車の中で「アレクサ今日の天気は?「Amazon」Echo Auto」にすることができる – AV Watch

自動車新製品「Amazon Echo Auto」の使用イメージ

Amazonは30日から出荷される自動車用の新製品「Amazon Echo Auto」の説明会をオンラインで開催。 “アレクサ歌をかけて」と言ったとき、騒々しい車内でユーザーの音声を認識工夫や今後の機能強化などについて紹介した。既報距離、価格は4,980円(税込)。

車内で使用することができEchoシリーズ装置。 ユーザーが持っているスマートフォンとEcho Autoがワイヤレスで動作します。 スマートフォンを使用してEcho Autoがインターネットにアクセスする。 その後、「アレクサ」と訴え、運転中のユーザーをサポートする様々な機能を利用することができる。

初期設定などは、スマートフォンのAlexaアプリケーションで実行

シガーソケットまたはUSBポートからの電源。 3.5mmオーディオ出力とBluetooth送信機能を備えており、いずれかのカーオーディオと接続します。 車のスピーカーから音を出す。 車両固定用エアーベントマウント(吹き出し口用アタッチメント)も含んでいる。

外形寸法は47×85×13.28mm(縦×横×厚さ)と水平し薄く、重さは45g。 Android 6.0以上またはiOS 12以上のスマートフォンと連携できる。 しかし、いくつかの非対応のスマートフォンやカーオーディオもあるそうです。

米国では2018年から招待制で販売を開始した。 今年1月にCESで、米国以外の展開も発表され、日本市場に投入される形になる。

室内での使用Echoシリーズだけでなく、「アレクサ」と話しかけると、さまざまな機能を利用することができますが、車内には走行時の騒音やカーオーディオの音、エアコン音等、様々なノイズが存在する。 その中でも、ユーザーの訴えを聞くために、8つのマイクアレイを搭載する。 また、「継続的に(Echo Autoが)教育することで、性能を向上させるだろう」(アマゾンジャパンAlexaインターナショナル総括部分聡氏)という。

アマゾンジャパンAlexaインターナショナル総括部分聡氏

利用シーンのイメージで、2つの動画も公開。 一つは、ビジネスシーンで朝出勤時間に車に乗って「アレクサさようなら」と声をかけると「こんにちは今日も頑張りましょう」とAlexa答え。

天気とニュースを読むだけでなく、今日の予定の確認や「アレクサ山口氏に渡って “と言って、ハンズフリー通話が可能であるシーンを紹介。

Amazon Echo Autoビジネス編

別の動画は休日の活用例。 家族の外出の運転中に「アレクサ山梨県の天気を教えて」、「山梨県のどの地域ですか? “、”富士吉田市」、「現在は晴れ、気温は……」と応対。 子供の機能としては、「アレクサしりとりしよう」や「アレクサピーボウル開い」で絵本を読むのコンテンツを再生することができます。 家のリビングルームで消し忘れの照明を、Alexaに言葉をリモートでOFFにするなど、シーンも含まれている。

Amazon Echo Auto家族編

おおさんはEcho Autoについて「現在は、これまで室内で使ってきたAlexaの車内で使用できるようにしたという段階」と説明した。 その上で、「運転する多くの人々が望むものである機能は、今後追加の実装していく。自動車用品店などの販売チャネルの拡大も積極的に考えて、(販売店などで声がかかる)喜んでお手伝い」と述べた。

一方、現在も3,500以上のAlexaの技術が有効である」室内で使用することを車内で利用することで新たな価値が生まれるのではない部分も期待している」(大木氏)とした。

説明会では、モータジャーナリスト竹岡ケイ氏が自動車業界の動向を解説。 車内で「数」が増加する一方で、それを「どのように操作くれますか」を各自動車メーカーが考え音声操作がトレンドとなっている事や、ナビゲーション機能などを自動車なく、スマートフォンとの連携で実現する「ディスプレイオーディオ」が増えている事などを説明。

また、新型コロナウイルスの影響で公共交通機関の利用を避ける人が増え、中古車販売が好調を見せていること。 在宅勤務時に家に「マイルーム」のない人が車を書斎代わりに新しい要求も生まれているという。

このように、スマートフォンやタブレットPCを車内に持ち込むスタイルが増える中で、「どのような車もほとんど最新の車のような接続が可能であり、音声でさまざまな機能を制御することができ、価格も安い」した点は、Echo Autoの特徴と解説自分がEcho Autoを使った感想として「Alexaとドライブしているような気分に使用した」と魅力を語った。

モータージャーナリスト竹岡ケイさん

READ  ヤマハ初の「自動車用ヤマハブランドのオーディオ」を採用。アクセル操作に応じて、「加速サウンド技術」搭載 - Car Watch

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です