象のような牙、亀のようなくちばしが冬眠して生き残るための2億5000万歳の生き物、研究結果

2億5000万年前にゾウのような牙と「亀のようなくちばし」で暮らしていた生き物は、生き残るために冬眠する最も古い既知の生き物であると、新たに発表された研究が発見しました。

科学雑誌に掲載された研究 コミュニケーション生物学、リストロサウルスは化石化した証拠に基づいて、代謝を遅らせることができ、トルポー(冬眠)の状態を通過したと指摘しています。

「極またはその近くに住んでいる動物は、常にそこに存在するより極端な環境に対処しなければなりませんでした」と研究の主執筆者であるMegan Whitneyは述べています。 ステートメント。 「これらの予備調査結果は、冬眠のような状態になることは比較的新しいタイプの適応ではないことを示しています。それは古代のものです。」

拷問状態のリストロサウルスの生命回復。 (クレジット:Crystal Shin)

240M歳の「メガプレデター」は、胃に12フィートの爬虫類がいた

研究者たちは南極大陸の6つのリストロサウルスと南アフリカの4つのリストロサウルスの断面を見て、それらを比較しました。 象牙質にも同様の成長パターンが見られたが、南極大陸の成長パターンには「間隔が狭く太い輪」があり、これはストレスが長引いたためだと研究者たちは考えている。

「南極リストロサウルスの牙で観察された「ストレスマーク」に最も近いアナログは、特定の現代動物の冬眠に関連する歯のストレスマークです」とホイットニーは付け加えました。

リストロサウルスは長さ8フィートまで成長する可能性があり、この属は約2億5200万年前の地球最大の大量絶滅イベントを生き残ることができました。 報告されたLiveScience

8フィートの海の漁師が5億年前に海を泳ぎ、獲物を捕まえるために大規模な爪を持っていた

南極のリストロサウルスに見られるストレスマークは別のタイプの魚雷によるものである可能性があるため、研究者は100%リストロサウルスが真の冬眠を必要としたとは限らない。

しかし、彼らの発見を考えると、研究者たちはリストロサウルスは温血であり、しばらくの間シャットダウンしたと信じています。

「冷血な動物はしばしば厳しい季節に完全に代謝を停止するが、冬眠する多くの吸熱性または「温血」の動物は頻繁に冬眠期間中に代謝を再活性化する」とホイットニーは説明した。 「南極のリストロサウルスの牙で観察したことは、ストレスの期間中の小さな代謝の「再活性化イベント」のパターンに適合します。これは、今日の温血冬眠症で見られるものと最も類似しています。」

FOX NEWSアプリを入手するには、ここをクリックしてください

READ  科学者たちは友人の体を「交換」し、彼らも性格を交換することを発見する/ Boing Boing

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です