話題株ピックアップ[석간](1):島忠竹内製作所、パーマF | 注目株 – 株探ニュース

島忠 <日足> 「主乗車」の多機能チャートより

■島忠8184> 4,190円 +670 円形(+ 19.0%)今日の終値東京証券取引所第1部の上昇率上位
島忠8184>が急騰。 先週末の2日取引終了後DCMホールディングス3050>が島忠についてTOBを実施し、完全子会社化を目指し発表、これは株価を強く刺激する格好となった。 買収金額は最大1600億円程度、TOB価格は一株当たり4200円で、今日の値幅制限の上限4220円とほぼ同水準である。 買い取り期間は本日から11月16日まで。 また、今日はDCMも買いの展開されている。

■竹内製作所 <6432> 2,333円+296 円形(+ 14.5%)今日の終値東京証券取引所第1部上昇率3位
竹内製作所 <6432>が、先週末の2日の取引終了後、21年第2四半期連結業績予想について売上を935億円で1019億円(前期比12.1%減)、営業利益を84億円で111億円(同12.2%減)に、純利益61億5000万ウォンから80億円(前年比12.0%減)に上方修正したことが好材料として作用した。 前年同期に比べて大きく低下すると予想した第2四半期の落ち込みが予想よりも浅く底して回復に転じていることに加えて、ポンドとユーロの為替レートを前提より円安に推移したことも追い風になったとする。 また、出荷の減少に伴う運搬費削減にも貢献する。

■古野電気 <6814> 1,098円+118 円形(+ 12.0%)一時上値 今日の終値東京証券取引所第1部上昇率6位
古野電気 <6814>が一時上値。 先週末の2日取引終了後の集計されている第2四半期累計(3〜8月)の連結業績について、売上高が390億円で392億円(前年同期比8.9%減)、営業利益は8億円から16億円(同30.3%の減少)に、純利益が6億円から15億円(前年比31.4%減)に、上記振動して着地したようだと発表したことが好感された。 売上高は、概ね計画通りだったが、主力の海洋事業では比較的利益率の高い上、製品の売上高が伸びたことが利益の増加に貢献した。 また、「GIGAスクール構想」を背景に、無線LANハンディターミナル事業の売上高は、特に8月末まで予想より増加したこともプラスに作用した。

■製薬食品 <2929> 1,863円+189 円形(+ 11.3%)今日の終値
製薬、食品 <2929>が後場いったん高となり、年初来高値を更新した。 会社は今日グループの通信販売事業で定期顧客件数が50万件を突破したと発表し、この事故の手掛かりになったようだ。 同社は8月からテレビCMやインターネット上の広告を史上最大規模で実施しており、これを契機に、定期顧客件数の増加が加速した。 内訳は、自社で扱う健康食品や育毛剤が約41万件、グループ会社が扱う化粧品などが約9万件ある。

■クラブ寿司 <2695> 6,100円+390 円形(+ 6.8%)本日終値
クラブ寿司 <2695>この反発。 先週末の2日取引終了後に発表した9月度の月次売上高で既存店売上高が前年同月比7.9%増、7ヶ月ぶりに前年実績を上回ったことが好材料として作用した。 前年に比べて休日1日少ない影響はあったが、人気アニメ「鬼滅の日」とのコラボキャンペーンが大きく寄与して客単価が同11.0%増加したが売上高を押し上げた。 また、顧客数は2.9%減少した。

■ネック <3186> 1,235円+74 円形(+ 6.4%)本日終値
ネック <3186>が上値追い加速した。 1100〜1200円のもみ合いを上抜けてきた。 同社は、中古車の大手で車種別専門店を展開している。 新型コロナウイルス感染拡大に伴う影響を受けていたが、今になって業績回復の足にある。 この会社は、先週末2日取引終了後に発表した20年11月期第3四半期(12〜8月)の決算は、営業利益が前年同期比24%減の37億1200万円だったが、年間計画の30億円をすでに大きく超過した。 これ材料視形で投資資金の流入をかもし出した。 会社の株式は、信用の努力も大きく売り長さで、最近の信用倍率は0.46倍で、株式需給面でも空売りの買い戻しを誘発しやすい。

■電位 <3836> 1,121円+63 円形(+ 6.0%)本日終値
アバント <3836>は急成長一時9%上昇した1154円まで売られ、シーンがあった。 会社主に1200円の線が強力な節がある。 1月21日に1198円の最高値を記録したが、その後、コロナ流行に下値を探る展開を余儀なくされ、6月上旬には1190円までV字型に株価を回復させたが、そこで戻って売りを受けて調整局面を免れなかった。 今回は1000円を下限とするボックス圏もみ合いを経て再び浮上しており、縁場となっている1200円を突破することができるか注目される。 接続管理・会計ソフトウェアの開発とライセンス販売を担当し、損益計算書などの作成支援ソフトウェアの需要を伸ばしている。 収入成長動力は断然あり、16年第2四半期以降、20年第2四半期までの5四半期連続の売上高の増加、二桁の収益が増加している。 タブーは増加率こそ鈍化すると売上高の成長を維持する見込みである。

■電子ガーディアン <6050> 3,385円+160 円形(+ 5.0%)本日終値
李ガーディアン <6050>13週移動平均線を支持線で再浮上一時165円上昇した3390円まで売られるなど上値指向を強めている。 AIを活用した記事監視(インターネットパトロール)のほか、広告審査代行及び運営支援などを展開する。 新型コロナウイルス感染が境界されている環境では動画配信市場の拡大が目立っており、連れて動画投稿監視のニーズも高まっている。 そのような中で、同社は、ビデオ監視特化型AIと人間の肉眼による質の高いサービス、この需要を把握している。 会社側でも「私たちは、成長市場に焦点を当てた経営戦略を重視しており、その意味での動画の投稿監視は有力な対象になっている」と主力態勢を見せている。

■島村 <8227> 10,520円+370 円形(+ 3.7%)本日終値
しまむら <8227>この反発。 SMBC日興証券が2日付で、投資評価を「3」から「2」に、目標株価を8300円で1万1000円で、それぞれ引き上げたことが好材料視されたようだ。 同証券は、21年第2四半期入っ郊外単独路面店のために追い風(密回避、自動車来店)の売上回復と購入金額抑制、QR強化を通じた割引ロスの減少(過剰供給とMDの分離による在庫処分の減少) 、個人ブランド打ち出し等による商品力、販売力の強化などに実績が急速に回復している点に注目した。 21年第2四半期の前半に割引抑制はほぼ健全化して販管費の抑制にも割引の減少、在庫適正化による残業の減少などに起因している割合が大きいと指摘した。 2年目の改善は、既存店売上高伸びが続いするかしながらも、21年第2四半期の営業利益予想を241億円から354億円で、22年第2四半期を同255億円から393億円に引き上げている。

■ユーグレナ <2931> 882円+29円形(+ 3.4%)本日終値
ユーグレナ <2931>この反発。 午前10時ごろ、同社が推進バイオジェット燃料事業と燃料用微細藻類の研究開発が新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の公募事業「バイオジェット燃料の生産技術開発事業/実証を通じたサプライチェーンモデルの構築、微細藻類基盤技術開発」に採択された発表し、これが好感三された。今回の採用により、バイオ燃料の製造実証プラントの運転コストと商用化のためのビジネス検討の費用、燃料用微細藻類の培養に関する実証設備投資、または運転コストなどについて補助金の支援を受け予定である。今後25年のバイオ燃料生産の商業プラントの稼働開始に向けて、原料調達から燃料製造技術、燃料供給まで一貫したサプライチェーンの整備と燃料用原料として微細藻類の生産の技術の確立を加速している。

株探ニュース

READ  [미국 시황]株式は上昇を続け、取引狩り優勢 - ドル指数は週間ベースで上昇 - Bloomberg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です