月は「錆びて」おり、科学者は驚かれています

新たに発表された研究は、 発見に戸惑う専門家を残して、「錆びている」。

で発表された研究 科学の進歩は、錆は月面で発見された水の結果である可能性があることを指摘していますが、地球の天体衛星では酸素が不足し、水の不足を考えると、それはまだ衝撃的です。

研究の主執筆者であるハワイ大学のShuai Li氏は、 ステートメント。 「月はヘマタイトが形成する恐ろしい環境です。」

インド宇宙研究機構のChandrayaan-1オービターに搭載された月の鉱物学マッパー(M3)からのこの合成画像の青い領域は、水が月の極に集中していることを示しています。 そこにある岩石のスペクトルを調べてみると、研究者は錆の一種であるヘマタイトの兆候を発見しました。 クレジット:ISRO / NASA / JPL-Caltech /ブラウン大学/ USGS

火星の大規模な溶岩洞窟と月が生命に住むことができた、研究者が見つける

文が追加したのは、研究者が「月面の極が他の月とは非常に異なる組成を示しているスペクトルまたは表面から反射された光」を検出したことに気付いたとき、LiはJPL月面鉱物マッパーからのデータを見ていました。

研究の要約によると、極性表面は鉱物ヘマタイト(Fe2O3)に一致するスペクトルを示しました。

「月面で酸化プロセスが作用し、鉄を含む第二鉄鉱物を形成すると推定されているが、月の高度な還元条件下で形成される第二鉄鉱物の明確な検出は、とらえどころのないままである」と研究者らは研究の要約に書いた。 「私たちの月の鉱物学マッパーデータの分析は、鉄の鉱物であるヘマタイトが月の高緯度に存在し、主に地形の高さの東と赤道に面していることを示しており、遠端よりも近辺で多く見られます」

錆は酸化鉄とも呼ばれ、火星を赤みを帯びた色にします。

NASAの月偵察オービター宇宙船からのデータに基づくこの画像は、地球から見た月の顔を示しています。

NASAの月偵察オービター宇宙船からのデータに基づくこの画像は、地球から見た月の顔を示しています。
(クレジット:NASA / GSFC /アリゾナ州立大学)

NASA JPLの惑星地球科学者であるアビゲイルフレマン氏は、「最初はまったく信じていなかった。月に存在する条件に基づいて存在すべきではない」と付け加えた。 「しかし、月に水を発見して以来、人々は、その水が岩と反応した場合に私たちが認識するよりも多様な鉱物が存在する可能性があると推測しています。」

月に酸素を供給する大気がなく、水素を放出する太陽の太陽風が酸化を防ぐ「還元剤」として機能する必要があるため、科学者は錆の出所に困惑しています。 しかし、月には地球の磁場のおかげで「微量の酸素」が含まれていることを考えると、地球に由来する可能性があると彼らは信じています。

発見されたヘマタイトは、これまでに月で発見されたどの氷にも近くなく、発見にさらに複雑な層を追加します。 科学者たちは、月に当たるダスト粒子が水分子を解放してヘマタイトと相互作用する可能性があることを示唆しましたが、それが正しいかどうかを確認するには、さらに調査が必要です。

「ほんの少しの水とほこりの粒子の影響で、これらの体内の鉄が錆びているのかもしれない」とフレーマン氏は説明した。

「この発見により、月の極域に関する知識が再形成されます」 ステートメント。 「地球は月面の進化に重要な役割を果たした可能性があります。」

月は、当初信じられていたよりもずっと若く、新しい研究が言う

月は古くから人類の魅力の源となってきました。 アポロ 20世紀半ばの宇宙ミッションでは、私たちの天体衛星に関する人類の知識が大幅に増加しました。

科学者たちは最近、月が 水を失う 2019年3月に発表された研究によると、流星体がその表面をたたくと、

NASAのアルテミスミッションは、太陽風が月面に大きな影響を与え、太陽からの放射に曝され、表面に傷跡を残すことも明らかにしました。 「日焼け」のようなものです 月の弱い磁場のために。

2019年8月に発表された別の研究 提案された 月は以前考えられていたよりも1億年古く、アポロ宇宙飛行士が撮影した月の岩石の分析に基づいて発見されました。

2019年1月に発表された研究 提案された 41億年前の地球の塊が発見され、 アポロ宇宙飛行士。

FOX NEWSアプリを入手するには、ここをクリックしてください

READ  研究によると、グリーンランドの氷床はかつてないほど早く溶けました。 それは世界中の沿岸都市にとって心配なニュースです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です