[리뷰]ジェネレックモニタースピーカーでアニメやゲームを楽しむ。 SAM音響補正激変! – AV Watch

ディレクターによって居住環境が大きく変わったため、新しいオーディオシステムを探すことになった。 それまでは、PCやゲーム、Netflixとdアニメなどの映像サービスもすべて27インチPCモニタ一つこなしていたので、オーディオシステムも小さいことPCモニタの近くに入れると良かった。

しかし、新しい部屋では55インチ4K液晶TV(レッグ)が加わり、PS4などのゲームと映像サービスは、この大型LCD TVを使用することになった。 テレビの薄型ケースに合った内蔵スピーカーは果たして惜しい感じ正確な音で楽しむことも、TVの横に新しいスピーカーが欲しいた。

筆者はGenelec(ジェネレック)のモニタースピーカー「8010A」を2018年頃から使用されている。 最初は8010Aペアのみを使用していたが、そのーの大きさで、音楽を含むマルチの使用は、低音が足りないと感じて1年後にサブウーファー「7040A」を追加している。 結合するDACはRMEの「ADI-2 Pro」(Anniversary Edition)である。

Genelecの8010Aなどのスタジオモニターは、一般的にアクティブスピーカーというアンプをスピーカーに内蔵した製品である。 スピーカーそれぞれに電源が必要ですが、アンプが必要であり、DACの出力ラインと接続すると、利用することができる。 映画のサラウンドフォーマットのデコードはそのままでは難しいが、簡単な2チャンネルであれば、簡単にスタジオ・クオリティの触れられる。

Genelecモニターは映像関係のスタジオで多く採用されており、音楽制作系のスタジオで見ることができる。 新しいスピーカーを購入するにあたり、ADAM Audioスタジオモニターも検討したが、Genelecの室内音響・自動補正システム「SAMシステム」に非常に興味があったので、オーディオシステムを追加する場合は、このSAMシステムに対応したモデルがいいと思い、計画を立てた。

そのような話を編集部にしたが、「買う前に借りて、ホームオーディオで使用する場合にも便利なのか、家でテストしてみてはどうか。ついでにそれ記事にして」と打診があった。 既に購入意思は固めていたが家にインストールしようと初めて知ることもあるだろうということで、賃借して気になった点を確認してみることにした。

Genelecの「8320A」「8020D」のようなデザインですが、SAMシステムに対応している

マイクで室内音響を測定し、自動的に補正するGenelecのSAMシステム

受信した装置は、「8320APM GLM Studio」(実売税込16万5,000円、以下同じ)とサブウーファーが「7360A」(28万2,480円)である。DACにRMEの「ADI-2 DAC FS」(12万8,000円※Stay Homeサポート価格、一般的に、実際の販売に約束16万5,000円)も借りた。 「8320APM GLM Studio」は、メインスピーカー「8320A」と自動補正システムに必要なアダプターとマイクとボリュームコントローラをセットにしたパッケージです。個別に購入するよりも安価であるためSAMシステムを導入すればありがたいセットである。

8320APM GLMスタジオ

サブウーファーの内容は、SAMシステム対応モデルは、最小の「7350A」(16万2,580円)を希望していたが、レンタル機器の在庫の関係でさらに大きな「7360A」がある。

DACは「ADI-2 DAC FS」は、一般的に、実際の販売に約束16万5,000円であるが、Stay Homeサポートに一時的にカットされて、流通の停滞もあり、品薄が続い人気モデルである。

RMEは、スタジオ用機器の多くをカバーするメーカーで、ヘッドフォンアンプに焦点を当てた製品群で、消費者製品も拡充している。 こちらもやはり派手せず、正確性を追求スタジオサウンドだ。 これは、とスタジオモニタースピーカー、PCだけで高解像度対応でスタジオ・クオリティのデスクトップオーディオが完成される。 システム全体のコンパクトさと明瞭・正確なサウンドは非常に大きな魅力である。

個人的には、すでに「ADI-2 Pro AE」を使用しているので、説明は理解しているが、まず、「ADI-2 DAC FS」で提供されるリモコンは便利である(笑)。また、このシリーズの液晶ディスプレイに表示される分析は非常に線形正確なので、音を確認するときに便利です。超重低音がされている25Hzで見ることができるので、各ーの性能検査に便利だった。

借りた機器「8320APM GLM Studio」、「7360A」、「ADI-2 DAC FS “すべてのつなぎ目(DACなどはそのまま床に置いて使用するものではない)。 サブウーファーが大きい……

RMEの「ADI-2 DAC FS」RMEはGenelecスピーカーとセットになったパッケージを発売するなどの相性も申し分ない

番号のルール

ここGenelecの番号規則を復習しておこう。 「スタジオモニター」製品に分類されるGenelecスピーカーの中でも最も簡単な「クラシックスタジオモニター」シリーズは、メインスピーカーが「80xx」サブウーファーは「70xx」という数字になる。

この「クラシックスタジオモニター」シリーズのケースデザインを踏襲しつつSAMシステムに対応することが「SAM小型スタジオモニター」シリーズでは、メインスピーカーが「83xx」サブウーファーが「73xx」となる。 また、Genelecのスピーカーは、ほとんどSAMシステムに対応している。

下2桁の数字は、ウーファーのサイズ(=体の大きさ)で「xx10」はウーファーが3インチ “xx20」4インチ」xx30」5インチ” xx40」が6.5インチ「xx50」が8インチ “xx60」(サブウーファーのみ)が10インチなどである。 また、「xx30」までおの大きさは、すべて同じである。 また、「SAM小型スタジオモニター」シリーズの最小モデルは「8320」、サブウーファーは「7350」で、例えば、「8310」というモデルは存在しない。

筆者がすでに使用している「8010A」は、最も簡単なシリーズの中で最も小さいモデルである。 借りた「8320A」は、SAMシステムに対応しながら、ウーファーのサイズが一回り大きいモデルということだ。

Genelecスタジオモニターの音

個人がGenelecのスタジオモニターを家庭で使用したい場合は、価格や運用面での上に列挙した「クラシックスタジオモニター」シリーズ一つ「SAM小型スタジオモニター」シリーズの現実的な候補になるだろうか。

前述したように、筆者はすでにSAM(システム非対応)」8010A」とサブウーファー「7040A」を愛用しており、その音は、信頼している。 また、受信した「8320A」の音を聞いて確信したが、少なくともケースデザインが共通の2つのシリーズでは、音のキャラクターは一貫している。 体の大きさ(=ーのサイズ)は、それを鳴らす領域の変形であり、聞こえる音のキャラクターは同じだと感じた。 これはスタジオモニターとして「正確な音を出す」という基本にして、最大の目標をどのようなサイズの製品でも実現しようとしているからだろう。

その音に余分なスパイスではなく、非常に正確である。 だからといってドライも分析あまりにず音楽も映像も「コンテンツに集中できる「音である。音楽であれば、その演奏とメロディに映像であれば、その内容に没頭することができる。もちろん、意識的に聴くと「なぜバランス配置したのだろうか?」とマスタリングエンジニアの意図に思いを飛ばすことも可能である。 そこにあるのはGenelecの音ではなく、エンジニアが封入された音である。

何よりも、このような「スタジオサウンド」は、家庭用では良いことではない。 ドラムのスネアスポンジれ収録されている曲は、隠さずにどんどん聞こえるしSEのみ妙な重低音が含まれているアニメーションは、継続中低音に違和感を感じながら鑑賞することになる。

また、リスニングポイントにも厳格に理想的な音で聞くことができるところはほとんどピンポイントがそこを離れると、かなり特性は変化する。 位置決め椅子に座ってリクライニングの位置を移動するなどの小さな配慮が必要である。 スタジオモニターは、「作成するためのツール」として、リビングを賑やかにしたり、不足を補い、滑らか聞かたりするためのツールではなく、本質的にスパルタの背景である。

筆者が使用している「8010A」。 ウーファーは3インチでSAMシステム対応モデルにラインナップされていない最小モデルである

サブウーファー「7040A」。 ウーファーは6.5インチである。 様々な調整はディップスイッチ等で実施

インストール

ところが、家に来たセットをインストールした……しかし、最初に予定よりモデルとなったサブウーファー「7360A」の大きさに驚いた。 高527mm、幅462mm、奥行き365mm、単独で27kgの重さが5畳の部屋に入れると迫力ある。 より大きなスペースを鳴らすために大きさで表示にオーバースペックなのに…

サブウーファーの迫力に恐れ注意、まずサブウーファーを除く「8320A」のみを使用した。 まず、SAMシステムを適用せずに使用した後、SAMシステムによる音響補正を適用して使用した。 最後はサブウーファー「7360A」を追加し、SAMシステムによる音響補正を適用して使用した。

「8320A」単体で聞いてみると

「8320A」単独で聞いて感じたのはーの大きさが「8010A」で一層大きくなっただけなのに、かなりよく低音が出てくるというものである。

筆者が持っている「8010A」の再生周波数帯域は67Hz〜25kHzで3インチというウーファーのサイズで想像できるように、低音はかなり弱い。 スタジオで音や、特定の帯域の楽器だけを設定して確認するために、問題ないかもしれないが、ホームユースで音楽を聴こうとすると、低音はかなりさっぱり印象になる。 一方、「8320A」の再生周波数帯域は55Hz〜25kHzで、筆者の家で視聴ポイントが「8010A」より距離が遠くが聴感は思ったより低音が出ていると感じている。

音楽があまり違和感なく聞くことができ、ゲーム、動画サービスのアニメやYouTubeの動画コンテンツも迫力不足まで感じない印象だ。

Genelecスピーカーは、サイズが違っても、基本的な音のキャラクターは一貫している。 少なくとも筆者が検討している範囲での焦点は、ウーファーのサイズとそこから来る低音のパフォーマンスや容量の余裕程度になる。 筆者は、「8320A」と「8330A」のどちらがいいのか、事前に判断することができなかったが、「8010A」の1つのサイズアップもしっかり低音が出ている」8320A」に十分であると思いながら、この分だと、「8330A 「(45Hz〜23kHz)は、低音が出てくるのだろうか……という予測もなされてしまった。

参考SAMシステムをサポートしていない」8010A」は、属性を手動で調整するディップスイッチが背面に用意されているが、「8320A」にこれらのスイッチは含まれていません。 調整は、SAMシステムを介して行うことが前提となる。

「8320A」とSAMシステムの音響補正

次の試みは「8320A」のSAMシステムによる音響補正である。 SAMシステムについては後述するが、リスニングポイントにスピーカーのレベルと距離による遅延室内音響を補正するイコライザーを自動的に測定・適用することができるシステムである。 サブウーファーを入れた場合、クロスオーバー位相が自動的に調整する。 ソフトウェアで補正前と補正後簡単に切り替える効果の有無を確認することができる。 PCのソフトウェアと管理タスクを実行するが、スピーカー側に情報を保存できるので、測定後、PCと分離運用も可能である。

「8320A」のSAMシステムのキャリブレーションを適用すると、音は激変する。 これは音質やキャラクターの話ではなく、反響音とのバランスの部分。 その意図どおり “別の部屋にされたもの」というのが正しい。

上記の「8320A」は、「かなり低音が出てくる」と感じていたが、補正後は、よく整理された見通しの良い低音た。 これに比べて補正前補完補完と反響して不透明である。 迫力がない、と言い換えることもできますが、それはスタジオモニター迫力を生成するのではなく、正確な音を出す装置である。 決して低音が失われたのではなく、繊細な低音まで鮮明に聞くことができるようになった。

中・高音域も補正後かなり変わった。 ボーカルは明るくなり、前面に出るようになったし、高音域もカチッと実体感、存在感が増した。 補正前の舞台が平面的であるが、補正後の深さが出て立体的になる。 映像コンテンツも特に映画など丁寧に整理された内容は、複雑な効果音や台詞の声がよく分離して、誰もきれいに聞こえるようになる。

「8320A」「7360A」とSAMシステムの音響補正

最後は「8320A」のサブウーファー「7360A」を加えてSAMシステムによる音響補正を適用した環境である。 サブウーファーは、予想よりも大きなモデルを借りとしたり、最終兵器感じの強い形であるが、その声も悪魔最終的に到達地点だった。

SAMシステム対応モデルで最も小さいサブウーファーは「7350A」のウーファーは、8インチの基本再生周波数帯域は22Hz〜100Hzである。 一つ大きく、今回テストした「7360A」は、10インチ、19Hz〜100Hzである。 筆者が持っている「7040A」は6.5インチ、30Hz〜85Hzである。

サブウーファー「7360A」。 ウーファーのサイズは10インチで5畳の部屋の中に巨大な存在感である

前述したように、SAMシステムによる音響補正は非常に強力で、滑らか平坦な特性に可能な限り近接するようになっている。 「7360A」のその外形から一体どんな迫力の重低音がナオヌンジグァ無意識のうちに警戒していたが、元のようなキャラクターは、スタジオモニターの志向点はない。 SAMシステムで補正された環境での不快な反響なく、この大きなサブウーファーあくまでも縁の下の力持ち、ジェントルな会員に徹底している。 悪く言えば、拍子抜けしたとしても良いが、冷静に入っていくと、そこには見落としにくい魅力も隠れている。

30Hz以下の低音になると、もはや耳聞くより「胃の中に聞く」レベルである。 しかし、この領域は、全体のニュアンスに影響を与える重要な調味料とも言えるだろう魅力があるのも事実。 太鼓もウッドベースもシンセサイザー、ドラムとベースも、実際には存在していた「最後の人の作品」のニュアンスが参加するものである。ゲームや映画では、SEと爆発音は聞いたことのない地響きのような音が加わる。

例えばPS4で「デスストランディング」をプレイしたが、頻繁に使用するオドラデコでは、センサを打つ “デューン”音すら地響きのようなニュアンスが少しになる。 ゲームの効果音は、自然界に存在しない手作り音も多いので、これ以外のところに重低音が隠れており、そのような音を発見する楽しみもあった。

Blu-rayアニメ映画も非常に正確なサウンドで楽しむことができる。 サブウーファーは、効果音や爆発音に特に効果がありますが、SAMシステムのキャリブレーションによって目立つことなく、自然のコンテンツに没頭することができ

少し事情が異なるのは、ビデオサービスのTVアニメである。 おそらくテレビ放送用調整すると思いますが、どんなシーンでも重低音領域がきれいにマスクされた作品は多い。 ただ、すべての作品ではなく、調味料として妙な重低音を含んでいる作品もあり、違いがある。 「ADI-2 DAC FS」画面で正確な音の分布を視認することができますが、SAMシステムで補正されたサブウーファーがある環境であれば聞いてもよく、そのような作品に隠れて秘密音響政策もすべて明らかにある。

「ADI-2 DAC FS」画面で正確な音の分布を観測することができる

音が小さいシーンも注目に値するの小さな傷付くことを叩いている太鼓の音も「見られる」と「とても優しいタッチウッドベースを演奏していたのか」と演奏者の繊細な表現を初めて検出することができた曲もある。

SAMシステムにサブウーハーを加えたときに行われるクロスオーバー位相調整効果もかなりすごい。 メインスピーカーとサブウーファーが非常に滑らかに接続されるため、周波数にシステム全体が一つのスピーカーで音のように聞こえる。 サブウーファーの悪い意味での存在感がシステムできれいに全く消えてしまう。

後述するGLMソフトウェアは、音響補正後、サブウーファーバイパスオン・オフも切り替えられる。 バイパスすると、メインスピーカーから低音が再生される。 ここにチェックしていくと、重低音領域だけでなく、低音域全般にサブウーハーが仕事をしているかどうかがわかる。 サブウーファーの電源が入っている場合、明らかに低音域全般に余裕が出てくるほかボーカル領域は宙に浮いたように存在感が出て舞台は、より立体的になる。 無視して「8320A」だけ低〜中音域の分離が、今までよりも曖昧舞台の立体感も後退してしまう印象だ。

補正後サブウーファーの自動補正(AutoCal)全体をそれぞれバイパス可能。 簡単に補正前と補正後を比較される

筆者がSAMシステムをサポートしていない」7040A」を購入して痛感したのは、サブウーファーの位相の手動調整は、アマチュアにはかなりハードルが高い作業とのこと。 もともと「正解の状態 “”目指すべき状態」を経験に持っていないし、見様見真似で調整してみても、聴感上は違和感が残っていて、反響を補正することができないかである。

SAMシステムは、強力で正確であると考えて家庭にもぜひ取り入れていただきたいと思いシステムである。 サブウーファーを導入する予定がある場合は、SAMシステムが絶対的に必要だと感じた。

補正に使用さGLMソフトウェア

(SAM Smart Active Monitor)システムの設置にも言及したい。 このシステムは、室内音響特性をマイクで録音レベル補正や遅延補正、イコライザーを適用して、簡単に正確なモニタリング環境を提供することができるというものである。

「8320APM GLM Studio」は、メインスピーカー「8320A」に加えて、必要なデバイスがセットになっている。具体的には、PCとスピーカーを接続しているデバイス」GLMネットワークアダプタ」専用マイク」8300A校正マイク “マイクホルダー、USBケーブルである。

また、SAMシステムに必須ではありませんが、「GLMネットワークアダプタ」に接続することができ、ボリュームコントローラ「9310AM」もセットになっている。 マイクスタンドは別途用意する必要がある。

金属製でズシリ重いボリュームコントローラについては、今回テストしたRMEの「ADI-2 DAC FS」のようなボリュームコントロール機能があるDACと結合すると、接続していなくてもよい。 また、ボリュームコントローラのケーブルはステレオミニプラグが使用されているが、ボリューム値をアダプタ(経由スピーカー)に転送することで、音楽再生時の信号経路とは無関係である。

「GLMネットワークアダプタ」と、各スピーカーは、LANケーブル(該当するスピーカーに付属)に接続し、キャリブレーションデータをやりとりする。 順番に関係なく、デイジーチェーン(数珠つなぎ)接続だけである。

「8320A」の後ろに。 LANケーブルのデイジーチェーン方式で次のスピーカーに接続する。 設定が終わったら、分離しまっても構わない

補正は、WindowsとMacをサポートするソフトウェア「GLM 3ソフトウェア」を使用する。 GLMはGenelec Loudspeaker Managerの略で、SAMシステムの中核ソフトウェアである。 筆者がテストしたバージョンは3.2.0。 ソフトウェア自体は無料でダウンロードすることができる。 UIは日本語表示に対応していないが、詳細な日本語マニュアルがPDFファイルで提供されている。 スタジオ関係者専用なので、用語も多いが、インストール、および自動補正測定精度であれば、大きな困難もなく理解することができる。

GLM3の日本語マニュアル。 PDFファイルで提供されている

READ  FacebookがEpic Gamesに続くApple App Storeの30%の税金を払いのけます| TechCrunch

補正を開始する前に、接続されているスピーカーのアイコンをグリッドに整列しておおよその位置を再現する。 それグループに登録した後、中央のマイクアイコンをダブルクリックすると、測定と自動分析が開始される。

補正する方法環境は基本的に左右対称(部屋の真ん中に置かれている)環境が予想されている。 しかし、筆者の環境では、右スピーカーのみ壁に「Each symmertical Left-Right pair shares the same equalizer settings」のチェックを解除した。 そうでない場合は、デフォルトの設定をそのままである。

GLMによる室内音響の自動補正。 壁などの部屋左右対称でない場合は、「Each symmertical Left-Right pair shares the same equalizer settings」のチェックを解除すると、

右スピーカーは壁に音響的にタイトな配置である

マイクを使用した自動測定時には、「ン部オ放送茶ピッ」と低音から高音まで一気に出てくるスイープ音が出てくる。 かなり大きなボリュームのために留意する必要がある。 各スピーカー1回ずつスイープ音自体は2秒程度だ。 また、マイクを使用するときに周りを静かにする必要が騒音が大きいと、エラーダイアログボックスが表示さ補正を開始することができません。

サブウーファーをシステムに入れた場合、スイープ音による補正後のクロスオーバー位相を調整するモードに切り替える。 起動すると、「ボーォォォ」とクロスオーバー帯域の低音が出てくる、こちらもかなり音が大きい。 一部の帯域を確認する時間は1分30秒ほどかかる。

サブウーファーをシステムに入れた場合、クロス位相も自動的に調整

補正が終了したら、グラフとパラメータで補正内容が表示される。 キャラクターの変更にここでより選択的にイコライザーを変更することができますが、専門的な知識も必要となるため、今回の試験では、そこまで実施された。

補正が終わった後、スピーカーの設定。 グラフの赤が補正前室内音響、青自動補正して適用したフィルタ、緑が補正後である。 壁の右スピーカーはどの帯域幅も大きく呼応していることがわかる

補正や変更した後、そのデータをスピーカー側保存するかどうかを選択することができる。 電源が自動的にオフに時間と復帰する際の入力感度を変更することができる。 スピーカーの補正データを格納すれば、LANケーブルや「GLMネットワークアダプタ」は、分離して構わない。

いつかはSAMシステムのサブウーファーがほしいと思う

一通り聞いて、サブウーファーを追加して、SAMシステムで補正した環境は、知ってしまったら元に戻すことができない悪魔的な魅力を感じたのが率直な感想だ。 しかし、価格的には、サブウーファーを追加すると、2倍になってしまう。 一度「8320A」は適当に免れながら時期を見て、サブウーファー「7350A」を追加することが当面の計画になるようだ。

メインスピーカーを「8330A」サイズ接続するとサブウーファーの必要性は後退するとみられる。 またはサブウーファーを絶対導入して・できないのであれば、「8330A」を選ぶだろう。

しかし、サブウーファーにしか出せない、20Hz前後の「最後のひと押し」の声を知ってしまった今、メインスピーカーがどのモデルも、結局いつかはサブウーファーが欲しくなってしまうのではないかと感じている。 もしそうなら、今回のような比較的近い距離の配置(一辺1.5mの三角形)は、メインスピーカーは「8320A」は十分ではないかというのが個人的に得た結論である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です