1オーバー52位予選を通過した渋野ひなこ(21 =サントリー)は6バーディー、1ボギーで67の方向通算4アンダー212でホールアウトした。 ホールアウト時点で首位と8打差23位を占めた。

ある開始の始まり10番パー4で8メートルのパットを成功バーディーを奪い、良いスタートを切った。

16番パー4の第2打を3メートル、18番パー5は、3打を1メートルにつけてバーディーを奪うなどショットとパットがかみ合った。 第二ラウンドで池に入れてダブルボギーを叩いた18番でバーディーと雪辱し、スコアを3つ伸ばし配置した。

後半6回こそ打数たが、前半に続いて3つのバーディーを重ねた。 8,9回を連続バーディーで締め最終ラウンドに接続プレーを見せた。

ホールアウト後、リモート会見で終始笑顔だった。 「開始から長いパットが入ってくれて、本当に良いスタートが切れた。最後まで集中力を切れて、5アンダーで回ることができていてすごい嬉しかったです」と陽気な声だった。

シーズン4戦9ラウンドで最初の60代の回り総パットもオールシーズン最低25パット。 「いや、久しぶりの試合で60対。 自分が思っていたよりも良いスコアが出てくる可能性があるので、正直びっくり勝ったのですが、凄い嬉しかった。 ロングパットのタッチ、ショートパットのタッチを合わせるとか、しっかりと塗りのは打つ。 メリハリをつけられたのが、今日の25パットにつながったんじゃないかと思います」と回顧した。

60代を出すことができた要因として、「昨日の夜ご飯時青木コーチに「明日(対3ラウンドで)60代の内面ステーキをおごってくれる」としたため、60代出したかった」と冗談混じり舞台を明らかにして笑ってしまった。

「自分が思っていたよりもスコアが出ればし、内容も非常に良かったので、本当に100点に近いゴルフができたのかなと思います」

第2ラウンドの後半に4つの失われたスコアを補う戦闘と評価して最終ラウンド。 一日だけ補って余りあるほどの5度スコアを伸ばした。 会見の最後には、手を振って満面の笑みを見せるなど、最終ラウンドの爆発を予感させる本来の姿が戻ってきた。