“詐欺です」と橋本徹氏のツイートに批判会議の問題で誤った情報を拡散:東京新聞TOKYO Web

日本の学術会議のが推薦された候補者6人の任命を菅義ウェイ首相が拒否した問題をめぐり学術会議のの誤った情報が有名人やジャーナリストたちによって次々とインターネットやTVを介して開始されて、まるで事実のように捕まって拡散している。 専門家は「発信者側が正確な情報を事実に基づいて発信するように努力し、受信側も真偽を判別する力を育てていく必要がある」と指摘する。 (望月服塑子)

10月6日橋本徹氏のツイート

◆「税金投入されていないようだ」

約262万人のフォロワーを持つ元大阪市場橋本徹氏は、10月6日午前ツイッターに “学者が頻繁に口に米国と英国両国の学者団体に税金は投入されないようにある。学問の自由と独立を叫ぶ前にまずグムミョンで自立しなさい。年1500円程度の会費で、今の予算は確保することができる」などとつぶやいた。

このつぶやきインターネットで拡散し、15日午後3時半現在、2405個のリツイート、8424個の号が押されている。 「橋本徹氏に全く同意します。良いこと言うんだ!」 「すごいさすが橋本さん」と賛同が寄せられた。

◆米国、英国も公的資金を投入

しかしハクスルフェグァ米国の資料によると、米国では1997年の時点で、科学者団体「全米科学アカデミー」の年間運営費は2億ドル(約210億円)で、そのうち80%が連邦政府との契約形態で公的資金が投入されている。 具体的には、政府から要求されたプロジェクトを実行して中立的かつ客観的行政レビューを書くと返信などを実施している。

2017年時点では、運用コストは3億ドル(約315億円)を超えたとされて故障の発表はしていないが、学術会議によると、米国アカデミーに税金の投入量は、さらに増加し​​ていることを報告することができているという。

英国の王立協会が2013年4月〜2014年3月、1年の所得7060万ポンド(97億ウォン)のうち67%の4710万ポンド(約65億円)が公的資金で支出されたている。 優れた研究者や研究機関のためのサポートに加えて、海外との国際研究機関との協力・連携、政府に助言、市民の公共的問題への関心を高める試みがなされている。

◆「説明不足だった」

橋本氏のツイッターのコメントは徐々にこれらの事実関係を示す日本人研究者のつぶやき」詐欺」「米国の実状はそうなっている……」などの反応を問うようになった。

橋本氏は、発信から6日後の12日午前6日のつぶやきを引用する形で「これは説明が不足している。米国や英国では、日本のように税金で学者団体を丸抱えているわけではない学者団体での作業を注文して税金を投入する」などのツイートた。

「説明不足だった」と10月12日橋本徹氏のツイート

橋本さんに6日のつぶやきの根拠などをおいたが、橋本氏の事務所は「現在の一般市民の身分であるため、無料でインタビューに応じていない」と答えた。

◆年金250万円受け取ることができ?

5日昼フジTVの情報番組「バイキングMORE」では国の選任解説委員の平井文夫氏が「欧米はすべて民間日本だけ税金にしている」とし「民営化して、自分の会費を支払っ提言すればいいですか。これは、この人々6年ここで働いていれば、その後学士院と呼ばれ言って、年間250万円の年金受けるんですよ。死ぬまであなたの税金で。そういうルールがあるのです」と発言した。

しかし、日本学士院の担当者は、「日本学術会議のメンバーとOBがアカデミー会員になるルールはない。選挙はアカデミー選定規則に従って年に一度の候補者の推薦を募集すると公示して総会でソンチュルルル経選定」と説明した。 「候補者は、大学の学長や研究機関の長、アカデミー会員、学術会議の会員3つで、候補者の所属団体は取り上げていない」と述べた。

学士院会員は定員150人で、現在は130人。 現在学術会議の会員は、梶田隆章会議の会場だけで学術会議の会員でなくても、アカデミー会員になる人もたくさんいるという。

アカデミーの担当者は「平井氏の発言がTVに出てから、市民の不満電話も驚いた。発信者は、しっかりとした事実を確認し、発信してほしい」と話した。

◆「放送を訂正」と謝罪

フジTVは6日昼放送でアナウンサーが「昨日の放送内容の追加と変更がある」とし「学術会議のすべてのメンバーがアカデミーの会員になって、年間250万円の年金を受け取ることができ、同じミス印象を与えるでしょう。 」と謝罪したが、「欧米はすべて民間日本だけ税金としている」という事実と異なる発言に対する言及はなかった。

日本の学術会議の

日本の学術会議の

Twitterに約3万7千人の信者がいる平井氏は、問題となった発言をした日の直前に「今日も「バイキングMORE」です。タイトルは、日本学術会議の任命の問題。しかし、既得権を奪われる人々の抵抗とものすごくまあ、私たちの税金であるからである。とっとと民営化したいのです」とつぶやいた。 15日午後9時現在、今後の更新プログラムではなく、発言の訂正や謝罪は行われていない。

平井氏の発言の根拠となった情報と平井氏の見解を求めたが、フジTV広報室は「6日の放送で伝えたとおり取材の詳細については、回答をしていません」と答えた。

これらの不正確な情報が発信されていることについて、学術会議の担当者は、「誤った情報がインターネットにあふれ抗議と不満電話が市民からきて、メディアの問い合わせが来てて対応に追われる発信者側自分が知っている情報が事実で基づくかどうかを発信する前に確認してほしい」と語った。

◆「発信者の態度を確認する必要がある “

NPO法人「事実確認イニシアチブ」理事立岩陽一郎氏は「メディア活動に従事する人々が事実に基づいて発信を心がけは当然メディアはあくまでも事実に基づい冷静な発信を心がけ報道をする必要がある」と述べた。

また、「影響力のある人々の発言の事実確認を絶えずしていく仕組みづくりが重要である」とし「市民は、発信者が根拠を示しているかどうかのミスを指摘されたとき、その事実を明示した後、リンゴなど誠実に対応しているかどうかなど、発信者の態度を判別していく必要がある」と述べた。

さらに、今回の学術問題については、「会議の公的資金の投入するかどうかではなく、首相が会議のが推薦された6人の任命を拒否したという点だ」と指摘した。

「橋本さんは「自立しろ」としているが、米国法人が寄付すれば、かなりの減税措置を受けることができ、洗剤になって、完全に日本と違う。米国科学アカデミーなどは用途が義務付けない巨額の寄付を受けて運営することができる構造がている。単に「自立しろ」と言う前に、科学者の育てるために、日本の税制の見直しを含めた知的財産権との議論が必要ではないか」と提案した。


READ  翔猿2敗固守 "ドキドキ" 106年ぶり新入幕V前進 - 相撲:日刊スポーツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です