阪神矢野明宏監督(51)が審判と言い合う場面があった。 1-2 8回裏投手の交換を言葉に行くと、審判に何かを問わず議論に発展した。 7回表阪神は小幡のホームベース噴射の要求。 審判がリプレイ確認中阪神外部との情報伝達があったと指摘したからであった。

矢野監督この件に関する一問一答は次の通りである。

◇◇◇

– 審判と

矢野監督誤解というか、記者の人がチカ(根本)に声をかけて、ビデオ判定の場合は、「安全じゃない」ということを、チカ一樹(井上打撃コーチ)になんか安全だよ、ということをしていたのか、僕ら知らない、それは。TVに映ったはっきりしないが、審判の人が外部からの情報伝達のようなことをするからそんな私たちすることはない。私の意見ですね。審判の人も知っているよ。気持ち悪いわ。空私たちはテレビ見ないので。それもしあったと、外部情報の伝達は、そんなことで試合で影響ないと考えますね。それでは試合後、誰がどのようにしたとか、わざわざ立ち止まっまでそこに「試合を停止しまでさせあかんことです」と言いますそれだったら試合終了後、「何していたのですか?」「外部の情報よどの記者がしていたんですか?」ということを後で、私となると思うけど。あそこで行い、ここでやってようだから。一方でか、向こうも感情があるから。審判の人々も、自分たちが決定する前に、そのような話を聞けば気持ちいいだろうし。向こうの気持ちも私は理解して。理解している近距離はそれが何である試合に影響を与える外部の情報もなく、何か私たちこのノズルすることなんてないよ。そのように言われているような感じがするからだ。まあ、まあしかし、最後にはそれを正しく説明し、向こうもそれを理解し、お互い知ったようでね。ビデオ判定した時点で、委任というか、私任せているわけだからね。ただ、最後はきちんとなんてだろうか。お互いの心を理解することができたからできたのかと審判の人の心も知り、私たちの心にも知ってくれたので、良かったんじゃないかな。