重量わずか1.1kgで240Hzと応答速度3ms&IPSパネルポータブルゲームモニター」ROG Strix XG17」レビュー – GIGAZINE



液晶ディスプレイは、概して性能が高ければ重量も重いので、「家で使用する高性能ディスプレイを宿泊施設の親戚の家でも使用したい」と思っても、簡単に持ち運びすることができません。 ASUSから登場した「ROG Strix XG17“は、IPSパネルによる高品質発色レート240Hzの応答速度3msという性能を兼ね備えながら、重量を1.1kgに防いだ”ゲームポータブルモニター」と呼ばれるものなので、実際にその性能を確認してみました。

ROG Strix XG17AHPE | 液晶ディスプレイ| ASUSの日本
https://www.asus.com/jp/Monitors/ROG-Strix-XG17AHPE/

ROG Strix XG17AHPEの外傷はこんな感じ。


内箱は「REPUBLIC OF GAMERS」とASUSのゲーミング部門である「是非」のキャッチコピーが描かれたスタイリッシュなデザイン。


開封。


これROG Strix XG17AHPEです。


ROG Strix XG17AHPEはゲーム用には不思議なポータブルモニター。 正面から見た大きさは、幅39.9cm×高さ25cm。


特筆すべきは、この厚さ。 このうち7800mAhという大容量バッテリーが内蔵されています。


実測値ジャスト1cmと “バッテリーが内蔵されていないモニタより薄い」とするレベル。


重量は実測1086g。


ディスプレイは17.3インチ、リフレッシュレート240hz、応答速度はわずか3msとゲーム仕様。 解像度はフルHD(1920×1080ピクセル)、視野角は178度です。


ディスプレイの下部には、高解像度の音源のステレオスピーカーが内蔵されています。 192kHz / 24bit対応のヘッドセット用DACチップ “ESS9118」も搭載されて、クリアで迫力のあるゲームのサウンドも出力可能。


側面の上部には、電源ボタンなどの操作ボタンが4つ。


下段には、HDMI-Microポート、USB-Cポート×2、ヘッドホン端子があります。


裏面はこんな感じで、右にはROGのロゴが描かれています。 ゲーム装置らしく、まさに光が、実際には光りません。


中央には、モニターアームなどに固定するためのネジ穴があります。


その他の内容は、ACアダプター、USB Type-C→USB Type-A変換アダプタ、DisplayPort over USB-Cケーブル(USB-C to USB-C)、HDMI-Micro to HDMIケーブル、保証書に……


モニターの色の詳細校正レポートです。 校正レポートは、IPSテクノロジーが搭載され、パネルによってsRGB 100%カバーされていることが明記されています。


また、ROG Strix XG17は、画面保護可能なスマートケースが含まれています。


磁石でモニター下部バティック吸着する方法。


スマートケースは、中間にシワがついていて……


接することにより、モニターを自立させることができます。


スマートケース装着時にインストール可能角度の範囲は、このような感じ。 写真左の状態よりも垂直方向に立てたり、写真右の状態よりも斜め傾けたりすると安定していません。


また、スマートケースは縦にも対応しています。


安定感はかなりして大きな衝撃が加わらない限り、揺れません。


スマートケース装着時重量は実測1376g。


持ってみるとこんな感じ。 片手で簡単に移すことができる重量を量る。 ただし、ディスプレイの大きさのためにバランスが崩れやすく、片手で握るやや不安定な感じがありました。


だから、実際に使用しています。 ROG Strix XG17AHPEバッテリー内蔵式なので、電源を接続していなくても使用することができます。


設定項目は、こんな感じ。 基本的には言語が英語になっていますが、「システム」→「Language」→「日本語」を選択して、日本語に設定することができます。


プリセットで色を選択して……


手動で色補正。


明るさとコントラスト、シャープネス、ブルーライト低減機能の調節などの基本的な設定が完備されています。


ゲームモニターだけができるのが「ゲーム」という設定項目。 AMDのFreeSync機能や……


レースとRTS / RPG、FPS、MOBAなど、ゲームのジャンルに最適化された設定を読むことができる機能が搭載されています。


また、「GamePlus」という項目では、ゲーム体験を補助する機能が存在します。 「十字」と呼ばれる機能を選択すると、……


画面の中央に十字が表示されるように。 十字のないようなFPSに便利な機能です。


ディスプレイを左90度から右90度までなめる撮影して、「178番」という広い視野角を試みが次。 モニターの「明るさ」の設定をMAXに設定しています。 確かにかなり急な角度でもGIGAZINEホームページを視認することができますが、斜めから見ると明るさが抑えてしまう様子。

「ROG Strix XG17」の視野角はこんな感じ – YouTube

また、240Hzで、最大3.5時間持続するバッテリーにも連続駆動時間を確認してみました。 100%まで充電し、NASAの公式ライブストリーミングを映し数時間のバッテリーがあるかを調査しています。 設定は明るさだけで100%に、他の基本的な設定、リフレッシュ・レート240Hzです。 映画自体は、時間の経過映画であるため、音声は収録されていないが、実験時の音声出力します。

「ROG Strix XG17」バッテリ駆動時間を調べてみた – YouTube

以上のように、ROG Strix XG17のバッテリ駆動時間は、時計が12時定刻から2時46分まで、すなわち2時間46分でした。

実際に使ってみると手頃な価格の据置型ゲーム画面を超えるスペックはポータブルモニターの枠を染色抜い印象。 ゲームモニターは、TNパネルが主流であるため、「発色がひどい」という問題ががちですが、IPSパネルを使用してリフレッシュレート240Hzでの応答速度3msというゲームの仕様を実現している点も特徴です。 一方、輝度は300nitと謙虚輝度を高く設定は必須公称よりバッテリーの使用時間が多少短く点気になる点でした。


ASUS「ROG Strix XG17」はAmazon.co.jpで6万7430円で購入可能です。

Amazon.co.jp:ASUSポータブルゲームモニターROG STRIX 17.3インチ/ IPS / 3ms / 240Hz /厚さ10mmの軽量/ HDMI / USB Type-C / 7800mAhバッテリー内蔵/ AMD FreeSync™/ Shadow Boost /ブルーライト低減/スピーカー内蔵/ ROG STRIX XG17AHPE:PC・周辺機器


この記事のタイトルとURLをコピー

READ  スマートフォンやタブレットを持ち運びやすい軽量バッグ "Atom X Sling」| ライフハッカー[일본 판]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です