[가격 / 크기 / 내장은? ]ベルと高フィル/シャインシトロエンが10/1発売燃費/スペックを説明 – ニュース| AUTOCAR JAPAN

目次

ベルと高カタログモデルを発表
ベルと高外観
ベルと高インテリア
ベルと高ユーティリティ
ベルと高パワートレイン
ベルと高機器
ベルと高価格
ベルと高スペック

ベルと高カタログモデルを発表

text:Wataru Shimizudani(清水谷渉)

8月26日。 グループPSAジャパンはシトロエンベルと高カタログモデルの先行予約を8月27日から開始して、10月1日から正式販売すると発表した。

ベルと高シトロエンのMPV(マルチパーパスヴィクール)である。

シトロエンベルトと高フィル

昨年10月に日本デビュー二度のオンライン予約が5時間半の枠となった人気モデル。 同じグループPSAプジョーで姉妹車リフターが同時期に発売された同様の人気を集めている。

ベルと高銀現在形が3代目。 初代は1996年に発表された小型LAV(レジャーアクティビティビークル)。 2代目は、2008年に発表されたMPV。 そして、現在形は、2018年ジュネーブモーターショーで発表された初代から現在の形まで330万台以上の販売を記録している。

ちなみに、日本では招待を当時のインポートの新西武自動車販売のサンプル輸入したことがあるが、2代目の公式輸入ではない。

カタログモデルとしても人気を集めては必然のベルトと高。 その概略を紹介する。

ベルと高外観

ベルと高のボディサイズは、全長4405×全幅1850×全高1850mm、ホイールベースは2785mm。

長さは同じシトロエンC3エアクロスとC4空間アラの中間のサイズにおける日本車のミドルクラスミニバンのように。

シトロエンベルトと高シャイン
シトロエンベルトと高シャイン

比較的コンパクトなサイズですが、幅はかなり広く、車高も高い。 他のバーキング駐車場は無理だろう。

デザインで前進させたフロントスクリーン短く高く設定されて、フロントエンド、処理を向上させる短いフロントオーバーハングが特徴である。 これらのグループPSAの次世代プラットフォームであるEMP2の採用で実現している。

2段が前の位置ラントとヘッドライト。 そしてフォグランプをラウンドした鼻に配置すると、現在シトロエンのデザインコードにも適用されている。

また、Aピラーをブラックアウト処理してガラス領域のパノラマ感を演出して、実用的とデザインを兼ね備えたエアーバンプも採用されている。

リアドアはスライドドアを採用。 日本の輸入車市場でスライドドアモデルは少ないが、日本の自動車ミニバンは、ほとんどが採用している。 日本市場でのMPVを拡販していくためには、やはりスライドドアの必需品である。

開口部は、広大な狭い場所での乗り降りはスイングドアよりも楽だ。

READ  「半沢直樹」の「倍返し」犯罪スレスレだった? ドラマで話題のシーンを現役銀行が解説 - エキサイトニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です