[데라 信良 주간 Electric Zooma!]大きく生まれ変わった「GoPro HERO9 Black “Maxレンズに注目-AV Watch

GoPro HERO9ブラック

進化は止まらず

アクションカメラの先駆者的な存在GoPro。 初期の「小型堅牢して適当に写って損傷の前提」という時代を経てHERO7あたりではありえないレベルの手ブレ補正をウリにして、すでに他の人とは別の次元に向かっていると思う。類似品はまだ多数が既に機能的には敵ではない。真剣勝負を挑んだ競合他社もありますが、人気や地名図面でも考えると、スポーツ撮影ではもはや単独勝利と言ってもいいだろう。

約1年前にHERO8 Blackをレビューしたが、HyperSmooth 2.0ですでに手ブレ補正も完成段階に達しており、これ以上のことがないと考えた。

しかし、今年発売HERO9 Blackはボディ構造も新しく、また一歩進化の道を歩いている。 すでに9月17日から販売を開始し、公式サイトでの価格は54,000円(税込)。 しかし、1年GoProのサブスクリプションサービスに登録すると43,000円(税込)で購入することができる。

ある意味記念すべき1桁の先端、HERO9の完成度をテストしてみましょう。

少し大きくなったボディ

今回GoPro HERO9は写真でパッ見地HERO8と区別がつかないかもしれない。 それだけデザインの好みが同じですが、サイズが一回り大きくなっている。 HERO8が66.3×48.6×28.4mmであったのに対しHERO9は71.0×55.0×33.6mmである。 昔のGoProは防水ハウジングなどのアクセサリーを回避するためにサイズを同じにしていたが、昨今は本体のみで防塵・防滴機能を持たせたので、サイズにこだわる必要がなくなったのだワックス。

デザインが同じなので、あいまいですがHERO8より若干大きくなった

ルックスで最大の違いは、フロントディスプレイがカラー液晶になって、撮り用モニターとして使用できるようにしたところである。 サイズでは1.4インチということになるが、アスペクト比がほぼ正方形である。 したがって、自分が写っているかどうか確認はできますが、16:9の構図を確認するには、やはり背面ディスプレイを見る必要がある。

背面ディスプレイもやや大型の

センサーは、新たに開発しており、画素数などの詳細な仕様が公開されていない。 最大5K(5,184×3,888)を撮影できることから、それ以上の画素数を持つことは間違いないだろう。 写真は、解像度選択メニューがありません動画は解像度に応じて撮影可能な画角とフレームレートが若干異なっている。 関係をリストにまとめておく。

5K動画と静止画のレンズの画角については、次のようになっている。

5K動画:広角

5K動画:リニア

5K動画:リニア+水平

5K動画:狭角

写真:広角

写真:リニア

写真:狭角

また、画質に関するパラメータとして、ビットレートの選択がある。 ビットレートは、「標準」が実測約60Mbps、 “高”が約100Mbps。 しかし、本体メニューで設定することができず、スマートフォン用のアプリで設定する必要がある。

前本体で設定できるProTune項目は、スマートフォンでのみ設定可能となった

背面液晶モニターは、本体のサイズアップに応じて2.27インチで少し大きくなった。 少し前のコンパクトデジタルカメラの液晶モニター程度の大きさになったと考えてもいいだろう。 この程度あれば画角だけでなく、中に何が写っていることを確認することができる。

右側面にはバッテリースロットがある。 蓋がしっかりして熱難しいが、下部の罠に爪をかけて下に引いてロックを解除スタイルだ。 内部には、バッテリスロットとmisroSDカードスロット、USB-C端子がある。 左の意味に構造があり、ここには水抜き穴から特に開いているわけではない。

右側面が唯一のスロット

床はおなじみの折りたたみフィンガーが固定治具を装着することができる。 また、スピーカーは、この縮小指の内側にある。

下部の指を取り出し、固定することができ

今回の主な機能は、Maxレンズモジュールである。 レンズフロントカバーガラスを外しMaxレンズモジュール(直販11,900円/税込)を設定すると、超広角映像です、それをカット収録してZ軸方向の揺れを360度補正することができる。 今は何を意味するか分からないと思いますが、後段でその効果をテストしてみましょう。

別売のMaxレンズモジュール

Maxレンズモジュールを装着したところ

また、変わった点であれば、パッケージである。 今までのGoProはアクリルケースの中にカメラが収まると、ディスプレイ兼用パッケージだったが、HERO9で停止する旅行カバンに入れて販売に変更された。 プラスチックの使用を減らすための努力である。 ケース内部のダイスもリサイクル素材を使用しています。

ケースと一緒に販売されるように変更された

また、進化した手ブレ補正

GoProといえば、HERO7で導入された強力な電子手ブレ補正」HyperSmooth」として知られているところであるが、HERO8でHyperSmooth2.0に進化した。そして、HERO9はまたHyperSmooth3.0に進化している。モードでOFF・ON・Boostの3段階である。

HyperSmooth 3.0は3段階切り替え

今回は、カメラを所持して実行してみた。 OFFでおわかり次第、いくら広角レンズとは言っても走ればそれなりのカメラは揺れる。 しかし、HyperSmooth3.0で画角が10%程度狭くなるが、かなり補正されることがわかる。 しかし、補正範囲の限界が来て、弾丸のような動きが感じられる。 BoostをONにすると、より画角は狭くなりますが、補正範囲の反射せずにスムーズである。

HyperSmooth 3.0モードの比較

加えて、Maxレンズモジュールを付けて、同じ撮影をしようとしたが、補正力はBoostモードとほぼ同じ効果を得ることができた。 利点は、Boostモードより広角状態で同じ補正力があるという点である。

補正力に関しては、自動車の撮影時にも大きな威力を発揮する。 自転車のハンドルにカメラを固定Boostモードで撮影してみたところ、映像でハンドルは動いているが、今後の風景方は動かない。

5K / 30pで撮影した4K / 30pで出力したサンプル

本来ならカメラが固定されているハンドルが画面から動かず、風景のほうが動くだろう。 それはまるで、ハンドルは、他の場所にカメラを固定する映像となっている。 パッみると何もない普通の撮影に見えるだろうが、後ろから動いている技術は、非常に高度なある。

一方、気になったのが、液晶画面の反応行動である。 画面操作しても反応が帰ってくるのがビート遅いのでダブルタッチすると、奇妙なことになったりする場合が散見された。

また、○の付いたボタンは分かりやすいが、文字列をタッチする操作も多く、その文字列のどこボタンになっているかどうかをわかりにくい。 そんなややこしてもいて、本体の操作メニューを減らしスマホアプリ側に完全に移行させた部分もあるかもしれない。

カメラ前面にLCDモニターがありますので、撮りは本体のみで可能になった。 本体の音声収録やや後カレー弱いところもあるが、言い方明瞭さは問題ない。

今後のモニターでハメ撮影は簡単にした

センサーが新しくなっているので、写真撮影の方も試してみましょう。 写真撮影では、出力モードで標準、HDR、SuperPhoto、RAWの4種類が選択できます。 現場は、より日向と日陰のコントラストが高かったが、標準状態でもかなりよく処理することができる。 標準とSuperPhotoであまり差がないところでも、GoProアルゴリズムではあまり触れなくてもよく撮影できるシーンということだ。 RAWに関してはいくらでも遊ぶことができるので、撮るの高さとして評価はありませんが、かなり色味を触ってもRAW撮影すると、十分な容量があることは言うまでもない。

標準

HDR

スーパーフォト

RAW(格子)

前HERO8もテストしたが、写真は夜間撮影のためのプリセットがあります。 今回も撮影しようとしたが、以前のようにカメラをしっかりホールドすると、かなりSN比の良い写真を撮ることができる。 画角を直線的にすると、かなり広角ながら曲線に撮影することもできる。 最近では、なかなか夜の街を徘徊することも嫌うところだが、よく映る散歩カメラは用途もアリだろう。

手持ちで1秒のショット。手ブレに強い被写体が風に揺れるのは仕方ない

手持ちで3秒ショット現場はかなり暗く、明るい色味もよく把握している

手持ちで1秒ショット。静物とブレずに安定した撮影が可能

いくら回しても水平、Maxレンズモード

は、今回のオプションとして販売されているMaxレンズモジュールを使ってみよう。 GoProのレンズカバー部分は以前から破損時の交換のために取り外すことができるようになっている。 とても堅いので、抜けていると考えている人も多いようだが、HERO9は比較的外れやすく設計が変わったようだ。 四角い部分を手で持って、どこでもいいから回転させると、削除することができる。

カバーを取り外すと、インストールラッチが見えるので、この枠に合わせてMaxレンズモジュールを合わせて、90度回すと固定される。

レンズカバーを外し、モジュールを装着する

GoPro背面液晶を上から下にスワイプして設定メニュー内の右下のMaxレンズモードをONに続き、その横の「方向」を締める。 今GoProをどのように傾けても、必ず水平を維持する。

設定画面の「Maxレンズモード」をON方向」をロック

言葉で説明するよりも、動画を見てくださった方が早いだろう。 カメラをどのように動かしても逆さにも絶対に水平に撮影することができますので、カメラ自体のアクションもかなり自由度が高くなる。

まるでハチと蝶の観点から花の周りを飛び回ったり、投げ撮影することができる。 X軸とY軸方向に回転はサポートされていないが、Z軸方向の回転に連動強いので、あえてカメラをZ軸方向に回しながら投げ面白い写真を撮るのだ。

Maxレンズモードで撮影

Maxモードでは、画素数が2.7Kで落ちますが、これは5Kセンサーの中間を使用して360度回転に対応させるためである。 当然中間を切るため画角が狭くなる。 それ予めMaxレンズモジュールで広角に増やしておくものである。 かなりの力の技術であるが、今まで存在しなかった機能である。

前HERO8では、テストしていないスロー撮影にも触れておこう。 本製品は、1080pモードで線形以下の画角は、240pの撮影が可能である。 これ30p再生すると、最大8倍速スローを得ることができる。 音声も収録されているので、通常の再生でスローで編集も可能である。 今回は1080pで8倍速遅いサンプルを掲載しておく。

1080pモードで8倍速スロー

総論

昨今のGoProはHyperSmoothの進化は、私たちが、特にHERO9の利点は、Maxレンズモードである。 HERO9を買うなら、これを使用しなければ意味がないといっても過言ではないだろう。

スポーティな撮影では、ある程度画面がバンクしたほうが迫力はあるが、それとは別のコンテキストでいくら回転させても、必ず水平と呼ばれる機能を利用して、新たな撮影方法と表現方法が生まれたようだ。 アクションツールでデザインツールにジャンプしたのがHERO9大きなポイントだ。

最近のV-Loggerブームも別途オプションを買わなくても、フロントディスプレイでハメできるのも大きなポイントだ。 スマートフォンと組み合わせてLive伝達用カメラとして利用することもできる。

しかし、企業が徐々に音声録音に力を入れてきた比較すると、GoPro本体の集音機能は、最近あまり進化がない。 それを補完するために、外部マイクが付いた「メディアモジュール」が別売されているので、合体して拡張することができるという意味で、使用可能なカメラである。

ただし、メディアモジュールはHERO8時から存在するが、まだ一度も実機テストすることができていないので、良し悪しの評価は保留たい。

とにかくもHERO9でGoProは、もはやアクションカメラではなく、他の段階に突入したことは間違いないようだ。

READ  SEKAI NO OWARIのクリスマスソング「silent」がTBSドラマ主題歌に(コメント数) - 音楽ナタリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です