荻原博子「もし住宅ローンの返済せずに使えばいけないこと」、「70%が住宅ローン危機」の阿鼻叫喚| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

※本稿は、荻原博子」コロナに負けない!荻原博子の家計引き締め術「(毎日新聞出版)の一部を再編集したものです。

コロナ災害住宅ローンの支払いしないようにされている家庭が急増

新型コロナウイルス感染拡大による経済悪化で、今後、私たちの生活の中で大きな問題となるのが住宅ローンです。

住宅ローンのサービスを運営するMFS(東京都千代田区)によると、新型コロナウイルスの影響ですでに住宅ローンの返済が困難になっている人が約40%これから難しくていくものと予想される人まで含めると約70%の人々が住宅ローンの返済に不安を抱えているそうです。

住宅金融支援機構の住宅ローンの返済に関する相談件数も急激に増加しており、今年2月には15件だった相談件数が3月214件、4月は1158件で、現在は携帯電話が正しく接続されています。

写真= iStock.com / maxsattana

※写真はイメージです

相談は、「今月支払うことができない」は、差し迫ったことから、「収入が減ったようで、ボーナスの支払いをやめたい」などの今後を心配してに至るまで、さまざまなものがあります。

困った時に金融機関に相談を

こうした中、金融機関も住宅ローンの返済相談に積極的に取り組んでいます。

住宅ローン借りている側 “返せなくなる」危険することができます。一方、貸す側銀行などに「貸したお金を回収することができなくなる」危険することができます。

リーマンショックの時もそうだったが、最終的に返済することができず、借主に個人破産されてしまうと、金融機関は貸しお金を回収することができなくなってしまいます。

お金を借りた方の立場が弱いわけではなく融資の金融機関にも「返金されない」ということは、大きな打撃です。 だから「とにかく相談してください。悪くはありません」と大々的にアピールしています。

住宅ローンは、政府の支援はほとんどありません。 控除などを受けることで、少しは税金が安くなる人もいるだろうが、今借り住宅ローンを返済することができないという人は、借金を金融機関と相談しながら、各金融機関が打ち出している対策したがって対処していくしかありません。

READ  ソニー、新型ハイエンドのスマートフォン「Xperia 5 II」を発表した。120Hz有機ELパネルやゲームのための機能強化に注目である

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です