[리뷰]薄くても「中本当の “マランツ” NR1711」人気AVアンプは、次世代ゲームも見据え進化 – AV Watch

NR1711

人気のフラットAVアンプは、次世代へと進化

オーディオとホームシアターはまごうことができない「趣味の世界」である。「どのような製品がいいか」と聞いても音質と感じの味は人によって千差万別であるため、最終的には、「実際に使ってみ、あなたが良いと思った商品があなたに良い製品です」と答えしかない。

しかし、このような回答は、特に「これからのオーディオとホームシアターを始めましょう」という人には無意味で無責任なのだろう。 それは中に知っている。 そして前提条件を正しく設定すると、万人に完全とまではいかなくても、「これを選んでおけば間違いない」という製品は、幸いなことに存在し、また、そのような製品を紹介したい筆者はいつも考えている。

AVアンプというジャンルでそのような「ミスのない選択」で一番最初に挙げたいのが、マランツで9月中旬に発売される「NR1711」(113万ウォン)だ。

NR1711に先立って、まず「NR」シリーズの再紹介したい。

2009年に登場したシリーズの初号機「NR1501」は、高さ150mmを超えることが当然のAVアンプの中で高さ105mmというコンパクトなサイズで、さらに7chアンプを搭載するなど、エントリークラスながら船級機能と仕様を妥協せずに実現した画期的なモデルであった。

新しいモデルのNR1711も高105mmと薄型である

NRシリーズ “フラットでありながら本格仕様のAVアンプ」という概念は、徐々にユーザーに浸透して、特に最近では、支持が拡大します。資料によると、2016年に登場した「NR1607」で2019年に登場した「NR1710」は発売後10ヶ月間の出荷量が3倍のNR1710は発売以来、AVアンプすべてのカテゴリでの市場シェアNo 1とする。

また、AVアンプと同等の映像機器との親和性を持ちながら、どこまでもステレオ2chに特化した「NR1200」も昨年の登場以来、高い人気を得ていると聞いた。 いわば「変わったAVアンプ “で始まるNRシリーズは、10年の時を経ての項目で中産階級で「主流」の地位を獲得したということは、かなりの感無量。

以前のモデルのNR1710ユーザーのソース使用量を見ると、「TV」「HEOS(ネットワークオーディオ機能)」が「Blu-ray」を上回り、「Game」が連続。 AVアンプといえば、本格的な環境で映画を見ること= Blu-rayの使用量が圧倒的だということになるようなものだが、NRシリーズの場合は、そうではなかった。 これは、従来の映像ディスクメディアだけでなく、ストリーミングサービスやゲームなど、今日の多様化された映像コンテンツをしっかりと務めているという証拠だとすることができる。

前モデルNR1710のユーザーソースの使用率

また、NR1710は、同価格帯の大型AVアンプに比べると明らかに2chでの利用率が高く、「TV /リビングを中心としたシンプルなシステム」と呼ばれる需要の受け皿にもなっていることがわかる。

前モデルNR1710を2chのスピーカーとして使用している人は23%。 同価格帯の大型AVアンプでは、7%であるため、その差は明らかである

昔は「映像を楽しむならAVアンプ “”音楽を楽しむならピュアオーディオ」のように、コンテンツに合わせて導入する装置を峻別されて感があった。 しかし、最近では「AVアンプで音楽も楽しめる」「ピュアオーディオ映像も楽しむ」という意識の変化がユーザーと製品の両方で見られるようになった(また、 “NR1200」は、そのような変化が端的に感じられる製品である)。

NR1200

ピュアオーディオといっ音楽作成をすることができないことはなく、AVアンプといって、複数本のスピーカーでサラウンドを構築しなければならないわけでもない。 ステレオも良く、環境もいい。 だから大きすぎず邪魔にならない。 いくつかの志向にも応じることができる、AVアンプ特有の多機能性を薄いサイズで実現したことによる対応能力の高さがNRシリーズの大きな特徴とすることができる。

そんなAVアンプ市場での開始位置を設定したNRシリーズの現在の最終進化形が今回ご紹介するNR1711ある。

2chのスピーカーと一緒に音を聞いてみると

「NRシリーズは、2chでの使用も多い」ということで、NR1711の視聴はDALIのトールボーイスピーカー「OBERON 5 “(ペア11万5,000円)と一緒にTVを中心とした2chのシステムで聞いてみた。繰り返しますが、 、充実したインストールガイドのおかげで、初めてシステムを構築するユーザであっても、スピーカーの結線などで支障はないだろう。

DALIのトールボーイスピーカー「OBERON 5 “

NR1711スピーカーターミナル。 色分けされていており、接続時に迷わないように配慮されている

まずHEOSを使用してAmazon Music HDでいくつかの曲の音楽を聞いてみた。 NR1711は、現在まだ数少ないAmazon Music HDに対応した本格的なオーディオ機器である。

RADWINPSが制作したアルバム「天気子complete version」で3曲「グランド脱出」(48kHz / 24bit)を聞いてください。スペースに舞うように配置された音の透明度が高い立体感を生み、さすがフルサイズとすべきかは、この曲の劇中のサイズを超える大規模な展開がストレスなく広がる姿は快感の言葉。ボーカルは、実際の体感と透明感が両立してこの上なく定位も動揺することなくしっとり決定される。聞いて実に爽やかな。

上原ひろみ(「HIROMI」人)のアルバム「ストアライブ」のトラック9「ライフ・ゴーズ・オン “(96kHz / 24bit)でピアノ、ベース、ドラムの3者が強烈な存在感を主張することが妥当様をエネルギー感あふれる描写と、個々の楽器が滲み混ざってしまうことがない。ベースがメインを付けるパートでも重量感と適度な硬質感を持つ低域をしっかりと表現することができる。純粋なアンプとしての実力駆動力の高さも非常に感じられる。

それにしても、CDのリッピングやダウンロード購入して手元に音源を置くことなく、ストリーミングロスレス/高解像度音源を聴くことができるということは、本当に良い時代になったと思います。 決して「自分のライブラリ」の価値を否定することはないが、ロスレス/高解像度音楽ストリーミングサービスの存在のために、多くの人々が「より簡単に、より良い音」の音楽を楽しむことができようになったのは、率直に歓迎する。

また、NR1711は「HEOS」アプリケーションを使用して水中で選曲や再生の操作を行うだけでなく、HDMI入出力を持つAVアンプとしての機能を活用して、再生している音源の情報を画面に大きく反映する楽しみもありますので、うまく活用してたい。

再生中の音源情報を画面に大きく映し出しているところ

映像コンテンツとして、「アジャズ:エンドゲーム」の4K Ultra HD Blu-ray再生します。 他ノースの軍団とただ一人対峙するキャプテン・アメリカに「左から失礼」との通信が到着次々ポータルが開いてきた宇宙でああベンジャ瑞鳳集まっ前面決戦に突入する一連のシーンを視聴した。

今回のシステムは、サブウーファーを使用していない2.0chが「優れたステレオスピーカー」であるOBERON 5はすぐ隣まで音が回る優れた空間表現を聞かせて極大の規模と個別ディテールが同時に描かれる戦闘シーンを見事に音で描く。 可能な場合は視聴位置の後方にスピーカーを置いてサラウンドを実践したら、しかし、優れたステレオシステムは、それだけでも十分に素晴らしい映像体験をもたらす実例である。

また、高域、低域の双方の成長に余裕があるおかげで、戦場で洗い流す鋭い音で大きな破壊音に至るまで満足度は高い。 良い意味で刺激がありながらも神経質な印象に倒れはOBERON 5美点と言えるだろう。

運動のTV、LG「OLED65C9PJA「内蔵スピーカーとも比べてみたが、毎音立つ方法、厚さ、透明度はもちろん、左右だけでなく、上下前後を含む空間の豊かさが全く異なる次元である。

また、念のため、筆者所有のNR1608(NRシリーズの第3世代前のモデル)で同じ設定とコンテンツに含まれてみたが、NR1711との違いは明らかだった。 NR1608に満足していないわけではないにしてもNR1711は、スピーカーから音離脱が良く、空間表現力聴感上のFレンジなどアンプとしての能力が明らかに光沢のあるものが一聴して分かることができる。 機能はもちろん、音質面でも例UHD BD登場以前のエントリクラスのAVアンプでリプレースでも十分に満足できるものである。

Netflixやゲームももっと楽しめる

TVで直接Netflixを使用してeARC接続で何作品か見てみたが、やはりTVのスピーカーとは次元が異なる経験を味わうことができる。 Netflixの音声は、ロッシーニのための多くの作品でBD / UHD BDに比べて音質的に物足りなさを感じてしまう一方、「タイラーレイク – 生命の奪還 – 」や「ウィチャ “など”最初からNetflixで放送することを前提に作られた「作品はその限りではなく、不器用なBD / UHD BDが裸足で逃げほど恐ろしい音が飛び出す場合もある。そのような作品を最大限に楽しむためにも、「TVの音」の強化の重要性を改めて痛感した。

ゲームもプレイしてみよう。 PS4 Proを接続する」The Last of Us Part II」のオープニングシーンを一通りプレイしてみた。こちらも映画のようにすぐそばまでリアルに展開する空間表現と鮮やか効果音がゲームプレイに無尽蔵ない緊張と高揚をもたらした。そして、何よりも印象的だったのがキャラクターの「声」で前作主人公ジョエル(落ち着いた中年男性)が演奏をする場面では、アコースティックギターの素朴な音色とジョエルの厚さの声が生き生きと空間に広がり、大きな感動。

ところが、読者の方にも知っているよう、今年は、PSとXBOXの両陣営で年末次世代ゲーム機が発売される。 筆者を含めて、より進化したゲーム体験を心待ちにしている人も多いだろう。

次世代ゲーム機で一般的に注目されるのは、やはりグラフィック面と思いますが、原因の進化は、映像だけにとどまらない。 たとえばPS5は、「Tempest 3D Audio」と呼ばれる技術を使用して、既存のレベルを超える3Dオーディオを提供し、それをテレビのステレオスピーカーやヘッドホンで楽しむことができるということが強くPRしている。大規模なサラウンドシステムを構築することなく、さらに繊細で迫力あるゲームのサウンドを味わうことができるというわけだ。ゲームのグラフィックだけでなく、サウンドの進化にも注目が集まる(そしてプラットフォーマー自身がそのことを強調している)というのは、「ゲームの “音”の楽しさ・楽しさ」を声高に聞こえるかも筆者としても真嬉しい。

ただし、AV Watchの読者であれば、すでに理解することと思いますが、どのようコンテンツ自体が進化しても、最終的にいくつかの経験を得ることができるかどうかは、再生装置のクオリティに大きく左右されます。 どの「ステレオスピーカーやヘッドフォンでも洗練された迫力のあるゲームのサウンドを楽しむことができる「告げも「どんなスピーカーやヘッドフォンを使用する」ことの重要性が減るわけではないです。

より良い再生環境を整えることは、PS5の3Dオーディオを最大限に楽しむことも直結する。 PS4のタイトルである「The Last of Us Part II」の時点でNR1711とOBERON 5の組み合わせが聞かせてくれ音は愕然するほどの経験をもたらした。このシステムではPS5の3Dオーディオ対応のタイトルを遊ぶより驚か体験を味わうことができるに違いない。

冒頭で「ミスのない選択だ」と書いたが、それは決して妥協とあきらめなど消極的な感情の産物ではありません。 時代に合った製品コンセプトとそれを実現する仕様と機能、および「趣味で使用すること」との本質的な品格を同時になければ間違いない選択になることはない。 そして今日の映像・音楽コンテンツを楽しむためにすぐにNR1711が間違いない選択であることは疑う余地がない。 絶えず続いてきたNRシリーズの歴史と最近のこのシリーズの人気の高さも、その認識を強化している。

コロナ災害において「ステイホーム “が主張されて、長い間、自宅で過ごす時間を豊かで充実させることが、これまで以上に求められている。 その意味では、映像・音楽コンテンツの価値はこれまで以上に高まっており、そこからより大きな喜びを引き出すオーディオとホームシアターも同じだ。 定額ストリーミングサービスの普及にこれまで以上にコンテンツは豊富にされた以外に、時代の要請もある。 オーディオとホームシアターの意識を向けて、もうこれ以上の機会はない。

そして、その時は必ずNR1711の存在も念頭に置いてほしい。 これから始める人を再構築する人の両方に過充電せずにお勧めすることができるAVアンプである。

(協力:ディアンエムホールディングス/マランツ)

READ  「Call of Duty:Warzone「実況者」の転送中 "詐欺師が発覚しTwitchでBAN。 視聴者を煽りながらツールをうっかり露出され、すべてを失う| AUTOMATON

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です