私たちはついに月にどれだけの放射線があるかを知っています、そしてそれは素晴らしいニュースではありません

米国がこの10年間に人類を月に戻す準備をしているとき、将来の宇宙飛行士が直面する最大の危険の1つは、白内障から および神経変性疾患。

1960年代と1970年代のアポロ計画は、人々が月面で数日を過ごすのが安全であることを証明しましたが、NASAは、科学者が乗組員がどれだけ長く滞在できるかを定量化するのに役立つ毎日の放射線測定を行いませんでした。

この質問は、中国とドイツのチームがジャーナルに掲載された後、金曜日に解決されました サイエンスアドバンシス の結果 実験 2019年に中国の嫦娥4着陸船によって実施されました。

キール大学の天体物理学者である共著者のロバート・ウィマー・シュヴァイングルーバー氏は、AFPに「月の放射線はISS(国際宇宙ステーション)の2倍から3倍高い」と語った。

「そのため、月面での滞在は約2か月に制限されます」と彼は付け加え、そこへのおよそ1週間の旅と、1週間前の放射線被曝を考慮に入れました。

放射線被ばくの原因はいくつかあります。銀河宇宙線、散発的な太陽粒子現象(たとえば、太陽フレアから)、および宇宙放射線と月の土壌との相互作用からの中性子とガンマ線です。

放射線は、人間の組織によって吸収された量を定量化するユニットシーベルトを使用して測定されます。

チームは、月の放射線被ばくが1日あたり1,369マイクロシーベルトであることを発見しました。これは、国際宇宙ステーションの乗組員の1日あたりの線量の約2.6倍です。

この理由は、ISSが、磁気圏と呼ばれる地球の保護磁気バブルによって部分的にシールドされているためです。磁気圏は、ほとんどの放射線を宇宙から偏向させます。

地球の大気は、表面の人間をさらに保護しますが、上に行くほど露出が大きくなります。

「私たちが月で測定した放射線レベルは、地球の表面よりも約200倍高く、ニューヨークからフランクフルトへの飛行よりも5〜10倍高い」とWimmer-Schweingruber氏は付け加えた。

NASAは、アルテミスミッションの下で2024年までに人類を月に連れて行くことを計画しており、地上で働いて生活する宇宙飛行士を含む長期的なプレゼンスを計画していると述べています。

Wimmer-Schweingruberの場合、人間に2〜3か月以上費やしてもらいたい場合は、1つの回避策があります。80センチメートル(30インチ)の月の土でコーティングすることにより、放射線から保護された生息地を構築します。

©AgenceFrance-Presse

READ  NASAは小惑星が選挙の直前に地球に向かっていると言います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です