故障を患っていた鍋島リナ(26 =日本郵政グループ)が復活を印象優勝を占めた。 32分3秒40で松田瑞生前田穂南一山麻ひもと実力者が集まったレースを制した。

最後の1周の鐘が鳴るとき一気に件。 5000メートル付近で4人の集団のデッドロック。 その中の最後の力を集めていた。 一気にギアを入れ替える。 レースで初めて集団の前に出てきたら、そのまま競争を放置した。 猛追する松田から約3秒差で逃げた。 勝負を決定する鋭さは好調時、それだった。

レース後松田で抱擁した。 復活を自分のことのように喜んで松田は、前田と談笑したり、3ショットを求めて多くの写真家が集まった。 センターのレースの主役は「隣が人気だから」と照れ笑いした。

「8月から約1年間、誤りが多くて悩んで1年。確かに戦い。支えてくれるスタッフが温かい言葉をかけてくれて、なんとか心がきりが壊れてはなく、ここまで戻すことができた。」

2回連続の代表に決まっていた昨年の世界選手権大会(ドーハ)は、5000メートル、1万メートルに出場する予定だったが、右脛骨(脛骨)の疲労骨折で辞退を余儀なくされた。 そこから負の連鎖が続く。 昨年秋にも左足の脛骨(脛骨)を痛め、チームは優勝だった全日本実業女性逆転も走ることができなかった。 ヨンチョグァ5月にも左太もも(約)部分に炎症が出た。 17年には、18年と5000メートルの日本選手権を優勝したリーダーも困難な時期が続いていた。

12月に日本選手権(大阪)は、1万mに挑戦する予定だ。 31分25秒0参加標準記録を突破して優勝すると、東京オリンピック代表にかかっている。 「参加標準をブロック体の状態を作りたい。さらに、優勝を持つ来れば最高」の演技がない場合は出場難しかっただろうオリンピック。 その舞台を明確に眺めていた。