気流祥秀(24 =日本の生命)が6年ぶり二回目の優勝を占めた。 タイムは10秒27だった。

今季わずか10秒0対4回出して高い平均を示していた。 その中でも、日本選手権に向けたスタートを改良し、挑戦した。 左右の足幅を広げることで、低鋭く出た。

会場新潟デンカビッグスワンスタジアムは、京都洛南高2年時の12年全国高校総体の場所。 その際は、故障もあって、無関係にとどまった。 “(新潟)は全く良い思い出がない。今回、良い思い出に変えたい」と語った。 その言葉通りの結果となった。

自粛期間も「肯定的」に送信することができた。 デッドリフトなどウェイト機構を購入して家に力を尽くした。 人が少ない早朝5時、夜9時前後に近く、マスク姿で走った。 もちろんいつものように存分に練習することができない中でも「マスクをクリックして、心肺機能を高めよう」と否定的な感情は生じなかった。 「世界誰満足言っていない」と焦りは一切なかった。 精神的に成長する。 記録も安定になった。

日本選手権チャンピオンの称号を手に、これで気持ちよく冬季訓練に入れる。 もっと、もっと、東京オリンピックに成長する。

◇◇◇

◆東京オリンピックへの道指定された期間に東京オリンピック参加標準記録(10秒05)を満たしているか、世界陸上連盟ランキングで上位に入る必要がある。 さらに、来年6月に日本選手権3位以内で内定。 現在参加標準記録を満たすこと社ブラウン、気流、小池3人。 ケンブリッジは今年8月に10秒03を出したが、それはコロナ災害して参加し、標準記録対象期間外。