矢野監督「今日は近くの本れるのだろうと、「一問一答 – プロ野球:日刊スポーツ

阪神が巨人に敗れ3位に転落した。 先頭巨人とのゲーム差は8.5まで広がった。 7番、6番の穴のタイムリー内野安打、9回には糸原左越えソロ1差に近づいたが、残りの1足届かなかった。

矢野明宏監督の一問一答は次の通りである。

– 今後1段階という試合

はい、まあ。 でもね、ちょっとミスが響きました。

– 高橋の投球は

状態は良くなかったかというところだが、ヒット迎えね、遥人はきちんと投げてくれたかなと思います。

– 資格ポイント

そうですね。 1年やった区で疲労出てくるのでね。 そのようなという頃に、はい。

– 序盤のミスが絡み合った失点が痛い

今日は近くの本れるのだろうかと考えています。 ただし私はいつも「終わったのは変えることができない。今の変化になる」と選手に言っているので。 根が、自分が成長して近くの本、自分が残りの試合でどのようにチームを勝ついくのか、そのようなことが要求される。 また、チームとしても、このような重要な試合で、このような結果というのは監督としても悔しいです。 ここでは、確率、可能性というのは難しくなっていましたが、どのような姿を見せていくかというのが私たちの課題かなと思います。

– 糸原が活躍した

元勝負強いんです。 1打席目も耐え耐えしっかりファウルていた。 どこに入れても、チームに貢献してくれる選手だからケント仕事を確実にしてくれているのです。

-8番岩貞が抑制

そのイニングをどのように消化するかということが、今すべきことだ。

– 明日につながる

先に述べたとおり前一転していくしかない。

– 糸原は守備でもチームに安定感

ただ出なかった悔しさもあり、ケプチンヌン立場も2年目になって、よりチームを引っ張ろうとしてくれていて、本物は自覚考えるとそんなこと正しく接続されているかどうかと思います。

– まだ50試合以上である。 巨人戦残っている

だからジャイアンツだけではない。 私たちは。 その中でも、ジャイアンツに勝つことは当たり前。 直接対決での勝利以上のプラスがあるのだから。 巨人を倒すことはもちろん大きな目標であり、そこにはないと優勝は分からない。 しかし、明日からDeNA転移のあるものであり、それだけを考えて与えることはない。 さっきも言いましたが一転必勝しかない。

-7回原監督の継投はどのように見たか

それは今後の戦略だから、私は何だと思いません。

READ  大谷1安打樽香と秋山は無安打2四球/詳細 - MLBライブ速報:日刊スポーツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です