潮風が吹いてくる平坦ステージでベネットが念願の勝利&タイツベール獲得 – ツールドフランス2020第10ステージ| cyclowired

残りの日に行われたPCR検査の結果、全体のチームの開始が認められ養成が大会ディレクタープリュも無さんがレースを残し事態を経験したツール・ド・フランスの10ステージ。 潮風と多発する落差による集団分裂を経て、自分の最初のスプリント勝利を飾ったサム・ベネット(アイルランド、ドゥークーニンク・クイックステップ)がマイヨヴェールに袖を通した。


オレ論島橋を渡って、フランス本土に戻る選手たち photo:Kei Tsuji
9月8日(火)第10ステージ
ル・シャトー=ロング〜サンマルタンド=レ
距離:168.5km
獲得標高差:700m
天気:晴れ
気温:24〜26度

カテゴリー山岳スプリントポイント
132.5km地点スプリントポイント

9月8日(火)第10ステージ・ル・シャトー=ロング〜サンマルタンド=レ168.5km9月8日(火)第10ステージ・ル・シャトー=ロング〜サンマルタンド=レ168.5km 写真:ASO9月8日(火)第10ステージ・ル・シャトー=ロング〜サンマルタンド=レ168.5km9月8日(火)第10ステージ・ル・シャトー=ロング〜サンマルタンド=レ168.5km 写真:ASO


PCR検査を経て、プリュも無氏がないツールが再起動

2020年ツール・ド・フランスの2週今回の大会唯一のカテゴリーサンアクガ設定されていない、どの平坦ステージで開始します。 オレロン島での長さ3,027mのオレロン島橋を渡って一度、フランス本土に渡って海岸線とスドウロ川が作成された平原を走って長さ2,926mのレ島橋を渡ってレ島。 獲得標高差700mは、今回の大会で最も平坦なステージは今大会で最も海を間近に感じるステージ。 潮風をかき分け集団スプリントに搬入されると予想される。

スタッフを含めた2人の新型コロナウイルスプロトンが出た場合、チーム別撤退しなければならないという「ツーストライク」のルールを破ることに開かれたPCR検査の結果に注目出発点。 「レースバブル」に含まれているチーム関係者約841人を対象にしたPCR検査の結果、すべての選手陰性が確認されたが、コフィディス、ああ第二ジェル、ねオス・ザクロ召し上がっミッチェルトンスコットチームのスタッフ1人ずつと大会ディレクタークリスティアンプリュも無氏の新型コロナウイルス陽性が判明した。落差負傷でレースを残したドメニコポトチョビスクロス(イタリア、NTTプロサイクリング)を除いた22チーム165人が2週間を開始した。

冴え渡るオレ論島を離れてすぐ、ミヒャエルシェア(スイス、CCCチーム)とステファンキュング(スイス、グルコアッパーFDJ)が追い風に乗って攻撃する。 一緒に元のBMCレーシングの両方のチームにピュアとげがなく、すべてのチームに総合上位万能ではない、スイスコンビ。 今回の大会に出場したスイスの出身選手4人(シェア、キュング、ライヒェンバッハ、ヒルーシー)の半分が逃げ展開されたが、主要な集団との時間差を考えて拡張することができない。

逃げステファンキュング(スイス、グルコアッパーFDJ)とミハエル・シェア(スイス、CCCチーム)の後に主要集団に迫る逃げステファンキュング(スイス、グルコアッパーFDJ)とミハエル・シェア(スイス、CCCチーム)の後に主要集団に迫る 写真:CorVos
主な集団の速度を上げるジュリアンアラフィリップ(フランス、ドゥークーニンク・クイックステップ)主な集団の速度を上げるジュリアンアラフィリップ(フランス、ドゥークーニンク・クイックステップ) 写真:CorVos
シャー=マリティーム県の田舎の村を通過シャー=マリティーム県の田舎の村を通過 photo:Kei Tsuji
最初の1時間の平均速度49.3km / hで走って、スイスのデュオだったが、進路変更や風向の変化とともにドゥークーニンク・クイックステップが集団フェイスアップを開始すると、最大2分まで広がった時間差は、瞬時に縮小します。 落差と間接的にTiVoのピノ(フランス、グルコアッパーFDJ)とエマニュエルブトフ万(ドイツ、紫ハンスその)、ダニエル・マーティン(アイルランド、イスラエルスタートアップネーション)を放置した主な集団は、最後まで100kmを残しドマンチョウル飲み込んだ。

ドゥークーニンク・クイックステップとユンボ・ヴィスマ、ねオス・ザクロ・ディアスが先頭で指揮をする主な集団は、高速を維持しながら、逆風の中に進行する。 中央分離帯とロンポワン(ロータリー)が連続する過程は、いたるところで落差が発生しました。 総合3位ギョーム・マーティン(フランス、コフィディス)と総合7位デイ・ポケットがチャール(スロベニア、UAEのチーム首長国連邦)も落差に巻き込まれていたが、同僚たちのエスコートによって集団復帰を実行している。

逃げを飲み込んだの主要な集団が石畳の通りを移動逃げを飲み込んだの主要な集団が石畳の通りを移動 photo:Kei Tsuji
ステージ中盤逃げ生まれないまま試合が行わステージ中盤逃げ生まれないまま試合が行わ photo:Kei Tsuji


ナクチャグァ分裂を繰り返しながら集団スプリントに定着

逃げ生まれないまま入ったスプリントポイントはマテオトレンチン(イタリア、CCCチーム)がピーター・サガン(スロバキア、紫ハンスその)とサム・ベネット(アイルランド、ドゥークーニンク・クイックステップ)を破り首位通過。 その後もユンボ・ヴィスマグァねオス・ザクロ・ディアスが危険回避のために集団先頭に速度を上げて継続する。 ピリピリした緊張感に包まれた集団内で総合9位ミゲル・アンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ)とジュリアンアラフィリップ(フランス、ドゥークーニンク・クイックステップ)、アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、某ビスタ)が落差。 横風区間で集団が割れ場面も見られたが、総合上位チームで時間を失う選手はいなかった。

横風が吹くレ島橋でキュングが攻撃したが、吸収(ただしステージ敢闘賞を受賞)。 集団先頭を制御することを続けたユンボ・ヴィスマ残り3kmをオフにして牽引の役割をスプリンターチームに投入した。

横風部レ島橋を渡っレ島横風部レ島橋を渡っレ島 photo:Kei Tsuji
主な集団を牽引するワウトファンアルト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ)主な集団を牽引するワウトファンアルト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ) 写真:CorVos
これまで平坦ステージがそうであったように、この日もフラムルージュ(残り1kmアーチ)に向かって山のウェブ読み出し列車が定刻に出発。 初めての列車を走らせたが、残りの400mでミケルアンビル甲府(デンマーク、ドゥークーニンク・クイックステップ)、アイルランドのチャンピオンをリードリードアウトの主導権を奪う。

後ろカレブユアン(オーストラリア、ロットス扱う)とサガンを伴ったベネットが残っ150mで発振する第3のステップと同様に、硫酸アンモニウム爆発的な加速でソートかかります。 1年前のツールは、第1の休憩日未明、第11のステップと、第2の休憩日未明、第16ステージを抜いて自他が公認する「休息日未明の舞台を上手選手」である弛緩が、今回だけはベネット挿入切ることができなかった。両者の同時ハンドル投げでベネットが先着した。

集団スプリント導くサム・ベネット(アイルランド、ドゥークーニンク・クイックステップ)集団スプリント導くサム・ベネット(アイルランド、ドゥークーニンク・クイックステップ) 写真:Luca Bettini
ハンドルを投げるサムベネット(アイルランド、ドゥークーニンク・クイックステップ)とカレブユアン(オーストラリア、ロットス扱う)ハンドルを投げるサムベネット(アイルランド、ドゥークーニンク・クイックステップ)とカレブユアン(オーストラリア、ロットス扱う) 写真:Luca Bettini
従事スプリント優勝したサム・ベネット(アイルランド、ドゥークーニンク・クイックステップ)従事スプリント優勝したサム・ベネット(アイルランド、ドゥークーニンク・クイックステップ) 写真:Luca Bettini


全体グランツールステージ優勝したベネット

「衝撃を受けているというのが正直な気持ち。続けツールドフランスのステージ優勝を夢見てきた。果たしてそれはいくつかのか想像すらできなかった。一生勝つことができないかと思った」第三ツールスプリント初勝利を飾ったベネット感極まる。 現役選手のうち19人(キャベンディッシュ、グライドペール、ヴェルデ、フル大根、お前バーリ、デゲンコループ、ジルベール、デュムとは、ヴィヴィアーニ、ユアン、マシューズ、キンタナ、土日レンチンログリッチー、イェーツ、アルピノデニスは、デヘント)しか達成してい全体グランツールステージ優勝を占めた。

「逆風が吹いていたので、スプリントの開始を辛抱強く待っていたスプリント開始が遅れをかもしれないと思った。ギアもとても重かったが…勝つことができていた!すべてのチームに、特に機会を与えたパトリック(ルフェーブルGM)に感謝している」ベネットは、これまでの第1ステージの4位、第3ステージの2位、第5ステージ3位。 見よハンスそれを攻撃して、手順7で失ったマイヨヴェールを再サガンの手で奪うことに成功している。

危険な潮風のステージを終えて総合成績に大きな変化は起こらず、根モシュログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ)がマイヨジョーヌウル維持する。 落差に遅れダビド・ホールモロー(イタリア、UAEチーム首長国連邦)と最後尾で仕上げたジェロームクザン(フランストータル・ディエネルギー)がパベルシブワ甲府(ロシア、ねオス・ザクロ・ディアス)の代わりにランタン・ルージュ(総合最下位)桁についている。

マイヨヴェールを取り戻しサムベネット(アイルランド、ドゥークーニンク・クイックステップ)マイヨヴェールを取り戻しサムベネット(アイルランド、ドゥークーニンク・クイックステップ) 写真:Luca Bettini
https://www.youtube.com/watch?v=icN5tpVTpv4

READ  ダルビッシュの曲線球は常識を超え/上原浩治 - MLB:日刊スポーツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です