利回りが0.67%とほぼ変わらず。

UBSグループのマークヘフェルト氏は「私たちは、中期的には、株式市場の上昇を見込んでいる。ワクチンの開発に成功公算が大きいほか、米国の選挙をめぐる不確実性の解消、米国の追加金融刺激策成立、世界的な金融緩和政策の継続を見たからだ」と指摘した。 「ただ」より正常な」状態に至るまでの波乱を含むになる」とし「変動の高い状態は、今年続くと予想している」と付け加えた。

外国為替市場ではドルが主要通貨の大半に対して上昇した。 主要10通貨のドルの動きを示すブルームバーグドルスポット指数は約1ヶ月ぶりに最高値を記録した。 米金融当局の見解を材料亜た。

ドル指数は0.5%上昇した。 ドルは対円で0.3%高の1ドル= 104円93前。 ユーロ – ドル為替レートは、0.5%下落したユーロ= 1.1708ドル。

ニューヨーク原油先物相場は反発。 株式市場になり、上昇した新型コロナの拡散と新しいロック(都市封鎖)措置の影響で一段階上昇は限定的なものとみられている。 前日はほぼ2週間ぶりに大きく下落した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウエスト・テキサス・インターミディエート(WTI)プレゼント10月物は前日比29セント(0.7%)高バレル39.60ドルで終了。 ロンドンICEのブレント11月物は28セント上昇し41.72ドル。

金価格は下落。 米景気刺激策の合意ソンリプヌン離れたとの見方が広がったところ、新型コロナの広がりも加わり、投資資金はドルに逃避した。 金の現物価格は、ニューヨーク時間午後2時以降の時点で、前日より0.5%安いオンス当たり1903.40ドル。 このレベルで引ければ7月24日以降の最低値である。

ニューヨーク金先物相場は下落。 ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月物は前日比3ドル(0.2%)安いオンス当たり1907.60ドル。 中心限月は2カ月ぶりの安値で取引を終えた。

原題:売り後ディープバイヤーが登場したことにより、株式の上昇:市場包装(抜粋)

ドル、経済の懸念で1ヶ月の最高値:G-10の内部(抜粋)

ウイルスが需要に応じ雲を作り出しながら原油高に反発(抜粋)

ドルでの需要を削減しながら、2ヶ月の最低金賞受賞(抜粋)

第5段落の後、市場関係者のコメントなどを追加します。 相場を更新します

READ  ガソリン自動車等の販売を禁止する「脱化石燃料」の流れ世界で加速 - ライブドアニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です