米最高裁ギンズバーグ判事の後任人事をトランプが急ぐ理由| 冷泉彰彦| コラム

最高裁判事の指名問題は大統領選挙の最大の焦点となっているJonathan Ernst-REUTERS

<너무 억지로 카드가 후임 인사를 진행하려하기 때문에 중도에서 좌파 사람들의 반발이 높아지고있다>

米連邦最高裁判所ギンズバーグ判事が亡くなりました。 死亡と同時に浮上したのが、後任の問題です。 最高裁判事9人でギンズバーグ氏の逝去により、事実上、中間派のロバーツ長官以外保守派が4人、自由主義が3人という構成になっています。 トランプ大統領はまた、保守派判事を送り込もうとすぐに後継者を指名して上院のマコネル院内代表(共和)もすぐに承認審議に入る宣言しました。

最高裁判事任命することは重要な政治課題です。 憲政の常道では大統領も上院の改善対象者(1/3)も任期末のようなものだから「選挙が近いので民意を待たなければならない」という考えがあるが、大統領も院内代表も強行指名・承認をしても構わない態度です。その決意は固いよう、すでに女性候補として、白人エミーCバレット(47)ヒスパニック系バーバラとア(52)、二人の裁判官の名前が上がっています。

共和党がそこまで強硬なのは、とにかく保守派で最高裁判所の過半数を長期的に維持することが最初のものです。 また、憲法判断は、以下のようなテーマがあります。 「中絶禁止」「同性結婚の無効化」「オバマケア(国民皆加入医療保険)の廃止」という課題です。これらは、長年にわたって、自由主義と保守の議論を続けて保守派で一気にすべての判断を裏返し狙っているのです。

ロックを「違憲」に?

さらに驚くべき話では、「感染症対策のロックやマスクの強制を違憲」としたいという考えもあるようです。ロックは、例えば、保守的なバー法務長官が「(種類は異なるが)奴隷のような憲政史上最悪の人権侵害」であるなどの国際社会の常識から大きく外れた見方を語っていたが、そのような意図もあるようです。

指名・承認のタイミングであるが、大統領の指名で、上院司法委員会の審議を経て、上院本会議で承認さまで、通常90日程度かかりました。 ところが今回は、「うまくいけば」11月3日投票日前に決着をつけたいという意味があるようです。 9月25日に指名され、大統領選挙まで、ほぼ1ヶ月しかありません。

異常なまでの強行日程だが、理由は2つあるようです。 一つは、もし大統領選挙が接戦した場合に備えるという目的です。 2000年の「ブッシュ対ゴア “選挙でフロリダ再集計表のように、最終的当落決定が最高裁判所に発生する可能性はあります。この場合は、カードに有利な判決を得るために保守派の裁判官を投票日前に送信たいとのことです。このため、トランプは、キューバ系ヒスパニック系とああ判事を指名して、フロリダ州にある集計の問題に備えるではないかという説があります。

次のページ民主党「驚くべき」対抗策

READ  「脱日本」の成功を強調しすぎて韓国...輸出規制から1年の実態はどうなって急騰した韓国フッ化水素製造州| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です