プロ17年目西武内海哲也投手(38)が移籍後初登板初先発で732日ぶりに勝利を逃した。 巨人時代の2018年9月14日から1軍登板。 3回まで無安打投球も4番と6番ジョーンズ初球をスタンドに運ばれた。 2発に泣い6回3安打4失点。 「状態は良かったが、ジョーンズの入り方(森)友哉は、ボールから入ろうとする信号。それに応えることができなかった。反省して反省することはできない」と回顧した。

低、低。 親切丁寧に投げ92球。 クイック139キロにも徹底的にベルトラインの下に集めた。 「試合前にいくつかの大変を記憶して感慨深げか、努力していてはいけない心がふつふつと湧いていた。 ” 昨年10月に移籍1年目から患っていた左前腕の手術を断行した。 2軍のキャンプに巻き込ま機会。 スタンドには、地域・京都で母浩子さんも参加した。 ファンに家族に勝ち点を提供たかったが、意外な形で傷を広げた。

4回に初安打を許した直後の4回中川打席。 トゥゴロをルー悪送球とした3塁の危機を招いジョーンズの先制3ランにつながった。 鳴り物も応援もない静かなマウンドで投げる瞬間 “(1走者が)走った!」と聞こえた。 「いい感じゴロだったと早く投げ併殺取れるとイライラしました。」 最大5000人の有観客試合は初めてだ。 ベテランらしく反応したため、焦りにつながった。

6回2死からスギモトイ試合4番目三振に打ち取ると、歴代56番目通算1500奪三振を達成した。 「積み重ねてきた記録ようやく達成することができ、安心です。うまくいけば、(勝利の)両方取ることができマウンドに上がりました。」 勝利は委託。 それでも復活印象内容だった。[쿠 리타 成芳]

▽西武辻監督(内海を23日登録抹消も近いうちに再登録選抜させる見込み)「今日ほどの投球ば十分だと思います。(次の登板は)他の投手のバランス1回飛ばしても10日に行く」