角田裕毅「避けられない状況で接触した」/ F2 7戦レース2[F1-Gate.com]

ホンダF1の育成ドライバーである角田裕毅はFIA-F2選手権第7戦レース2を買いによって9位レース2を完了

FIA-F2選手権第7戦レース2スパフランコルシャンサーキットで行われた。 前日のレース1で優勝した賀来裕毅は逆格子によって4番目、8番目から開始します。

午前11時10分、温度13℃の条件でレースが始まった。 開始後、第1コーナーで行き場を失った角田はアウトサイドコースの外に抜け出し事故を避けるしかない状況だ。 そのケメルストレートは背後を突かれポジションを11番目に落ちた。 その前の第7コーナーで前の車との接触。 また、ポジションを落とし、1回目の12番目に終えた。 混乱1回目は、他の事故も発生した安全自動車が導入される。

3回目安全自動車が解除されたレースが再開されるが、すぐにまた事故が起き、再安全自動車導入された。 この事故により閣は10番目に位置を上げている。

6回目のレースが再開されると、アクセスした集団角田は上位を狙う。 9週目に9番目、13週目に8回目、14週目に7番目と柔軟を通過してポジションを上げた。 レース終盤、タイヤが難しくながらも速度を維持7番目に仕上げますが、他の車との接触に5秒加算のペナルティが課せられ、角田は9位にとどまった。

レース2はノーポイントに終わったが、7戦では、予選ポイントとレース1優勝で29ポイントを獲得し、シリーズランキングは3位を占めた。

角田裕毅(9位)
「スタートはただよくしたが、外部だったので、1コーナーで押されるのは仕方ないと思いました。それで、その直線でスリップ聞こえた並べることにポジションを落としてしまいました。第7コーナーで前にコースオフしたマシンが戻ってきて、このように、以前のコンピュータが突然ブレーキを避けることができない状況で接触してしまいました。試合後合ってしまったドライバーがチームに「自分が突然ブレーキをしたため、雪も避けられないしたと思う」と言いに来てくれて、そこに感謝しています。避けられない状況だったので、ペナルティは少し厳しい財政という考えはあります。その速度はよく前を抜くことができました。7番目に終わっただけに残念レースでした。今回のベルギーではポールポジションレース1の優勝でポイントを重ねランキング3位を占めしたが、まだ接戦が続くので、これからも私ができることをしっかりと窓、気引き締め今後の景気に取り組んたい。予選とレース1は、今回のようにしろれいいと思って、レース2で口論をどのように打ち勝つを勉強して臨むこと」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / F2

READ  阪神逃げ! 西勇が巨人戦初勝利大山サンズが一発(デイリースポーツ) - Yahoo! ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です