フィギュアスケートシーズングランプリ(GP)シリーズに出場する選手の大会項目分類(割り当て)が1日、国際スケート競技連盟(ISU)で発表された。

日本企業は人の宇野昌磨(22 =トヨタ自動車)島田高志郎(19 =木下グループ)と女性の紀平梨花(18 = Nの高い東京)が4戦、フランス杯(11月13〜15日グルノーブル)で出場する。

第2戦スケートカナダ(10月30日〜11月1日、オタワ)は女性の宮知子(22 =関大)が出場を確定した。

アイスダンスは楽しい名前が帰ってきた。 10年バンクーバー五輪(オリンピック)金メダリストで今季からアイスダンスに転向する高橋大輔(34)が村元哉中(27 =すべて関西大学KFSC)とカップルで6戦NHK杯(11月27〜 29日、大阪東和薬品RACTABドーム)の出場名簿に名前を上げた。

新型コロナ災害で開催されるGPシリーズは、「1人1大会」「母国または練習拠点国と隣接国大会に出場」などの制限宇野と島田は、スイスでステファン・ランビエールコーチに師事して、紀平は、主に海外宮は、カナダで調整しているため、教育しているリンクに近い大会に出場することが認められた。

男シニア転向1年目鍵山優真(17 =星槎国際高横浜)佐藤駿(16 =フジコーポレーション)と女性の坂本香り(20 =シスメックス)樋口新しい葉(19 =明治)ホンダ真名(19 = JAL)など、国内で練習している日本の勢力は「NHK杯に結集する。

全6試合の成績上位者が進出するGPファイナル(12月10〜13日、北京)に関しては、前日の9月30日、国際氷上競技連盟(ISU)が「煙または停止」と発表したばかり。 開催された場合の進出者選定基準と人数は決定次第発表される見込みだ。

冬季五輪男子2連覇の羽生結弦(25 ANA)は、8月28日GPシリーズ欠場表現している。