[구경꾼 미니 리뷰]1万5千円で携帯しやすく、解像度も十分なモバイルディスプレイ〜JAPANNEXT「JN-MD-IPS1010HDR」をしようと – PC Watch

10.1インチパネルを搭載するモバイルディスプレイ」JN-MD-IPS1010HDR「この場合、モバイルノートパソコンも、デュアルディスプレイ

ノートブック、デスクトップPCと比較するとサイズが小さく、使用場所や配置場所を選ばないという利点がある。 しかし、搭載する液晶パネルの大きさが小さいため、20インチ以上のディスプレイと組み合わせて使用​​することができ、多くのデスクトップPCと比較すると見ることはできいまいちでアプリケーションを複数並べて使用することは困難である。

特に小型軽量モバイルノートでは、12型と13.3型パネルを採用したモデルが主流である。 これらの小さな液晶パネルは、個人差はあるとしても、一つのアプリケーションを全画面表示に利用するのが精一杯である。

しかし、今回ご紹介するJAPANNEXTの “JN-MD-IPS1010HDR「同じ」モバイル液晶ディスプレイ」を導入すると、モバイルノートPCのモビリティはそのままに、そのようなパネルサイズの小さいによる作業性低さを補うくれるだろう。

入力端子は、USB Type-CとMini HDMI 2系統

JN-MD-IPS1010HDRは10.1インチ液晶パネルを搭載する小型液晶ディスプレイである。 直販サイトおよびAmazon.co.jpで購入することができ、価格は25,970円。 9月30日までキャンペーン価格で15,970円で販売されており、筆者もこの時期に購入したものだが、10月初め現在もなぜか15,970円で販売されている。

フレームの幅は狭く、サイズ感は10.1インチ液晶を搭載したタブレットに近い。 ただ重さが約260gで非常に軽いので、手のひらに置くと、中身が入っていないタブレットのような感じも受ける。 サポートしている解像度は1,920×1,200ワイサイズの液晶ディスプレイとしてはかなり細かく感がある。

実際に測定してみると259gのおおよそ仕様の数値通りと言っていい

搭載するインタフェースは、USB Type-Cが2ポートとMini HDMI 1ポートの構成そのうちの一つのType-CコネクタとMini HDMIディスプレイの入力端子に、もう一つのType-Cコネクタは、Mini HDMIを使用する際、JN-MD-IPS1010HDRに電源を行うための電源ポートとして利用する。

いくつかの厳しい構成であるが、裏面にはそれぞれのインターフェース機能が含まれているので、間違っていることはないだろう。 DisplayPort Alt Mode対応のType-Cを備えたPCであれば、Type-C同士付属のケーブル1本で接続するだけになる。 HDMIを搭載しているPCとの接続には、付属のHDMI-Mini HDMIケーブルと電源供給用のType-A-Type-Cケーブル2本を接続しましょう。

インターフェースは、Type-Cが2個、Mini HDMI 1個の構成

背面にインターフェース機能が印刷されている

給電用のType-Cコネクタは、電源供給能力が低くDisplayPort Alt Mode対応のType-Cのみの接続では、液晶ディスプレイを使用することができない場合、供給電力を補強する役割として使用することも可能である。 非常に柔軟な構成で、モバイルバッテリーと組み合わせるとゲーム機のディスプレイにも十分利用できる。

電源供給用ケーブルとディスプレイケーブルは適当同梱されている

液晶パネルは、視野角が広く色試みの変化が少ないIPSパネルを採用。 光沢のあるパネル、さらに解像度がフルHDをサポートして蜜柑も高く、デジタル写真や動画は、非常に美しく見ることができた。 設置場所に応じて、蛍光灯などの映り込みが発生する可能性はあるが、角度を調整すると、映り込みを最小限に抑えている。

フルHDのIPSパネルを採用して色の試みは、美しいです。視野角も広い

既存のモバイルLCDディスプレイで大きな進化

ところが、筆者は個人の14〜15インチの液晶ディスプレイが購入しやすくなってきた20年前から、マルチディスプレイ環境を導入している。

IT系の各種展示会やホテルの宿泊崖から地方出張時の携帯ノートパソコンに今回のようなモバイルLCDディスプレイの操作している。果たして24インチLCDを「モバイル」山田祥平氏程度気合が入っていませんが…

現在は、撮影入会時に使用センチュリーの10.1インチLCD “LCD-10169VH」と展示会とホテルに搬入ASUS 15.6インチLCD “MB16AC“を駆使している。これらのモバイルLCDと、今回のJN-MD-IPS1010HDRでどの部分に違いがあるかまた使い方が変わったりリプレースすることができる部分があることをなどについても検証してみよう。

LCD-10169VHは2015年に購入した既存の液晶ディスプレイの解像度は1,366×768である。 当時の10.1インチパネルは、平均的な解像度はあったが、さすがに今使用するには、少し退屈。 特にフルHDに対応したJN-MD-IPS1010HDRと比較すると解像感や映像の美しさは、明らかに低下する。

左がLCD-10169VH、右がJN-MD-IPS1010HDRある。画面のサイズは同じですが、縁のサイズが全然違う

また、重さやサイズ感も違う。 LCD-10169VHにJN-MD-IPS1010HDRを上げてみると、LCD-10169VHの方が一層大きい。 これは、液晶ベゼルの幅が全然違うからである。 重さもLCD-10169VHは約560g(チルトスタンドを含む)であるのに対し、JN-MD-IPS1010HDRは約260gと300gも違う。

厚さもLCD-10169VHが34mmであるのに対し、JN-MD-IPS1010HDRは8.5mmしかない。 JN-MD-IPS1010HDRなら普段持ち歩くバッグにサッと違和感なく収納することができる一方で、LCD-10169VHを入れるのは少し躊躇する。

左がLCD-10169VH、右がJN-MD-IPS1010HDR液晶ディスプレイの進化を感じる部分

LCD-10169VHの映像入力端子はHDMIとミニD-Sub15ピン、VIDEO 3系統ある。 JN-MD-IPS1010HDRは、Type-CとMini HDMI 2系統あるが、現在のPCとモバイル用のゲーム機で考えるならJN-MD-IPS1010HDRの方が執筆に優れている。 また、LCD-10169VHはDisplayPort Alt Modeはサポートしていないため、電源ケーブルの接続は必須だ。

LCD-10169VHは、必ず電源ケーブルを接続しなければなら

映像の精細さ、解像度、サイズ感、機能性など、あらゆる面でLCD-10169VHよりJN-MD-IPS1010HDRのほうが優れている。 これらの以前の世代の携帯電話のディスプレイを使用している場合は、リプレースの価値は十分にある。

大規模なモデルとの比較では、区別が重要

MB16ACは2017年に購入した15.6インチモバイル液晶ディスプレイもDisplayPort Alt Modeに対応した映像入力端子を備えている。 当時は、Type-Cを搭載したモバイルノートPCが徐々に増加しており、デルテクノロジーの「XPS 13」やレノボの「ThinkPad A485」と展示場やホテルで執筆する際に使用した。

画面サイズはMB16AC方がJN-MD-IPS1010HDRよりもはるかに大きい。 15.6インチといえば、一般的な家庭用のA4型ノートパソコンに近い12〜14インチが主流のモバイルノートPCと比較しても、パネルのサイズはかなり大きい。 アプリケーションをウィンドウの状態で使用するにも無理のないサイズ感である。

左がMB16AC、右がJN-MD-IPS1010HDR。サイズ感の違いは明らか

厚さはMB16ACが8mmでJN-MD-IPS1010HDRが8.5mmであるため、ほとんど変わらない

また、解像度は同じフルHDがパネルサイズの違いに応じて、スケーリング設定も違ってくる。 個人的にMB16ACは125%スケーリングが最適であるが、JN-MD-IPS1010HDRは150%の倍率で使用するのが適切だろう。 表示できる情報量はMB16ACのほうが上であり、作業性のみを考えるならMB16ACの方が優れている。

しかし、パネルのサイズが大きいMB16ACはサイズも大きい。 損傷の危険性を考えると、スタンドを兼ねる付属のケースとインナーケースに入れて携帯することになるだろう。 JN-MD-IPS1010HDRよう、普段使用している小さな袋に投げ通うということはできない。

JN-MD-IPS1010HDRは普段使用している小さなバッグにも余裕で入る

重さもMB16ACが780gであるのに対し、JN-MD-IPS1010HDRは約260gと圧倒的に軽い。 モビリティという点で言えば、JN-MD-IPS1010HDRの手が上がる。

このMB16ACとJN-MD-IPS1010HDRの比較では、どちらにも長所と短所がある。 リプレース代わり利用シーンに合わせて使い分けすることがよさそうだ。 ただ個人的には、取材時の荷物はできるだけ軽くしたい。 のいずれかに引っ張りと多少作業性が落ちてもJN-MD-IPS1010HDRを選択したほうが、より総合的に満足することができそうだ。

完成度の高いモバイルディスプレイ

軽くてコンパクトなので持ち運びに便利なうえ、表示性能も高い。 まさしくモバイルノートパソコンと一緒に使用するために生まれたようなモバイル液晶ディスプレイである。 いくつかの苦情には、インタフェースが左側しかないことくらいだろうか。

このインタフェースの配置の場合、ケーブルやコネクタが邪魔になるので、ノートパソコンの右側に置いて難しいからである。 以前のレビューしたレノボ「ThinkVision M14“のようにすべてのType-Cを搭載して、どちらを使ってもいいの構成から見ると、より役立つと考えている。

READ  実際に使って分かったAmazon Echo Show 5便利な6つの方法。 今なら1個無料キャンペーン実施中! | ハイパーガジェット通信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です