[리뷰]ヤマハ、10年ぶりの新しいデザインAVアンプは、「安藤別個」ゲームも最高の新世代機 – AV Watch

「ああ、何か今までとは違う」と感じた場合、AVアンプに姿勢ですね。 「ピュアオーディオアンプのように “思うあなた、マニアだね。 何かというと、ヤマハの10月中旬に登場する7.2ch AVアンプ「RX-V6A」デザインの話。なんと10年ぶりに姿一新ある。「顔が変わっただけで、「ならあまり面白くない。しかし、顔どころか内容も音も激変している。「AVアンプ同じいけない」は、予感が良い意味で的中、音楽配信の最新ゲーム機まで対応する「新しい時代アンプ」へと進化した。 その一方で価格は65,000円とすることを必要人気モデルである。

4K / 120p映像と次世代ゲーム機も考慮した性能

HDMI端子は、7入力1出力を搭載している。 注目は、HDMI 2.1をサポートしているファームウェアの更新後のサポートとなるが、4K / 120p映像も通過すること。

HDMI端子部

つまり、PlayStation 5のような次世代ゲーム機が登場した場合でも、高解像度+ハイフレームレート映像に対応できるわけだ。 ゲーム機とTVの間に挟むように接続しているAVアンプは、仕様が古い、そこがボトルネックになって、ソース機器(ここでは、ゲーム機)の映像をそのまま見ることができないのである。

「まだPS5持っていない」と見えますが、仕様に「すぐに安価」がされていないことがポイントだ。 末永くお使いにも、最新のフォーマットに対応したRX-V6Aようなアンプを選択すればよい。

解像度とフレームレートだけでなく、HDR映像もファームウェアのアップデートを介して動的HDRのHDR10 +をサポート予定。 ロスレスオーディオとオブジェクトオーディオも転送することができeARCにも対応している。 これらの部分も、最新の仕様である。

別の関心は、HDMI 2.1の新機能である「ALLM(Auto Low Latency Mode)」、「VRR(Variable Refresh Rate)」、「QFT(Quick Frame Transport)」、「QMS(Quick Media Switching)」にもファームウェアのアップグレードに該当するもの。

ALLMは「自動遅延モード」での理想的な遅延の設定を自動的に行う機能。 VRRは「可変リフレッシュレート」での待機時間が重要な厳しいゲームのために、ラグ、スタッターフレーム階層などの機能を低下またはスルーする機能である。 「QMS」のソース機器の切り替え時などに映像がすぐに出力されることで、これは多くの人々が恩恵を機能と言えるだろう。 「QFT」も遅延を減らすだろうが、VRゲームなどを想定したものである。

これらつまり、最新のゲーム機やVRなど組み合わせたときに、画面のブラックアウトと表示の混乱を抑制したり、クイックコンテンツの切り替えを可能にしたり、遅延の減少などを可能にする機能だ。

機能面では、もう一つ地味だが重要な部分がある。 それはHDMI出力端子の電源供給能力が既存の150mAから300mAに強化されたもの。 AV機器に精通している人であれば、データ集約型の高解像度ハイフレームレートの映像をHDMIケーブルで長距離伝送する信号が減衰したり、よく届かない問題が発生することを知っている。

そんな時は、信号を減衰させずに高速転送することができるアクティブケーブルの順番である。 これらのケーブルは、外部電源が必要ですが、このAVアンプにHDMI出力の電源供給能力を高めることで、このような外部電源が必要になるということだ。

例えば、天井に設置したプロジェクターまで10mなどの長いHDMIケーブルを使用する必要がいけない……と言ったときに威力を発揮する。

内部も、まったく新しい音質面でも大きく進化

音声面の仕様もチェックしよう。 6万円台の安価なモデルであるが、デコーダでは、オブジェクトオーディオDolby Atmos、DTS:Xまでサポートする。 Dolby Atmos Height Virtualizerもファームウェアのアップグレードに対応予定であり、ハイトスピーカーを設置していない環境でも高さ方向を含む没入型音場を仮想的に再生することができる。

ヤマハAVアンプの最大の特徴と言える自分の音場創生技術「シネマDSP」ももちろん搭載している。 映画や音楽、TV、ゲームなど、さまざまなソースに最適化された17種類のサラウンドプログラムが利用可能である。 このあたりは、従来モデルで踏襲した魅力と言えるだろう。

シネマDSP音場プログラム「MOVIE」で「Drama」を選択し所

また、V6Aは7.2chアンプなので、内蔵パワーアンプの2ch分をフロントプレゼンススピーカーまたはサラウンドバックスピーカーに割り当て割り当て機能を使用して、実物のプレゼンススピーカーを使った「シネマDSP(3Dモード)」の再生も可能である。

外では見えませんが、内部基板なども激変している。 毎年新製品が登場するAVアンプは、以前のモデルを改良し、改良する進化していくのだが、今回は電源部と内部配線、プリント回路基板のパターンなどの回路設計をすべて刷新した。 つまり「どこ変わった」というレベルではなく、今までのノウハウを利用しながら、最初から再構築」をすべて新しくなった「わけだ。

その時のアンプ回路を再設計。 従来モデルに比べスルーレートをなんと2倍改善している。 これはフラッグシップセパレートアンプ「MX-A5200」と同等のスルーレートである。

高いスルーレートと、信号の追従性が高くなり、特に高解像度のソースなどの高周波を含む音楽信号の再現性が向上する。 しかし、一般的に高いスルーレートアンプで信号伝送が不安定になる。 RX-V6Aは、新しい設計の回路は、高スルーレートも安定した信号伝送を実現したという。

DACは、ヤマハのHi-Fiプリメインアンプとしても使用されている2ch仕様のバーブラウン、384kHz / 32bit DACを4個搭載した豊富な仕様である。 アナログ/デジタル完全分離された電源を採用することにより、SN感に優れた空間表現が可能になった。

アプリ周りも整理された。 初期設定用のアプリケーションで、 “AV Setup Guide」を準備し、機器の接続と機能の設定などをガイドしてくれる。

普段使用しているネットワークの音楽再生」MusicCast」アプリにまとめた。 今まで再生する音楽を選択して再生操作するアプリケーションでAVアンプの設定を変更するには、「AV CONTROLLER」を使用したが、今回はMusicCastアプリでAVアンプの操作・設定変更もできようになった。 2つのアプリケーションを管理する必要がなくなったのは分かりやすく便利である。

ネットワーク音楽再生 “MusicCast」アプリでAVアンプの設定を変更するなどができるようになった

音を聞いてみると

まず基本的に2chの音をCDから確認してみよう。 ヘルゲ・リエンのJAZZ “スパイラルサークル」から「Take Five」を再生します。

初めてドラムを自由に飛び交うが、音が出た瞬間に感じるのは、「キレの良さ」である。 これらの高速の過渡要求される曲は、アンプに響きにくい相手だ。 しかし、シンバルがバシャンと強烈な音がして、スッ音が消える姿が非常に高速で窃盗良く、鮮やかに描写して見える。

低域も分解能が高く、ベース膨張、団子のように固まらずにしっかり描写に見られる。 繊細な音まで聴き取りやすく、それでいて輪郭を強調したような不自然さ、みかんの木はなく、高域には情感豊かな質感も感じることができる。

音楽の味を味わうながら情報量もしっかり耳に入る。 聴いていてとても気持ちの良い音である。

映像ソフトのマルチチャンネルも聞いてみよう。 ノラ・ジョーンズが、ロンドンの名門ジャズクラブ=ロニースコットで行ったライブを収録した「ライブ・アットロニースコット」から「キャリーオン」を再生する。

このジャズクラブは、空間的にそれほど広くないのだが、密度感のある活気に満ちた音がグワトと押し寄せる迫力がRX-V6Aは正常に再生することができる。 「意外に天井が低いんだ」と、実際のライブハウスに入ったかのようなリアルさがある。

だから、ピアノとその奥にあるベースの位置関係など空間の描写は精度ができる。 この音場のリアルな描き方はそこに定位する音像の安定感などは、上位機のAVENTAGEシリーズを彷彿とさせるクオリティだ。

続いてお馴染みの「偉大なショーマン」の先頭。 タップダンスの迫力、コーラスの盛り上がりなどが最も素晴らしいシーンだが、マルチチャンネルのみの周囲で押し寄せてくるような中低域の密度、そして解像度低域の迫力も確認できた。

AVアンプでゲームすると迫力が危険である

外観的にも内部的にもRX-V6Aは、新しい時代のAVアンプである。 音楽CDや映像媒体も良いが、ゲーム機への対応も強化されているので、PS4でゲームしてみるとどんな感じなのか? 上位チャンネルに2つの加えた状態で、シネマDSPの「ENTERTAINMENT」から「Action Game」を選択します。 PS4の「Battlefield V」や「モンスターハンターワールド:アイス本」などをプレイしてみた。

最近のゲームは本物と見紛うほどの映像クオリティであるが、実は音も凄い。 Battlefield Vなどはほとんどのハリウッド実写戦争映画を見ていると思う。 AVアンプでサラウンド再生すると、周囲から突撃する兵士たちの歓声はるか上空で炸裂する高射砲のますますという声一気に戦場に放り出される。

壮大な戦闘空間が広がるのに、それでいて自分の足音に最も近いところで燃えている家の木が「硬く」とぽんと鳴る小さな音もリアルに入ってくる。 この「本物らしさ」が危険である。

耳をかすめ飛ぶ弾丸、手榴弾が飛び出る音、遠くから聞こえる敵兵の断末魔のようなリオルルル過ぎまた、「怖い」テレビ内蔵スピーカーのみすぼらしい音なら鼻歌混じりプレイすることができますが、部屋が戦場にワープしたようなサラウンドと没入も戦うことが恐怖この陰に隠れて体育座りしたくなる。 まるで別のゲームをしているようだ。

これを一度体験してしまうと、「のようなお金を払ってゲームを買って、これは環境で正常に再生しないともったいない」と感じるようになる。

モンハンのような「狩りゲーム」も面白い。 屋外を走る際に、草原を通過風音拠点に戻ってきたときの足元の木の板の音、荷物持ち上げるチェーンキュラキュラは、金属が自分のキャラクター操作に応じてリアルに音場の中を移動していく。 自分の仕事と音像の位置がリアルタイムで連動するため、ある意味では映画よりもリアルである。

巨大モンスターとの戦闘で決定的な打撃をムンク、半泣きに逃げても後ろからモンスターの歓声と足音が近づいてきて凄い。 慣れてくると、音だけで「どの方向から来ている」「どのくらいの距離があるか」が分かる。 したがってモンスターの姿が見えず、音だけを頼りに、攻撃を回避することができるようになる。 なんか腕前も上がったような気が楽しい。

裏面Fire TV Sticを接続

現在のソースとして映像配信サービスも体験しましょう。 アンプの後ろにHDMI入力にAmazonのFire TV Stickを差し込んでAmazon Prime Videoで元刑事ドラマ「ボス」を再生してみた。

元サラウンドで作られた作品なので、広がるBGM明瞭なセリフの定位などの音声クオリティが高い。 連続ドラマであるが、ほとんど映画クオリティである。

カーチェイスと銃弾が飛び交うような華やかな作品はありませんが、重厚なBGMと緊迫したSEがはるかに胸に迫ってくる。 音の響きなどで、そのシーン部屋の広さがどこ知ることができる。 ドラマの世界に没入も高くなるので、一度経験すると、やはりサラウンドで再生しなければもったいない感じ。

スポーツ生放送のDAZNでサッカーチャンピオンズリーグも報告した。 映像は当然だが、音もスタジアムの広さとフランス語構造により音がスッと空に消えていくような感じが伝わってくる。

現在、新型コロナウイルスの影響で無観客試合となり、観客の声援もない。 しかし、盛り上げるための研究として、ゴールしたときなどには、仮想の歓声が挿入されている。 ちょうど実質観客の歓声とは異なり、「ワット!」という声が空間いっぱいに広がらず中央にカーキ割に定位することがわかる。 リアルな叫び声再現という面ではないが、「本当の歓声とこのように違うね」ということが確実知っ面白い。

また、リアルな叫び声が存在せず、「静かな」したもので、選手がボールを蹴ったとき、「ボット」と呼ばれる音と素晴らしい景色が出てきたとき、従業員が「オー」と鳴り響く小さな声が聞きとれるのも楽しい。

映像、音楽、ゲームまで網羅次世代アンプ

AVアンプといえば、どうしても「Blu-ray再生してホームシアターでいっぱいスピーカーをドライブして……」というイメージがありますが、RX-V6Aを使用していると、「もうそんなイメージは古いのだろうか」という思いになる。

過度の良いサウンドは、2chアンプでも高い実力があり、スピーカーが2chしかない環境で使用しても満足度が高いものである。 単体でネットワークミュージックプレーヤーとして使用され、HDMI入力も豊富に備えているので、「音楽ピュアオーディオの再生しながらTVや映像配信の音も豊富に楽しめる新しいアンプ」というのがRX- V6Aの実像に近いものである。

そこに最新のゲーム機に対応する要素も追加される。 いわゆる「巣ごもり」のゲームを楽しむ人も増えていると思いますが、本格的なアンプ+ 2chのスピーカーで再生ゲームの音は、TV内蔵スピーカーと次元を超える迫力で、これは是非一度体験してもらいたい。 また、マルチチャンネルスピーカーがあれば、全身を包み込み、環境と自分の仕事に音像がぐるぐる移動するリアルでゲームの魅力を何倍にも上る。 「映画はあまり見ませんが、ゲーム環境で毎日一生懸命楽しむ “本当に使い方をする人も、このアンプはアリだろう。

「気になるがちょっと予算が……」という人は10月下旬発売の5.2chモデル “RX-V4A」(45,000円)も考慮しよう。 オブジェクトオーディオDolby Atmos、DTS:Xは非対応だが、新しいデザインと4K映像の通過増幅器のスルーレート大幅改善などの進化点はRX-V6Aと同じである。 サウンドはV6Aが「広大な音場ワイドレンジ」であるのに対し、V4Aは「精力的聴い心地よい音」という傾向にある。

5.2chモデル “RX-V4A”

両方のモデルは、スマートフォンやタブレットでの作業も簡単に前面のデザインもシンプルになった。 これまでAVアンプの「とっつきにくいなぁ」とか「なんか課長」と感じていた人も、これを機に「家のエンターテイメントを丸ごと集約すごい音で楽しくアンプ」として注目して欲しい。外観から感じる「新しさ」音も適切に実装した意志新世代アンプです。

(協力:ヤマハ)

READ  内海哲也がついに移籍後初登板。 その実績と埼玉西武に及ぼす波及効果は? - スポーツナビ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です