権威のない少数民族はここまで残酷になる中国の「特色ある「民族差別| 風刺画で読み解く中国の現実| コラム

中国の特性を持つ人種差別/(c)2020 REBEL PEPPER / WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

<중국 소수 민족 탄압을 서양의 인종 차별의 개념으로 해석하는 것으로 오해하는 것입니다>

「一つの民族を滅亡させたい場合は、まずその民族の文化を崩壊させる。その文化を崩壊させるために、まず、その民族の言葉を消滅させる」 – 中国人の間で有名なこの言葉は昼戦争を描く「抗日神劇」の大使にしばしば登場する。旧満州での日本語教育も「日本の侵略者の罪」であり、中国政府は愛国教育では、中国の子供たちに教えてきた。

皮肉なことにこれと同じことが、中国で起こった。 内モンゴル自治区の学校で始まった標準語教育を強化モンゴル教育を減らす政策に対する抗議運動について、中国政府は「民族分裂」という罪をかぶせて、モンゴルの住民を拘束。 民族弾圧と人種差別と外国メディアは特筆大書した。

しかし、中国の民族弾圧は、西洋人種差別の概念で解釈するものと誤解する。 米国の人種差別は肌の色や宗教・信仰の違いによる偏見・区別・排除が、中国では異なっている。 中国で一党独裁政権は、常に偉大な繁栄・無謬(むびゅう)の中心であり、どの民族も心を一つ思想も1つにして党のまわりに団結し、その命令に従うべきである。 権威主義体制を固めるために、すべての不利益を事前に除去することができ、中国式の民族弾圧と人種差別の本質ではないか。

内モンゴルで標準語教育を強化する政策の出発点でも、おそらく党を中心とする「いい子」を育てるためにあるのだ。 民族文化が崩壊するかどうか、自己中心的な権力者が心配することはない。 それ共産党が少数民族どころか漢族、自分の伝統文化まで破壊継続いることからもわかる。

元今の中国の歴史教科書は、「元朝の出現は、私たちの国の統一的多民族国家の発展を促進した」と、モンゴル王朝を称賛している。 つまり、チンギスた宋王朝を崩壊させた侵略者ではなく、「中国歴史上の偉人」「民族の英雄」として認識されている。満州族による清も同様である。

中国人の金持ちのアラブ人も差別しない。 権威あるものとなびくという日和見主義的な歴史観の所有者は、権威のない少数者にここまで残酷になる—-過去数年、中国の行動から学ぶことができる教訓である。

【ポイント】
チベット人、ウイグル人、モンゴル人

チベット、ウイグル人、モンゴル人

抗日神極
中国で製作される中戦争(抗日戦争)をテーマにしたドラマの中で内容が荒唐無稽なもの。 若者を誘惑する手で日本軍を二つに引き裂くか、国民党の女性将校がミニスカート姿であったりと、歴史的事実を無視した過激な演出が続出。 「神劇(新ドラマ)」と揶揄当局が今年の夏の規制に乗り出した。

<ブックマーク2020年9月22日号発行>

<関連記事:モンゴルの小中学校での母国語教育を奪う中国共産党の侵犯>
<関連記事:ウイグル女性の避妊器具と不妊手術を強制──中国政府の「中止」の大量虐殺>

20200922issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると、
アマゾンの飛ぶ

9月22日号(9月15日発売)は、「誤解だらけの米中新冷戦」特集。 「金持ち」、中国との対立は、ソ連との冷戦とは異なっている。 米中関係の歴史の中で解読新冷戦の本質。

READ  ロシア製ワクチン「深刻な懸念」米国コロナウイルスの専門家の話(ナショナルジオグラフィック日本版) - Yahoo! ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です