サザンオールスターズ桑田佳祐(64)が坂本冬美(53)に提供した新曲「ブッダのように私は死んだ」が11月11日に発売されることが2日、発表された。 桑田による他のアーティストに曲を提供していは少なく、早川義夫の “アーメンの歌」以来23年ぶりである。

坂本と桑田の初共演は18年NHK紅白歌合戦。 初めて南の性能に感激した坂本が19年春に作曲依頼をメールしたので、その手紙が主人の手に渡った。 当時桑田はサスペンスドラマとミステリー映画に傾倒して、坂本の手紙の内容と映像の雰囲気がシンクロ曲のインスピレーション次々湧いている。

このように完成した新曲は作家桑田佳祐が坂本冬美を主人公に見立てて描いた悲しく美しい愛に生き愛に死んでいくストーリーとなった。 桑田しか描くことができない世界観と楽曲で、坂本の声が色を加えた曲が誕生した。

坂本が南部を知ったのは中学生の頃。 デビュー当時から「いつか桑田さんに曲を取り上げていただきたい」と夢を持っていたが、その夢が行われた。 「今までの歌手生活34年は桑田さんに会うために、「ブッダのように、私は死んだ」に会うために呼んで来たと確信しています」とし「桑田佳祐さんから受け取った作品をヒットさせた場合には、儲けが該当します。坂本冬美は命がけで歌います」と決意のコメントを発表した。

一方、桑田は「ふゆみさんの素敵な声で、私の音楽にポップ充満命を吹き込んでくれました。ずっとずっと地球温暖化、そして広がり続け格差社会。それにもかかわらず、拡張止められない産業経済ジョミルワ過疎化が進み、日本の人口も減少事。歪曲にグロテスクな都市型生活を悲しみ、警鐘を鳴らす」坂本冬美「魂の慟哭! 皆さん、是非聞いていただければ幸いです」とコメントを送った。

この曲を最初に聞くことができ3日、JFN系ラジオ「桑田佳祐の簡単な夜遊び」(土曜午後11時)予定。