演歌歌手細川たかし(70)が4日、東京北とぴあの自分の例も45周年を記念した「チーム細川スペシャル歌謡舞台」を行い、大みそかのNHK紅白歌合戦について提言した。

通算39回出場して16年までに「卒業」を表明している紅白の舞台。 今年のプログラムの実施については、まだ発表されていないが、細川は「今までに5時間程度していたことを3時間も短縮したり、圧縮することが良いのでは?バンドとダンサーも多くの人が利用することができないものであり、歌唱力のある歌手が釣り歌の舞台になることができればいいですね」と「提案」した。

今年デビュー45周年を迎える。 峠はコロナ流行に迎えた。 この日の舞台は弟子の森このみ(31)彩青(18)と出演。 1300人を収容する場所に650人が入場すると同時に、生活配信もした。 細川自身も目の前でコンサートをするのは8カ月ぶりである。 「止まっては不振日本が力になるように努力したい。お客さんがあるのとないのはやはり違う。このような時期に足を運んで来ることができるのは度胸がいるのだと思うので、それに応えられるようにする」と述べた。

コンサートで弟子2人のファンの装身具で節目を祝福した。 「明るく」イェーイ」と言っている間に45年。最近はバラエティー番組にも出てきたり、明るい感じを出すことができると考えている。今後の10年はなるべく若い発掘し、挑戦したい」と後進の育成に一層注力すると宣言した。

「困難な時期に喜んでする場合はありませんが、45年はあくまで通過点80歳から55周年を迎えますので、そこで呼べるように努力したい。人生100歳80まで生きても20年である。まだだが、体この資本冬にはスキー、夏はゴルフしか機能がないと、残りは酒!その隙を塗っ演歌歌!」と強力だった。

また、相撲考案(30 =田子ノ浦)と7月に結婚、現在妊娠森林について細川は「この体も、今日人前(舞台で)歌は最後になるだろう。11月には、(里帰り出産のために)北海道に行って体を大切に」を心配した。